■戻る■
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 613
1 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:24:45 ID:IqE9Nyc/
ふと疑問に思った事があったら、スレを立てる前に、ここで質問してみましょう。
 質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>2-10あたり)を読んでください。

★★質問の際はメール欄に何も記入せずIDを表示させてください★★
 騙り防止のためトリップを併用するのもいいかも…
 (※回答者の方もID出し推奨です)

前スレ
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 612
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1263652092/
★★スレ立てルール
 このスレの950以降最初にトリップかIDを出して回答した者が次スレを立てて下さい。
 立てられない時はその旨宣言願います。その宣言後か、または30分以上
 スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい。
 テンプレの大幅な改編及び2ch外部のリンクやサイト名をテンプレに入れるのは禁止です。
 ルール違反のスレは削除依頼されます。使うことは禁止です。
 度重なる違反者はアク禁になる可能性があります。

2 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:26:43 ID:IqE9Nyc/
・映画や小説などの創作の内容・設定については創作スレへどうぞ。
 自作の創作の設定の質問も創作スレの方が適切な回答を得られることが多いです。
■○創作関連質問&相談スレ 55○■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1264088047/
・近代史についてはこちらが適切な場合があります
  日本近代史板
  http://academy6.2ch.net/history2/
・ネタを思いついたら
  ●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 53
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1261880039/
・バナーについての質問はここで
  http://banners.cside.biz/index.html
  http://banners.cside.biz/army/index2.html
・このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません。
 議論したい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探すか、
 派生議論スレに移行してください。
 また、回答に対する再質問等で一つの話題について長くなりそうな場合にも移動願います。
 派生議論スレ43
 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1255614577/
・政治外交を含めた問題については戦争・国防板で
  http://schiphol.2ch.net/war/
・このスレは雑談を行うスレではありません。
 質問の内容を元に雑談を行いたい場合、なるべく多数の回答を必要とするアンケート質問の
 場合などは雑談スレへの移動をお願いします。
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ1783◆◆
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1264208128/


3 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:27:31 ID:IqE9Nyc/
○質問者の皆様へ。
・回答があるまでに数日間かかることもあります。未回答分についてはだいたい500か
 次のスレに変わったときに再度まとめられ、そこで回答が書き込まれることもあります。
 ※回答の催促はこのスレで最も嫌われる行為ですのでご遠慮ください。
※もらった回答が気に入らないとコピペで同じ質問を繰り返し貼らないで下さい。
・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません。
 各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は単純に比較できるものではなく、いわゆる
 「最強論議」は無意味です。「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」
 という質問はこのスレではご遠慮下さい。
・回答を得たらそれをもとに自分で調べ直してみましょう。
 多くの場合,回答者は質問に対して最も一般的な見解や定説を回答します。
 ただし、質問文が的確でない場合、回答が正確であっても
 あなたが本当に知りたかったことと外れているという事態が生じます
・「〜で××見たけど何かあったの?」というのはご遠慮下さい。それは知っていても言ってはいけない類のものです
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソースを併せて提示するよう心がけてください。
 回答者も一般人です。
 海のものとも山のものとも知れないヨタ話を全て判断しろというのは無理な話です。
 しかし元となった話(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してもらえれば多くの場合は検証可能です。

4 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:28:14 ID:IqE9Nyc/
○回答者の皆さんへ
・IDを出してない質問は、質問ではありません。回答をしないで下さい。
・age推奨,回答者もなるべくIDを表示させて下さい。
・「事実と異なる回答」「憶測に基づく回答」があった場合は,速やかに指摘・訂正の書き込みをお願いします.
・安易な太郎認定は派生スレその他への誘導を妨げますので控えてください。
・ときおり以下のような質問者さんがいらっしゃいます
 ●極端な設定を持ち出して,説明されないとケチをつける
 ●脳内情報・作り話の裏づけを取りに来て,否定されるとファビョる
 ●自分の意に沿ったレスが来ないと説明してくれた人間のせいにする
 ●IDを出さずに質問を繰り返す。
 ●IDを出さずに質問をして、そのことを指摘するとテンプレなど俺は知らないと逆切れする。
 そんなときは華麗にスルー。愚痴は雑談スレ当たりでこぼすことにしましょう。

・未回答質問は>>5以降を参照願います。

5 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:29:08 ID:IqE9Nyc/
このスレでは数ヶ月前から回答済みの質問をコピーペーストする荒らしが居ます
下記のような趣旨の質問は過去に回答済みのコピーペーストなので反応せずスルーしてください

Q.「例えば合同演習の際、米軍の下士官兵は自衛隊の幹部に敬意を払う義務はありますか?」
A.「いかなる場合も(たとえ敵であっても)階級が上のものに対しては敬意を払う。」
Q.「ときどき質問をするーされて、回答を一切もらえないことがありますがどうしてですか?」
A「2chのルールであるガイドラインやスレのルールであるテンプレを守らないからです」.
Q.「海上自衛隊が、創設以来未だに固定翼機航空母艦を保有できない一番の理由を教えてください。」
A.「海自はそれを必要としていないから。」 「現状の予算規模だと、空母を保有すると他の必要な装備にしわ寄せがいくから。」
Q.なんでナチスは朝鮮人を殺してくれなかったのでしょうか?
A.当時は同盟国日本の国民だから
Q.単独で、海上自衛隊を超える艦隊を整備できる国と海上自衛隊に比肩し得る艦隊を整備できる国は何カ国ありますか?
A.現時点ではアメリカ、ロシアだけ。
Q.一度も外国の干渉を受けたことのない皇国日本が、なんでアメリカごときのイヌになってしまったんですか?
A.つ 三国干渉
Q.アメリカが軍事費を削減し、将来の軍事大国への対応予算を切り捨てたのは?
A.毎年増額されてますが何か?
Q.先の大戦において、日本軍が米軍に勝っていたものはありますか?
A.初期はともかく全般を通したら何もない。大和魂と開拓精神を五分と見るくらい。
Q.日本は明治維新から70年以上たっても欧米に追いつけなかったというのは、技術の習得のしかたに問題があったのでしょうか?
A.イギリス(産業革命開始は1760年代)が日本(同1890年代)に先行すること実に130年。70年であそこまで追いついたこと自体が奇跡的。
Q.ドイツの誘導魚雷が日本に技術供与されたら、戦局を挽回できたでしょうか?
A.無理。量産化の技術が日本にないしドイツの魚雷は対輸送船団用であまり高速じゃない。
Q.地方隊は廃止されたんですか?
A.廃止されてねーよ

6 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:29:52 ID:IqE9Nyc/
Q.ミッドウェー作戦がずさんというか無計画だったのはなぜでしょうか?
A.ありゃ杜撰でも無計画でもなくその真反対。精緻かつ複雑過ぎる計画を立てて冗長性を失った典型的な例。
Q.F-15イーグル戦闘機が開発されてから数十年に渡って世界最強であり続けることができた理由を教えてください。
A基本設計が優秀、拡張性のある機体、幾度となく改修が行われた、練度の高いパイロットのみが操縦していた等。
Q.コピペ質問禁止なんて言うルールはどこにも無いんだが
A.2ch削除のガイドライン第5・6項。
Q.太平洋戦争開始前の時点で、術科学校を出ずに(特技章なしに)、海軍の下士官に昇進することは可能だったのでしょうか。
A.普通は一等兵に進級するのに三年はかかったし、その時点で普通科練習生をほとんどが卒業してマーク持ちになっているから、 マーク無しでなる事はまずない。
Q.空母は3隻保有しないと意味が無いと聞きますが、それは何故でしょうか?
A.つttp://mltr.ganriki.net/faq09c02.html#14994
Q.ドイツのソ連侵攻とかソ連の満州侵攻とかそれ以前に「不可侵条約」を破った国々はありますか?
A.ヨーロッパとかでは単なる嗜みのひとつでっせ。歴史板に行けば詳しく聞けるかと。
Q.商船は軍艦に敬礼しなければいけないってどこかで聞いたんですけど具体的にはどうやって敬意を示すんですか?
A.つttp://www.nexyzbb.ne.jp/~j_sunami76/flag.html
Q.クラスでディベートをするんですが、議題が『日本に自衛隊は必要か?』という情けない左翼的なものなのですがはどのような戦略を立ててればいいですか?
A.湾岸戦争時のクウェートと同じ目に逢いたいのか?そもそも個人の主張によって振り分けるディベートに意味なし。
Q.今の米国は沖縄を大変重視してますが戦前の日本は、それほど重視してなかったように感じるのですが
A.重要視してる。1936年までワシントン条約の時に結ばれた4カ国条約で軍事拠点が構築出来なかっただけ。
Q.9条教ってさ、「どの国も武器持たないようにしましょう」ってなんで他国に働きかけないの?
A.民間のお花畑な連中はやってる。国家レベルでは集団的自衛権の行使を否定する9条が他国に受け入れられる余地は皆無。

7 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:32:08 ID:IqE9Nyc/
Q.拳銃の一つにも触れたのこともない素人が戦闘機なり戦車なりの知識をもって一体何が出来るのでしょうか?
A.研究ができる。「平和を知るには戦争を理解せよ」という言葉もあるくらいで外国では軍事学科を大学に持つところがいっぱいある。
Q.それまでの戦力バランスを一変させるような、新しい概念の兵器体系は今後生まれるのでしょうか?
A.間違いなく生まれる。当たり前だ。技術や理論が発展すれば全く別のアプローチが生まれるのだから。
Q.自衛隊の皆さんは雪祭りなんかにひきずりまわされてくやしくないんでしょうか
A.地元住民との交流は軍隊の大切な任務。戦前でも、どころか古代から色々やってる。
Q.90式戦車の砲塔の上面装甲は実際どのくらいのものに耐えるのでしょうか
A.そんな軍事機密に回答できる者は誰もいない。知ってても答えちゃいけないものだから。
Q.栗田艦隊はどうして北方に居るかもしれない幻の機動部隊を追撃したんでしょうか?
A.栗田本人が戦後「疲れててなぜかわからん」と言ってるくらいなので正常な筋道立った判断ではない可能性が高い。
Q.日本は正しい行いを重ねてきて正義は必ず勝つはずなのに、なぜ戦争に負け、その上、現在でも一部アジアの人々に恨まれているのですか?
A.国際政治の場では正義が必ず勝つのではなく、勝った者が正義だからです。
Q.かつて日本が最大で治めていた領土(面積)が全世界の1/6と聞いた事があるんですが本当なんでしょうか??
A.ウソ。まずそのたわごとのソースだせ
Q.ポーツマス条約が結ばれずに、戦争が続いた場合、日本は中国大陸や朝鮮半島から追い出されていた可能性が高かったのでしょうか?
A.歴史のIFを回答するのは、想像の余地が大きく回答に幅があり、一問一答のこのスレでは不適当。
Q.日本の防衛予算がGNP1%というのは、他の国と比べて少なすぎませんか?
A.防衛予算の決定権は、政府提案予算が国会審議で決められますので、最寄の代議士にご相談ください。

8 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:32:53 ID:IqE9Nyc/
初心者スレに生息するコテハン共
信頼性高
 三等自営業・名無し軍曹・ゆうか・眠い人
  出没頻度は高くない。特にゆうか氏は1スレ丸々現れないことも珍しくない。
  しかし回答の信頼性は高い。これは彼らが情報ソースを重視することと、
  憶測で回答する際にもバックボーンの知見がしっかりしているからである(憶測は憶測と断ってくれる点も評価が高い)。
  彼らの回答をもらえた質問者は運が良い。
信頼性中
 モッティ
  出没頻度高。
  回答の正誤は五分五分といったところ。思い込みで回答する悪い癖があるため
  時にある「事実は小説より奇なり」をレアケースとざっくり省略してしまう事が多い。
  彼の回答をもらった質問者は>>4の「回答を得たらそれをもとに自分で調べ直してみましょう」を肝に銘じるべし。
 耳鼻科医
  出現頻度中。
  医療関係というあまりに専門分野のため検証できないので暫定位置
 不動産屋のオッチャン
  レスの内容はとりあえず正しそうだが、あらしに釣られやすいのでこの位置
信頼性無
 オーストコリアの不幸でメシウマ ・居酒屋正社員
  上記2名ただのバカ酷使様
 霞ヶ浦の住人
  彼の回答を信頼してはいけない。
  正答が何時間も前についた質問にわざわざ誤答と自説主張をつけて質問者を誤導する最悪の回答者。
  自分が出した情報ソース(Wikipediaを多用)でさえまともに読解できておらず、回答する資格がないとまで断じる者もいる。
  彼の回答は見なかったことにするのが一番の正解である。
信頼性以前
 ハインフェッツ
    現状では信頼性以前に単なる荒らし。
 マリナ
    過去のレスを一切見ない、ただのバカ。 

9 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:36:48 ID:x5MJiAM+
田母神氏は言っています。
>戦争を絶対にしたくないと考える国は、戦争になってもかまわないと考える国に外交交渉で勝つことは出来ない。
ttp://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10435832519.html

日本人も、そろそろアメリカのくびきから逃れて、誇り高い歴史観と行動規範を身につけるべきではないでしょうか?


10 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 00:41:14 ID:???
>>9
そうですか、頑張って、政治板でわめいてください。

11 名前:テンプレ :2010/01/24(日) 01:27:44 ID:???

無知が無能に無用を教える場所。それが初心者質問スレ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

初心者質問スレは低知能、低学歴者の集会場である。

質問者はネット環境が整っているにもかかわらず、
普通に検索すれば一発で分かるようなことを平気で質問する。

それに対し、回答者は生半可な知識しか有しないのに、
まるで専門家のように得意げに答える。

さらに愚かなことには、回答が明らかに間違いであっても、
それがベストアンサーになってしまうことがしばしばある。

馬鹿同士の馴れ合いは想像を絶するものがある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

サービス名としては
「知恵遅れ質問知ったか回答スレ」もしくは「軍板専用ゴミ袋スレ」の方が相応しいだろう。



12 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 02:19:28 ID:???
・質問前にまずはここをチェック。答えが載ってる……かもしれない。
 【仮設!2ch軍事板用語集】
  http://banners.cside.biz/army_word1.htm
 軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
  http://armybeginner.web.fc2.com/
 ウィキポータル:軍事
  http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E8%BB%8D%E4%BA%8B

・FAQサイト
 軍事板ならびに初質スレに「公式」ないし「公式回答」なるものは存在しません。

 軍事板常見問題
 http://mltr.ganriki.net/index02.html

 軍事板FAQwiki
 http://www6.atwiki.jp/army2ch/

 軍事板初心者質問スレFAQwiki
 http://www33.atwiki.jp/armyfaq/

・スレ立て支援用テンプレ置き場
 2ちゃんねる軍事板初心者質問スレテンプレサイト
 http://www19.atwiki.jp/2charmytemplate/pages/1.html

13 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 09:24:38 ID:???
軍人って、標準的な体力と標準的な根性があれば勤まるってマジですか?
日本軍では、軍人になったのは(根こそぎ動員の時は別として)甲種、乙種とかいう運動神経のいい人たちですよね?

14 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 10:52:03 ID:hOddBcvx
>>13は前スレで回答済み。

15 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 11:15:08 ID:o++x3Pos
>>前スレ983

前スレ883とは別人だが質問。

旧日本海軍で、叩き上げで特務士官になるってかなり大変だったの?

学校出の士官とは待遇が違ったらしいし、簡単に上げてもそんなに困ら
なかったんじゃないかと思ってんだが。

16 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 11:28:30 ID:t85B7qJw
ワルシャワ条約機構軍について詳しく書いてある本はありますか?

17 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 11:33:51 ID:???
>>15
無茶苦茶大変。
航空科以外だと、兵から、曹に採用されないといけないし。よほど優秀でも15年コース。

18 名前:居酒屋正社員 :2010/01/24(日) 11:40:41 ID:???
日本人の過去ほど、清く誇り高い歴史はありません。
がしかし、大東亜戦争の敗戦により、現代の私達は大変大きな負の遺産を背負うことになりました。
現代の多くの日本人は左巻きか平和ボケの人々が圧倒的で、このままでは日本民族は地球上からいなくなるのは確実でしょう。
実際、日本にいる特アの人間の多いこと。ゾッとするほどです。
もしこのまま特アや在日、在日帰化人に日本が蹂躙され、日本民族や伝統文化それに日本語が失われれば
大東亜戦争や英霊達の偉業にまで傷が付いて、日本人の後悔の源になってしまうと思うのです。
私達が今しっかり、特ア在日と戦い、反日を日本から追い出さなければ日本人の正しい過去は消滅する。
現在を生きる日本人は特アを追い出し日本の誇りを取り戻す役目を背負って、どなたも生まれついたのだと思います。
素晴らしい偉業を持った日本の祖先の過去を後悔の源にするのを阻止するため、みなさん一緒に頑張りましょう。

19 名前:居酒屋正社員 :2010/01/24(日) 11:41:58 ID:???
『十二月八日』 高村光太郎

記憶せよ、十二月八日。
この日世界の歴史あらたまる。
アングロ サクソンの歴史あらたまる。
この日東亜の陸と海とに否定さる。
否定するものは彼らのジャパン、
眇(びょう)たる東海の国にして
また神の国たる日本なり。
そを治(しろ)しめたまふ明津御神(あきつみかみ)なり。
世界の富を壟断(ろうだん)するもの、
強豪米英一族の力、
われらの国に於いて否定さる。
われらの否定は義による。
東亜を東亜にかへせといふのみ。
彼らの搾取に隣邦ことごとく痩せたり。
われらまさに其の象牙(ぞうが)を摧(くだ)かんとす。
われらみずから力を養ひてひとたび起(た)つ。
老若男女みな兵なり。
大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。
世界の歴史を両断する
十二月八日を記憶せよ。

20 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 11:44:23 ID:???
北から宣戦布告を突きつけられながら、媚鮮の民主党はそれに乗ってマスゴミと組んで日本を乗っ取り、北に差し出さんばかりの態度、朝日新聞は毎度のごとく正常運転だが、なんと言っても、一度民主党に…と言う都議選で愚かな投票をした有権者が一番愚かですね。

民主党の正体が何たるかを自分たちで調べて見ないでただマスゴミ情報に囚われ、鵜呑みにして投票をした有権者にこのツケは必ず返ると断言して良いでしょう。

ああ、国民主権の弊害今ここに極まれり!

21 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 12:01:28 ID:f3saVtgO
戦争で毒ガスをつかっちゃいけないっていうルールがあるって聞いたんですが
そのルールというのは具体的には何と言う名前のルールでしょうか?

未だに戦争で毒ガスを使ってる国はありますか?
また歩兵用のガスマスクというのはまだあるんでしょうか?
あるとしたらそれは酸素ボンベとかを用意してるやつ?
それとも毒ガスをろ過して吸うタイプ?

22 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 12:36:06 ID:???
>>21
Wikipediaでいいから、毒ガスの項目を読んで、関連項目もチェックしてから質問してくれ。

23 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 12:39:22 ID:???
>>21
1902年締結のハーグ陸戦条約の第2条の禁止項目のひとつに
「毒、または毒を施した兵器の使用」が掲げられており、これが長らく毒ガス使用禁止の根拠になっていた。

それでも第1次世界大戦で毒ガスが使用されたことに鑑み、
1925年に「窒息性ガス、毒性ガスまたはこれらに類するガス
および細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」(通称:ジュネーブ議定書)
が採択されている。

それでも研究、開発、保有自体を禁止されたわけではなく、使用例は後を絶たなかった。
ベトナム戦争では毒ガスは使われていないものの枯れ葉剤でベトナム国土は大被害を受けているなどもあり、
毒性化学物質全般を含めた化学兵器という概念で、
1992年に「化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約」
(通称:化学兵器禁止条約、略称CWC)が締結されるに至っている。

使用国や防御方法については、>>22の通りで。
歩兵用のガスマスクはまだあるよってだけでw

24 名前:23 :2010/01/24(日) 12:41:47 ID:???
済まん、出だし間違ってた。
1899年締結、1907年改定のハーグ陸戦条約
だった

25 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 12:53:27 ID:???
>>23
警察用だがこんなものあるな。
ttp://himazin.jp/image/day/file/07120601.jpg

26 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:28:18 ID:???
>>25
悪の銀河帝国の兵士だなww

27 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:32:27 ID:???
俺にはミッキ○マウスに見える

28 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:33:01 ID:4RonXurD
旋条のあるマッチロック式のマスケットってあったんでしょうか?

29 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:55:20 ID:plssY4Kh
戦中には相撲取りも徴兵されましたよね?
体を軍服に合わせろという日本軍のこと、相撲取りも軍服に合うまでフルボッコにされながら減量させられたんですか?

30 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:58:13 ID:plssY4Kh
馬匹輸送に最も適しているのは駄馬ですよね?
でも戦中には、駄馬よりはアングロアラブばかりを生産していたような印象があるのですが、どうしてでしょうか?

31 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:58:36 ID:???
フリントロック式の発明が17世紀前半(1620年頃)。
ライフル銃の普及は19世紀半ばにパーカッション方式(ミニエー銃)の登場を待たねばならなかったけど、
ライフリングを施した銃が初めて登場したのは15世紀半ばと言われている。

少なくともフリントロック式が現れるまでに作られたライフルマスケットはマッチロック式と考えていいだろうと思う。
そして、ミニエー銃の普及まで、マッチロック式ライフルマスケットはそれ相応にあったんではないかと。

32 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 13:59:48 ID:???
>>25
それ、ロシア軍で使ってるものを採用しただけだよ

33 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:20:07 ID:hZcjxpXy
>>986>>988
ありがとうございます

34 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:31:15 ID:???
>>12
抜けてるぞ

軍事板常見問題検証wiki
http://www28.atwiki.jp/dog_kensyo/



35 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:33:16 ID:???
>>30
それはあなたのイメージでしょ。
はっきりいってあなたのイメージの根拠が何も無いのだから、このスレでは回答不能。
せめて、馬の種類ごとの使用頭数くらいソースつきで出さないと。

36 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:35:36 ID:???
>>30
軍馬=騎兵用もしくは儀礼用の乗用馬の主流が、日本の戦中の場合、アングロアラブだったからね。
サラブレッドもいたけどね。ただまあ、これら軍馬に適した軽種馬ってのはごく少数派なのよ。

でも、民間には山ほど、いわゆる駄馬が生産されていた。
戦後だって昭和20年代には農用馬だけでも100万頭がいたという。
今は日本全体で馬という種が10万頭、うち農用馬は20000頭足らずなんだけどね。
当時は行政が把握していない馬も含めれば、馬という使役動物がどんだけいたのか想像もつかないくらい。
これらのほとんどが貴重な軽種=アングロアラブやサラブレッドであるはずがなく、
在来馬、輸入されてきたポニーなどの小型馬、ベロシュロンなど重種馬がよりどりみどり。

でも現実には多様な品種の馬が、当時で生産されており、さまざまな使役に用いられていた。
輸送用としては、育成段階で、用途に応じた種類の馬を必要量を購入して、調教を付ければ良かったわけ。
大陸でも調達で気なのかなってのはちょっと分からんけどね。

で、なんでアングロアラブばかり生産していたような印象になるか。
騎兵は時代遅れになってしまっていたけど、軍馬保護の法律も作られていて、
軽種馬は生産と強化育成を奨励された。
軍馬の鍛錬・育成という名目で、競馬も継続していた(賭博行為としては禁じられたけど)。
そういうことがあるから、どうしても軽種馬、その主流であったアングロアラブに目が行きがちになっちゃうと思うんだ。

37 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:36:40 ID:???
>>29
戦前、戦中の力士はソップ型の力士がほとんどなので、支障は無かった。
先代の貴乃花くらいの力士でさえ大きいといわれてた時代だぞ。
さすがに合う服が無い巨漢力士だと、不適格で、すぐ除隊。
部隊に配置されても相撲取りというのは、中隊本部付きとかで大人気だったそうだ。


38 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:43:57 ID:???
>>34
こんな底の浅いデタラメを平気で乗せ続けてるようなものを
准テンプレに入れられるわけないだろ。
http://www28.atwiki.jp/dog_kensyo/pages/14.html#id_4e63968e

39 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:51:13 ID:???
>>34
いつの間にか内容が増えてるなww

40 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:54:47 ID:???
FAQ関係の誹謗中傷合戦をやりたいヤツらは元の巣に帰って出てくるな。

41 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 14:57:39 ID:???
>>40
所沢乙

42 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 15:04:40 ID:???
徴兵を回避する為に徴兵検査の前に血液を抜いて、意図的に健康状態を最悪にして
検査を受けるという手は使われたのでしょうか?

43 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 15:06:44 ID:???
>>42
ID出せ

44 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 15:18:09 ID:???
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ          ヽ `ヽ、
   //    /     ヾ_、=ニ゙、、,,_
///   //    ,、-'´



45 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 15:31:43 ID:DWawW1aY
前スレッドの
997 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2010/01/24(日) 12:04:53 ID:???
>>995
>>926
1942年にバレンタインを使っていた親衛戦車部隊は
第六親衛戦車旅団と第五親衛戦車旅団で
どちらも第二親衛軍所属じゃないと思うけど




46 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:26:51 ID:???
>>45
だから、お前、前スレの926をキチンと読んでないだろ?
926は、レンドリースが着実に増大してきている傍証として、
A軍集団が、バレンタイン戦車を装備した赤軍と交戦しているという例を挙げてるだけだ。

47 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:34:18 ID:???
>>45
自作自レス!

48 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:41:04 ID:???
ゲリラっを捕虜にした場合、その場で処刑しても問題ないのでしょうか?

49 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:45:57 ID:???
>>45
タマンかカンテミール親衛師団でしょ

50 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:56:41 ID:???
>>48
即決でも形式を整えて裁判を行い、記録を残しておかないと駄目。


51 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:56:55 ID:ijISt8In
>>48
義勇兵、市民兵の類いでも、正規軍と同等の交戦者と見なされる資格要件があります。
また、交戦者の資格なき場合でも、ゲリラに対する処置を国内法で定めているケースもあるでしょう。
これらの場合、即決の処刑が法規違反に問われることもあり得ましょう。
また、安易な処刑は人道にもとりますから、世論の批判の対象にもなり得ます。
それにせっかく生け捕ったのならば、尋問して情報を引き出せるかもしれませんね。
まあ、ほかにもいろいろ総合的に判断して、安直に処刑してしまうのは考えものかと思います。

52 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 16:59:01 ID:???
>>48
一応は。

でもその場合は「ゲリラ(違法武装市民)である」ことが証明出来る明確な状況、もしくは
第三者的に証明できる証拠、といったものが残ってないと、後々「民間人を虐殺した」という
ことになってとてつもなくややこしいことになるけど。

基本的には「とにかく今撃たないと撃ち返される!」という戦闘中の切迫した状況でもなければ、
捕虜にする余裕があるなら形だけでも裁判をやるほうがいい。

53 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:10:21 ID:x5MJiAM+
もしも、天皇陛下が「外国人参政権」に賛成の意をお示しになられた場合、私はどのように行動すべきか・・・・悩んでおります。
そのときは陛下にご退位いただいて、秋篠宮様に即位いただき、摂政に安倍元首相を据えるしかないと思います。
皆様のご意見はいかがでしょうか?


54 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:11:25 ID:???
ここはアンケートスレじゃないぞ。

55 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:11:43 ID:???
>>53
アンケートはスレ違い。
ですがスレあたりの方が人が多いのでそっちでやれ。

56 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:15:25 ID:yw7SYa4B
どうしてショットガンの散弾って丸いんですか?
円柱にたくさんの切れ目をいれたような
ブロッグ状にしてプラスチックケースの中にぎっしりつめたら
同じ重量のままたくさんの散弾を発射できて有利だと思うんですが
何かやらない理由があるんでしょうか?

また軍隊ではショットガンはどういった人間が装備するんですか?
小銃手、機関銃手みたいなかんじで散弾手というのがいるんでしょうか?

57 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:16:52 ID:???
>>53
天皇陛下が政策にどういう態度をとられても、決定権は陛下にはないから問題はない。

現状では民主党が衆議院で過半数取ってるので民主党が可決したいと思えば可決される。
それだけ。

58 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:21:39 ID:???
日本刀や海外の刀や槍や戦闘斧を鑑賞してみて思うのですが、刃をギザギザにした方が殺傷力が増すと思うのですが、どうして刃をギザギザにした刀や槍が主流にならなかったのでしょうか?

59 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:22:46 ID:???
>>56
散弾は当然ながら銃口を出たら拡散する。

その場合どの方向から見ても同じ形状にしておかなければ、個々の弾が受ける空気の抵抗が
違ってくることによって均質に飛ばない。
必ず一定の方向を向いて銃口から飛び出して飛ぶとは限らないからね。

一応、小さな矢(つか、針だね)をぎっしり詰めたものを撃ち出す弾、というのがあるけど
有効射程距離は丸い散弾に比べてずいぶん小さくなる。

ショットガンは軍隊では基地で警備任務につく兵士が使うもの。
軍用銃として考えると、射程距離や連射能力では自動小銃に勝てないので、開けた場所で野戦に
使うには向かない。
室内戦や塹壕戦、ジャングル戦などの戦闘距離が短く敵と出会い頭に撃ち合うことがある・・・
という状況ではそこそこ有効なのでそういう使われ方はしていた。

60 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:29:17 ID:n4IksKn1
>>31
ありがとうございます。
ちょっと調べた感じだと、フリントロックよりマッチロックの方が当たる様なので
即応性などには欠けるにせよ、狙撃用途なり猟銃なりで使える気がしたんですが、
見ないので、何か理由があって無いのかと思ってました。

61 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:31:36 ID:???
>>60
見かけない一番の理由は、ライフリングを安定して掘る技術と、そのコストの問題だと思うぞ。

62 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:35:58 ID:FwUkt+2g
現代では戦車の種類が少なくなったと言う話がありましたが、
単に、それまで戦車が担っていた任務を、
攻撃ヘリコプター、歩兵戦闘車、装甲偵察車、自走迫撃砲など、
他の兵器が担当するようになり、
本当に戦車がするべき任務に集約され、
中戦車のみがMBTに発展して残っただけではないでしょうか?

63 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:39:48 ID:???
>>60
ライフルは弾が銃身内の溝に接触してないと回転運動をしない。
そのため銃口から弾を装填する先込め式では銃の内径よりも大きな弾を力を込めて押し込まなければならない。
このように弾込めに非常に手間がかかるので、コスト高もありもっぱら貴族の猟銃として使われたので数は少ない。

64 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:49:35 ID:???
>>62
攻撃ヘリが登場したのは60年代後半だし、歩兵戦闘車その他は第二次大戦にはすでに登場もしくは前身ができてる。

65 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:52:06 ID:???
>>62
ただ単に冷戦も終わってガチ戦車バトルするような全面戦争が起きる可能性が低くなったからというだけだと思うが

66 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:53:38 ID:x5MJiAM+
いつも思うのです、戦前の教育は良かったなぁと。
昔は教師や家庭に威厳があり、子ども達は自分自身を「家族の一員」「学校の一員」「地域の一員」「国家の一員」とステップアップして自覚していくような、そして道徳心も徹底していた教育だったと思います。
もちろん中には不良行為をする者もいたはずですが、それが発覚すれば問答無用の鉄拳制裁!が当たり前。

これを軍国主義・暴力反対と言われ、赤かぶれの教育現場や、それに引きずられるように軟化してしまった家庭。
当然地域も右へならえと軟弱化・・・・。
「大日本帝国」時代の教育は理想的だと思うのですが、なぜか、軍国主義と言われてしまいます。
現に戦前は残虐な少年犯罪や大量殺人、親殺し子殺しは皆無だったのに・・
今からでも、戦前の修身愛国教育を復活させるべきです。


67 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:55:49 ID:???
>>62
一番大きな理由は、かつて、軽戦車、中戦車、重戦車といわれてたもののうち、
軽戦車は、速度だけで攻撃力と防御力が貧弱で、危なっかしくて敵の戦線突破後の
後方すら活動が難しくなりまた、植民地などの二線級任務も難しくなり衰退。
重戦車は、攻撃力と防御力はあっても、機動力や、整備性の悪さで使いにくくこれまた衰退。
中戦車は、走、攻、防が揃って使いやすかったために、それぞれの要素をバランスよく
アップデートさせ、MBT(主力戦闘車)として、現代にいたってるというわけで、他の機材で
軽戦車、重戦車の機能を代用してるわけじゃない。


68 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:56:54 ID:???
ナチスドイツが負けた主な原因は何ですか?
やはりアメリカをはじめとする連合国との工業力の差ですか?


69 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:57:50 ID:???
>>58
よく切れる(よく砥がれた)刃というのはギザギザですよ。とは言っても顕微鏡レベルでの話ですが。
ナイフや刀などの刃物は刃の側面を砥いで角度を整えて、最後に刀身をやや立てて数回砥石の上を滑らせて刃をつけます。(ギザギザにする)

目に見えるほど大きなギザギザだと抵抗が大きく、結果的に切り裂く能力は下がってしまいます。つまり切れないということになってしまいます。

70 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 17:58:34 ID:x5MJiAM+
世界三大海軍に、米海軍、英海軍、日本海軍が選ばれましたが、
何故、ソ連海軍、ドイツ海軍、フランス海軍、イタリア海軍、スペイン海軍、中国海軍、インド海軍、韓国海軍などを選ばれなかったんですか?

そもそも、世界三大海軍の選考基準はどうなんですか?


71 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:04:02 ID:???
ID:x5MJiAM+が必死に過去のコピペと酷使様コピペを投下していますので、
生暖かくみまもってあげましょう。
ニヤニヤ・・・・・・

72 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:04:11 ID:???
オランダ、スペイン、明でしょ

73 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:04:24 ID:hZcjxpXy
使用禁止対象とならないクラスター爆弾の条件の一つに「爆発性子弾10個未満」とありますが、この数は戦力として充分なのですか?
CBU-97は対装甲の子弾が10個(子弾から更に分離しますが)ですが、この条約が指すクラスター爆弾は対人を考慮していないということでしょうか。

74 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:04:55 ID:x5MJiAM+
海上自衛隊が、創設以来未だに固定翼機航空母艦を保有できない一番の理由を教えてください。

今現在、日本國海上自衛隊は世界でも5本の指に入る大海軍なのに何故でしょうか?


75 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:05:06 ID:???
>>62
「本当に戦車がするべき任務」とは何?
歴史的に言えば、戦車の任務とは歩兵支援(WW1〜)と、対装甲戦闘(おおよそWW2〜)
これらを実現するために求められたのが、いわゆる戦車の三要素である走・攻・守

WW2の結果、高い機動性、火力、防御力、
どれが欠けても戦車としては不十分、使いづらいという知見が得られたので
軽戦車〜重戦車のラインナップはMBTへと昇華された

見ての通り、戦車の任務は特に減ってはいない。減ってるなら能力も減らせていいはず
昔の戦車にあって、今の戦車にないものって?

現に偵察部隊に戦車が配備されるのはよくあるし、
歩兵戦闘車も歩兵への火力支援は行うけど、戦車を代替するわけではない。基本的にセットで使う
自走迫撃砲はそもそも直射火力を提供しない。対戦車ヘリは、あくまで瞬間火力

76 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:09:09 ID:???
>>73
孫弾も含めて一つの弾体から分離する爆発能力を持つものはすべて「子弾」。

77 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:10:35 ID:???
>>73
クラスター禁止条約に抵触するけどアメリカはその条約に加盟していない。
加盟してない条約に何で遠慮しなければいけないか説明をどうぞ。
まあ、条約に加盟してる国には売れないし、外国で使用すれば、加盟の有無にかかわらず
批難はされるけどね。

78 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:13:47 ID:???
>>73
人道的な理由で制限された以上は、
純粋に兵器としては合理的な制約であろうはずがない

まあ要するに、面制圧はあきらめて精密誘導化しろということ

79 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:39:15 ID:???
戦車は視界が利きにくいですが、車みたいにアラウンドビューモニターを付けていないのでしょうか?

80 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:43:25 ID:???
韓国の技術力、工業力って先進国レベルで見れば低いのでしょうか?
一応、液晶モニターを国産しているような国ではあるし……

81 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:44:15 ID:rud7fvCd
>>80
age忘れました。

82 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:46:17 ID:FwUkt+2g
技術が成熟し、多種類の戦車を用意する必要が無くなり、
一つの万能戦車で済むようになったというのが正しいのかな?

83 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:51:13 ID:???
>>80
板違い。
科学技術一般については、学問・理系カテの板でどうぞ。

84 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 18:57:00 ID:???
硫黄島が占領されて以降、P51といった強力な戦闘機が飛来していますが、この状況だともはや日本機は七面鳥の如く狩られているのでしょうか

85 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:05:23 ID:???
>>82
本当に君に付いてるレスちゃんと読んでる?
軽戦車/重戦車というカテゴリーがそれぞれ生残性や機動力の問題で淘汰されて
もっとも使いやすい中戦車が発展してMBTになったと説明されてるでしょ。

済むようになったんじゃない、済ませるように発展したんだ。

86 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:06:10 ID:DWPaggUH
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。

87 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:07:11 ID:???
硫黄島が自衛隊の兵器試験場になっているって聞いたんですが本当でしょうか?

88 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:10:00 ID:???
>>84
782 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:17:59 ID:hR/c1Ef6
硫黄島が占領されて以降、P51といった強力な戦闘機が飛来していますが、この状況だともはや日本機は七面鳥の如く狩られているのでしょうか

784 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/01/26(月) 02:24:06 ID:???
>>782
対戦闘機戦闘が苦手な、屠龍みたいな双発戦闘機での昼間迎撃が困難になった。
そのうち燃料も足りなくなり、本土決戦にそなえ戦力を温存、対戦闘機迎撃そのものが禁止されることに。
でも我慢できず、命令に反して出撃する部隊もあったが。

807 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/01/26(月) 07:45:46 ID:???
>>782 硫黄島からのP-51は飛行時間が往復でかなり長いためパイロットの疲労は
大きかったそうです。
 ですが、いずれにせよ、1945年になると米英機動部隊が日本列島沖をきままに
上下しては空襲したり、夜間には艦砲射撃をしたりしているような状況です。

 ときどき撃墜した例もあることはありますが、劣勢だったことには変わりないかと思う。

89 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:44:16 ID:???
>>84
日本本土上空における戦闘でのP‐51と日本機の交換比は、実は2倍も差がない。
日本側がホームグラウンドで迎え撃っている有利があるとはいえ
数的にも運用的にも劣勢な状況で健闘しているといっていいと思う。
少なくとも七面鳥撃ちというほどは一方的な状況にはなってない。

90 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:44:27 ID:???
>>57
でも社会的影響は
決して小さくはないよ

91 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:47:33 ID:???
>>86
銃を持ってる兵士一人ひとりに対して
削り取れーって命令するだけじゃん
ちょー簡単

92 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:51:19 ID:???
>>88-89
どっちがホント?

93 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 19:53:58 ID:???
>>92
それぞれ矛盾している回答ではない。
そんなことも判らないから、何回もコピペ爆撃してるんだろ。
いい加減にしろ。

94 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:00:08 ID:???
>>93
>何回もコピペ爆撃してるんだろ

勝手に決め付けるな池沼
お前みたいな煽りがいるからコピペ厨が調子こくんだよ
反省しろ

95 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:01:10 ID:???
>>94
【硫黄島が占領されて以降、P51といった強力な戦闘機が飛来して】の検索

趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 613
84
趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 536
782
趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 563
904
趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 576
633
趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 591
480 654 663
趣味 [軍事] ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 607
144

【6 件見つかりました】(検索時間:32秒)


96 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:10:29 ID:???
>>95
俺はその質問した当人じゃねーよバーカ

97 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:11:30 ID:???
>>95
つかそんなにコピペ爆撃が気になるんなら
削除依頼でも出せよ
お前みたいに反応すんのが一番最悪だ

98 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:40:44 ID:DWPaggUH
福崎は前の人が死亡したり意識を失ったら後ろの人が元気いっぱいでも
なすすべもなく墜落してしまうんですか?
後席補助操縦装置とか、そういうのはないの?練習機は除く。
現代機は脱出機構が万全だからよさそうだけど大戦期の単発機とか
飛行中に席を変わるなんて難しそうだし、
補助操縦装置がないと後ろの人が元気いっぱいのまま落ちていったの?

99 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 20:54:59 ID:???
福崎って大変なんだな

100 名前:モッティ ◆uSDglizB3o :2010/01/24(日) 20:59:11 ID:???
>>98
後席でも操縦できる機体とそうでない機体がある。
前者は後席オペレーターでもパイロット資格を持ってたり

101 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:10:47 ID:???
前スレの974ですが、答えて下さった方ありがとうございます
大和を仕留めることが目的ではなくあくまで母港爆撃が主任務であることがわかりました
アメリカ側にとっては真珠湾の復讐ということで喜びもひとしおだったことでしょう

102 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:13:02 ID:???
わざわざ検索までしてコピペコピペ言ってる奴いるけどさ
まずそれよりも質問に十分な回答がついているかどうかのほうが重要なわけだ。
それは分かっているよな。
まあそんなに暇なら調べるついでに回答も載せてくれよ。
本当に回答がついているかどうか分からないからな。


103 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:15:10 ID:???
>>102
>>84のID出してないコピペ質問に対しては、>>88が1年も前に回答がついてる証拠を張ってるが。
おまえさんの目玉は節穴だな。

104 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:22:05 ID:???
>>103
そうだな、1年前にもらった回答で不満があるなら、1年の間にもらった回答の何処が不満か
再度質問すればいいのに、コピペを投下するしか能がないなんて頭の不自由な証拠だな。


105 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:22:54 ID:IDWSTKNB
http://tsushima.2ch.at/index.php?upp=41277
お昼の質問に回答してくれた方、あるがとう
で、上の写真のの正体は何ですか?
マニアが趣味で作ったもの?


106 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:24:38 ID:???
>>105
オモチャではない。ドイツのヴィーゼル空挺戦闘車。

107 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:25:16 ID:IDWSTKNB
えええ。ドイツ人らしくないなぁ。ありがとう

108 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:29:03 ID:???
>>105
ヴィーゼル空挺戦車
ttp://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E7%A9%BA%E6%8C%BA%E6%88%A6%E8%BB%8A&sourceid=navclient-ff&rlz=1B2DVFD_jaJP226JP226&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

109 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:41:52 ID:PUKZOYlu
少し前にこのスレで、霞ヶ浦の住人というコテハンの人が旧日本軍の戦車に乗車してたのは、
みんな下士官と回答していましたが、先日入手した、「玉砕の鉄獅子サイパンからの帰還」という本に
掲載されていた、サイパンで玉砕した戦車第9連隊第3中隊の編成表に上等兵が7名、乗車してると
書かれています。
霞ヶ浦の住人の回答は間違いという事でよろしいのでしょうか?

110 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 21:56:41 ID:???
>>80
技術力、工業力ってのは簡単に測れない。

個人的な意見ですまないが、韓国ってのは、電気・電子系の技術力は先進国並といっていいと思う。

液晶パネルってのはちょっと特殊で、実は量産できるのは日本、韓国、台湾しかない。
その中でも、キーになる部材は日本でしか作れないものが多いけど、
韓国は国策でなりふりかまわず国産化を図ってるので、2年以内くらいには追いつかれるだろう。

原子力方面でも、プラントの輸出が始まるとかなんとか。

でも、基礎的な工業力って言うのか、産業の裾野が狭く、儲かる分野に集中的に金を投じている印象がある。
まあ、これは財閥の存在によるところが大きいように思うけど。良くも悪くも20年位前の日本と似てる。

111 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:04:34 ID:???
>>109
「旧日本軍の戦車に乗車してたのは、みんな下士官」
というのは大間違いです。

戦車中隊長や連隊長などの士官も戦車に乗車して実戦参加しています。

112 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:07:50 ID:PUKZOYlu
>>111
あ、すいません、下士官以上ですた。

113 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:12:09 ID:???
ダマンスキー島事件の際、川をせき止めて水をためて、一気に堤防を切って敵軍を流すという戦法はとられなかったの?

114 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:12:58 ID:???
>>113
中国名を見てください 「チンポ」島ですよ

115 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:14:35 ID:???
>>114
「笑心者」スレへどうぞ

116 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:17:26 ID:+ltn+VVY
第2次大戦の頃のドイツ軍を想定しての質問ですが
戦車に乗っていて指示を出すのは戦車長。
突撃砲に乗っていて指示を出すのは車長。
ですよね。

では対戦車砲での戦闘時に指示を出すのは誰で何と呼ばれますか?

117 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:26:27 ID:???
「ジパング」で、イージス艦「みらい」が敵艦の砲弾1発でかんたんに沈むのを見て、敵士官が「なんと脆い・・・」といっていましたが、イージス艦ってマジで脆いんですか?

118 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:27:22 ID:plssY4Kh
ティーガー戦車
ティーゲル戦車
タイガー戦車
Y号戦車

どれが正しい呼び方なんですか?

119 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:30:47 ID:F1t4/nLH
自衛隊ではSu-27の輸入を検討していたようですが。
なぜ購入できなかったんですか?
デジタル機器とか色々組み込んで自国仕様とかすれば良かったのに。


120 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:31:57 ID:plssY4Kh
「統帥権」という概念は、政治化が政争に使い始めてから、「お、こりゃいいぞ」とばかりに軍人も利用しだしたんですか?
それとも、軍人はずっと前から「統帥権は俺たちのものだ!」と主張していたんですか?

121 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:32:44 ID:???
>>116
砲長というのが存在している。

122 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:35:34 ID:???
>>120
統帥権は大元帥たる天皇のもので軍人のものではありませんし、軍部がそんな不遜な主張をしてたわけではありませんが。。

123 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:36:52 ID:???
>>116
全部Kommandant(英語だとCommander)だ。

>>118
ティーガーは現在のドイツ語ぽい発音
ティーゲルは昔のドイツ語っぽい発音
タイガーは英語
VI号戦車は形式名
制式名称は「VI号戦車E型ティーガー」、後には単に「ティーガーI型」。


124 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:37:53 ID:???
>>122
はん?統帥権干犯!といってあちこちで暴れていた軍人を知らんの?

125 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:41:35 ID:???
>>124
そりゃ「陛下の統帥権」であって「自分達の統帥権」じゃないがな。

どっちにしろ、統帥権なんてのは名目上のものでしかなかったわけだし。
しかも結局、東條英機が総理大臣と陸相と参謀総長を兼ねたことで本当に有名無実に
なってしまった。

126 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:42:35 ID:???
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。


127 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:45:08 ID:???
>>118
正しくは「パンツァーカンプフワーゲンゼクス」といいます。

128 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:45:37 ID:???
>>124
統帥権という用語は、大日本帝国憲法で用いられている言葉。
形式的には、天皇が最高司令官であり、軍隊を統率する権能を持っていることを表した言葉です。
軍人たちが使った「統帥権干犯」というのは、
「神聖なる天皇のみが持つ統帥権を侵害するのか!」てーことですよ。
軍部に批判的な文官や政治家なんかが、軍部の意思決定を覆そうとしたり、批難したりすると、
「お前、それは統帥権干犯だ」という風に言って、それらを封じ込めて来たわけです。
言葉の意味をキチンと勉強してから、アレコレ言いましょう。

129 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:49:58 ID:+GYJe0gl
現人神の訳語がGOD Emperorの件
>>124は間違いなく終戦はGOD EmperorのVoice of Caneで決まったとか言ってる口

130 名前:116 :2010/01/24(日) 22:50:05 ID:+ltn+VVY
>>121,>>123
回答ありがとうございます。
自分は砲長かな?と思っていたのですが
パンフロB型のイタリア野砲(対戦車)動画では指揮官となっていまして。
同じようなもんというか日本語だからでしょうか。

131 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 22:51:55 ID:???
>>130
好きに訳せばいいと思うよ。

ただし本当に好き勝手に訳すと混乱が生じるから気をつけてね。

132 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:13:09 ID:plssY4Kh
>>122 >>124 >>125 >>128
ははーん、天皇の統帥権を盾に自分たちの意見を通してきたってわけね。
わかりました、ありがとうございます。

133 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:13:54 ID:???
なんで、カルテはドイツ語で書くんですか?

134 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:18:13 ID:???
>>133
板違い。
医学か歴史に関する板で聞くべき質問。

135 名前:居酒屋正社員 :2010/01/24(日) 23:19:14 ID:???
◇「医療ミス防止」理由に
今年度末で常勤外科医2人が全員退職する大田市立病院(同市大田町、病床数339)に対し、島根大医学部から「外科医補充がない限り、派遣している整形外科医4人を引き揚げる」旨の通告があったことが分かった。
同病院では「後任外科医の補充作業を進めており、外科系診療の崩壊がすぐ起こるわけではない」と説明。しかし、年度末に間に合わない場合、医師の大幅減となり救急病院機能を失う可能性がある。【鈴木健太郎】
同病院の外科系医師は現在15人。このうち広島大医学部から派遣されている常勤外科医2人が3月末で退職することが決まっている。
常勤医として島根大医学部から派遣されている整形外科医4人が残っているが、昨年7月、島根大医学部から「救急などの際に専門外の外科診療をカバーしての医療ミスを避けるため」として、同病院の外科医補充がない場合、整形外科医を引き揚げさせるとの通告があったという。
整形外科医4人が引き揚げれば、手術対応も困難となる。
同病院では、外来診療は非常勤医師で維持できるとしているが、県の指定する「救急告示病院」としては、外科系の救急患者の常時受け入れが不可能になるため、指定取り下げの可能性もある。
同病院の医師不足に関しては、竹腰創一市長も昨年の市長選で「人員確保への努力」を訴えたが、3月の補充のめどが立たない場合、県央部の中核医療施設の機能そのものが同市から消えることになる。
同病院の岩谷正行・事務局長は「県内外の医師3人を後任外科医としてピックアップし交渉を進めており、年度末に向けて全力でまとめる」と話している。


こういうのって、明らかに赤ひげ精神の欠如だよな。
引き上げた医者は殺人罪(未必の故意)で逮捕、僻地で勤務させるべきと思うが?
だいたい、普通のサラリーマンは転勤命令に素直に従ってるんだ。医者だけ気に食わないとやめるってか?
医療ミスを防ぐためって何よ?要はきつい仕事をしたくないんだろ?鬼畜が・・・・

136 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:23:30 ID:4cNYyCWR
http://www.fyjs.cn/bbs/attachments/month_1001/1001231940637ea9deb1227a18.jpg
http://www.fyjs.cn/bbs/attachments/month_1001/1001231941b58492874f4f50ec.jpg

レーダードームが黒いのはカバーですか?
カバーだとすればなぜカバーを掛けてあるのでしょうか?

137 名前:居酒屋正社員 :2010/01/24(日) 23:23:57 ID:???
1・24 在特会臨時大会 & 外国人参政権断固反対!国民大行進 in 新宿
【最新情報】1月24日/大会動画アップ
公式サイトの新着動画にもアップしてます
【1・24在特会大会】桜井会長報告【外国人参政権断固反対!】
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9483984
<youtube版>
VOL.1 http://www.youtube.com/watch?v=o754uXXtMT8
VOL.2 http://www.youtube.com/watch?v=ak8BoARleRg
VOL.3 http://www.youtube.com/watch?v=zVs71p7tPn0
VOL.4 http://www.youtube.com/watch?v=PjSNb_ldGO4
VOL.5 http://www.youtube.com/watch?v=jeBkFX_0Ckw
再生リスト http://www.youtube.com/view_play_list?p=10E52F646649F732
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amm55
【1・24在特会大会】西村幸祐氏スピーチ【外国人参政権断固反対!】
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9484183
<youtube版>
http://www.youtube.com/watch?v=NrvcKKHoRz8
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amlb6
【1・24在特会大会】よーめん氏スピーチ【外国人参政権断固反対!】
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9484309
<youtube版>
VOL.1 http://www.youtube.com/watch?v=Up1le5VDQVc
VOL.2 http://www.youtube.com/watch?v=6luLlQJ2x2Y
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amkd8
熱き獅子たちの声を聞け!日本人!

138 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:25:27 ID:x5MJiAM+
初めまして。
私は靖国神社にA級戦犯の遺骨があるものだと思っていましたが、
先日『靖国神社にA級戦犯の遺骨は無い』と書かれているサイトを目にしました。
検索してみたところ、靖国神社にA級戦犯の遺骨が有ると言っている方と
靖国神社にA級戦犯の遺骨は無い言っている方がいました。
どちらの主張が正しいのでしょうか?

139 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:27:01 ID:???
お寺には墓があるけど
神社には墓は無いでしょ、普通

なぜなら人の命は「はかない」から

140 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:27:39 ID:???
>>138
神社・仏閣板で聞いてください。

141 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:36:37 ID:???
どうして軍人ってのが必要なんですか?

142 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:37:28 ID:plssY4Kh
軍隊と警察と消防を同じ組織にすれば、効率がよくてコストダウンになるんじゃないですか?
同じような階級社会なんだし。

143 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:39:10 ID:???
>>142
警察と軍隊一緒にしたら

「武器を持たない市民をいびりたいけど、完全武装した敵と殺し合いは嫌だ」って人の就職先がなくなるだろJK


144 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:40:41 ID:tmY+6B+E
質問
映画トランスフォーマーでF-22が爆撃を行う際
兵士が緑色のレーザーを目標にあててたんですがあれは何ですか?

あとP90の5.7mm弾って細くしてボディーアーマーへの貫通力を上げてるんですよね?
9mm弾の弾頭を細くしただけでは同じような効果は得られないんでしょうか?

145 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:43:19 ID:BNDY9yzO
明治以降の日本軍は
陸軍と海軍に分かれていますが、
分裂した軍は日本だけが特殊ですか?

146 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:48:33 ID:???
日本の極右軍事政権化クーデターをしよう!
この国は銃で支配するべきだ。
売国奴生首切断(人形)デモ 売国奴人形引き摺り回し棒で叩き処刑デモをしよう!売国奴人形火炙り処刑デモ
シュプレヒコールは、怒り、憎しみ、恨み、憎悪、執念、怨念、怨霊、祟りなど全てをいれ怒鳴りつける。
日本人も他国の国旗を燃やそう!
中・韓と同じ事をするのではなくそれ以上の事をしよう!
オージービーフへの攻撃
個人宅への街宣

147 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:48:47 ID:???
>>145
空軍、空挺軍、防空軍も分離した他の国に比べればマシなくらいです。

148 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:49:16 ID:plssY4Kh
東条英機って、戦時中は我らの指導者様として崇められていたんですか?

149 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:54:34 ID:BNDY9yzO
SFCの鋼鉄の騎士2だったかな。
「第二次大戦後半、戦況が不利になった
ドイツ軍は一撃必殺の自走砲ばかり作っていた」
とあったけど、マジ?

150 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:55:05 ID:???
>>148
いちぶでは、上等兵と嫌われてました。

151 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:55:51 ID:???
アメリカだってイギリスだってソ連だってあめんぼだって自走砲作ってるだろ


152 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:57:25 ID:???
>>149
駆逐戦車や突撃砲を自走砲と、一般人向けに平たく言ってるが、
普通の戦車も作ってるので自走砲ばかりというのは極端な言い方。

153 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:57:35 ID:x5MJiAM+
なぜ資本主義は必ず弱者と強者が存在してしまうんですか?

154 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:58:37 ID:plssY4Kh
現代の軍用航空機も、中古になれば他国に輸出するってのは可能なんですか?
例えば日本のファントムUを、どっかの途上国に売り飛ばすとか・・・

155 名前:名無し三等兵 :2010/01/24(日) 23:59:23 ID:plssY4Kh
韓国は北朝鮮のスパイ浸透に対して、どのような防御策を取っているんですか?

156 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:00:29 ID:???
>>153
板違い、経済板で聞け。


157 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:01:43 ID:lb6Mbs13
人工衛星に火砲を搭載した例はソユーズ7K-VIズヴェズダ 以外にあるのでしょうか?
計画・構想のみでも構いません。

158 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:02:43 ID:???
>>154
日本の場合、武器輸出はご法度。

159 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:02:44 ID:???
>>154
普通の場合、売るのは可能だが、日本のF−4の場合、耐用時間がそんなに残ってないので、売るのがはばかれる。
それに第一、日本は国策として、武器は輸出禁止。

160 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:03:42 ID:x5MJiAM+
怒らないでマジレスして欲しいんだけど、
なんでこんな時間に書き込みできるわけ?
普通の人は学校や会社があるはずなんだけど
このこと知った親は悲しむぞ?
現実見ようぜ

 


161 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:04:28 ID:???
>>117
マジ脆い。
大口径弾に対抗するような装甲なんて持ってないもの。

162 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:06:20 ID:AbFSBBoI
山本五十六は日米の戦力差が圧倒的になる前に、
アメリカ軍の航空戦力を壊滅して早期講和に持ち込むため、
ミッドウェー作戦を強行しましたが、
それほど危機感を抱いていたわりに、
作戦がずさんというか無計画だったのはなぜでしょうか?


163 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:09:11 ID:???
なんかへんな吸着がおるんですが・・・

164 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:11:19 ID:du0fIIr5
ジパングにて主役艦の主砲がポキッと折れてましたが、あんな簡単に折れるもんなんですか?

165 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:16:22 ID:+IXuw+M0
F-35って開発大炎上してるそうですがなんであーなったんですか?
最初に重さはどのくらいになりそうだ。ここは削ろうよ。無理じゃないの?俺抜けるわ〜
みたいに考えなかったんですかね?

あと対戦車自走砲って所属はどこなんですか?
やっぱ戦車隊?

166 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:28:49 ID:VfZAWYko
M16/M4の後継って必要なんでしょうか?
古くなったらM16/M4を新規に作るのではダメなんでしょうか?

167 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:34:58 ID:AbFSBBoI
質問お願いします。

中国、ロシアが日本に攻めてきた場合に
海上自衛隊の本質は空母を中心に構成されている米海軍第7艦隊を補完する、ことであり
対潜水艦作戦(ASW)に特化した艦隊ということができ、海上自衛隊で独立して作戦(撃退)するのは難しいんでしょうか?


168 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:39:50 ID:???
>>165
対戦車自走砲の所属は配備意図による
大砲の延長線として開発されてれば普通は砲兵隊だし、戦車の代替として配備するなら戦車隊

>>166
設計そのものが古いため、いくらアップデートされているとは言っても最新の銃と比べるとどうしても見劣りする部分がある
その分の性能上昇が新型への更新にかかるコストに見合うかどうかは軍の判断

169 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:49:40 ID:???
>>154
北沢防衛相が武器輸出三原則を見直すべきと言っていて見直しの内容に途上国向けに武器を輸出が入っている
F-4は耐用年数が少ないから無いだろうが将来はあるかもしれん
ぽっぽは堅持するべきと言っているようだが

170 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 00:58:51 ID:???
>>160
世の中には社宅っていう通勤時間が短くて済む環境もあるのだよ。社会の寄生虫たる学生くんよ。

171 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:01:28 ID:???
>>170
コピペだよ。
相手にするな。
でなければ、時間と曜日感覚のいなくなったニートだろ。

172 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:03:11 ID:???
>>167
海自は別にASW戦に特化していません。前提条件が間違っているので質問そのものが無意味です。
海上自衛隊について1から勉強し、100年後に出直してきて下さい。

173 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:08:41 ID:???
>>172
毎日投下されてるコピペだから、指摘するだけ無駄。
無視しろ。

174 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:09:39 ID:???
>>173
毎日コピペチャックしてるお前の方がよっぽどキモい

175 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:10:01 ID:???
>>144
セミアクティブレーザー誘導の誘導兵器を誘導するため。・・・なんか字面が汚いな。
レーザー誘導爆弾は、大雑把に言うと誘導用のレーザーが命中して反射しているところに落ちていく仕組み。
爆弾落とす機体自身から誘導レーザーを照射してもいいけど、状況によっては地上にいるFOやら特殊部隊やらが照射したりもする。
もちろん実際は不可視光線のレーザー。

P90の5.7mm弾はスピッツァー弾頭だから貫通力が大きいのじゃなくて、ボトルネックで小口径の割に発射薬量が多いから貫通力が大きい。

176 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:26:30 ID:???
>>172
知ってる。IDが出てた場合、以前から同じ内容で答えてる。
何でもスルーするんじゃなく、知らない人が善意で無駄レス付けないよう先にコピペ解答してるのさ。

「100年後に出直せ」ってコピペバカを茶化してるのが見えないかね?

177 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:39:08 ID:???
いやそいつ、相手して貰えるだけでうれしいだろうから。

178 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:41:11 ID:???
おまえ素人か?
言っとくけど俺をあまりナメないほうがいいよ
vipでコテハンやってるしこのスレ潰すくらいの影響力は持ってるから
くだらないことで刺激して後悔しないようにね


179 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:43:44 ID:???
>>178
また潰す潰す詐欺。
今まで何回も同じコピペ張ってるけど潰された事ないけど。
vipってヘタレばかりだね。


180 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:43:45 ID:???
>>177
コピペだって指摘されてから1分でレスしてるからな。
無視されなかったのがよほど嬉しかったんだろう。

181 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:45:38 ID:+IXuw+M0
>>168
あーやっぱりどっちにいてもおかしくないんですか・・・


あともう一つ質問
特殊部隊用の拳銃としてMK23やUSPがあり、その後継としてHK45が上げられていますが
あーいう特殊部隊用の拳銃って普通の銃と何が違うの?
45ACPの装弾数なら別にガバメントのダブルカアラム仕様でも良さそうだし
マウントが欲しいならグロック拳銃でもいいわけですよね?

182 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:45:41 ID:???
謝れ。
VIPPERに荒らし依頼してくるぞ。


183 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:47:27 ID:???
>>181
その二つが両方欲しい時はどうするんだ?

184 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:48:13 ID:???
ここの板にはコピペ、板違い、回答済などと指摘する一方で
当の本人は全く回答しない粘着質な方がいらっしゃるようですが
初心者スレにおいて、質問者及びそれに答える回答者以外は荒らしに該当すると思われます。
そのような人物はどうかROMっていてもらえないでしょうか?


185 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:53:20 ID:???
>>182
さっさといけよ、行くだけの勇気もないチキンか?


186 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:54:26 ID:???
>>185
VIPを名乗ってる奴らはチキンばかりなので、3つか4つコピペ投下して終わりだよ。


187 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:55:47 ID:???
>>182
まだ依頼してこないの?


188 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 01:57:46 ID:???
いやVIPPERが本気になったら
こんなスレ10分もあれば余裕で潰せるよ
まぁVIPPERはよっぽどの事がなけりゃそこまでやらないけどね


189 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:00:56 ID:???
>>188
じゃあ依頼してきてよ。今まで何回もVIPを動員するとほざいてるけどvipってチキンが、
軍板の常識となるぞ。

190 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:01:15 ID:???
ビビったようだなw
しゃーねーやつらだなw荒らす気うせたわ


191 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:01:59 ID:???
>>190
やっぱりvipってチキンだな。

192 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:03:27 ID:+IXuw+M0
>>183

グロック21って45ACPで装弾数13、下部にレイルマウントついてませんでしたっけ?

193 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:15:19 ID:???
>>190
別に誰もびびってねーよ。
論理的に勝てると思ったら何時でも荒らしてみろや。
低脳。

194 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 02:19:12 ID:???
>>192
精度が足りない
ついでに耐水性も
って感じに何でもかんでもいいとこどりした結果がソーコム
たかが拳銃にそこまで求めるアホらしさがソーコムらしさ

195 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 04:48:56 ID:abPA6YbS
戦艦に体当たりする戦闘機の神風特攻って戦艦に到達する前に
打ち落とされて海に沈むとかあったと思うんですが、
戦艦の真上から突撃していたら、たとえ打ち落とされても
体当たりはできたんじゃないでしょうか?

艦船に対する戦闘機の特攻のうち成功したのは稀なほうなんでしょうか?
そういう何パーセントが成功したとかいうデータはあるんでしょうか?

196 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 05:48:20 ID:???
>>195世の中そう簡単にはいかないものです。
飛行機にもいろいろあるけど基本的に落ちるためでなく空を飛ぶために
軽い機体が速度と揚力の絶妙のバランスで飛んでいます。
急降下によって速度が出過ぎると揚力が強くなって
機体を引き起こす強い力が働いたり、
プロペラの回転速度が追いつかなくなって気流が乱れたり、
舵の力が足りなくなったりとと色々な問題が起こり、
場合によってはコントロール不能や空中分解にすらいたります。

爆撃の場合迎撃が難しく破壊力もあり命中精度が高いため
色々な対策をした急降下爆撃機などありますが
すなわち特殊な機材と技術がないとできません。
で、そんな不安定な状態で一発食らえば
片羽を変な方向に折った紙飛行機が
狙ったところに飛んでくかとかそんな話です。
力強くぶん投げるほどあさっての方向に飛んでいくと思います。

成功率に関しては、
分母を出撃にするのか突入にするのか
分子を撃沈のみか大破小破至近弾をいれるのか
人的被害で評価するのか
迎撃能力のない輸送艦は外すのかとか色々で…。

数字を解釈する人次第みたいなところがあるので何とも言えません

197 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 06:08:08 ID:???
>>195
海軍機1298機、陸軍機1185機、うち命中したもの243機、至近に落着(多少の損害は発生)165機、合わせて命中率は16.4%。
迎撃戦闘機の網を抜けて上空に達した特攻機に限った場合、命中率は一時期56%もあったが、だんだん低下している。
なお護衛空母を除くと、巡洋艦以上のサイズの軍艦で沈んだものは無く、大破どまり。

198 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 07:07:28 ID:xAQIGDjr
銃弾の威力ってどうやって計算するんですか?
例えばショットガンのスラッグ弾と
M21の弾のどっちがダメージを与えられるんでしょうか?

199 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 08:21:46 ID:???
>>198
ttp://homepage3.nifty.com/sweeper/gun/burret/burret2.htm

M21の7.62mmとスラグは射程が違うのでなんとも
スラグの有効射程距離(100mぐらいかな)内なら、スラグ。
まあ人相手に撃つ限りは、7.62mmでもただでは済まないことに違いないかと思います。

200 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 08:37:30 ID:qQin487n
>>199
ありがとうございます
1ジュールや1初活力とはどのぐらいの威力があるんでしょうか?
そのサイトにはかいてありませんでした
例えば車に乗っている人間を外から狙ったとしたら
ドアを突き破ってドライバーを殺せるんでしょうか?
ただでは済まないって具体的にはどうなるんでしょう?
その場で爆散して原型をとどめないくらいの小さい肉片になる?
あるいはよく映画でやってるみたいに後方に10mくらい吹き飛ぶ?

201 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 10:59:11 ID:???
エネルギー=威力ってわけでもないし、対象によって効果は変化する。
ので、状況を限定して比較するのが吉。

202 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 11:03:07 ID:n9g8mfa7
この前「硫黄島からの手紙」という映画を見たのですが
硫黄島に上陸する米軍の船とかが凄い数でびっくりしました。
例えば、仮に硫黄島周辺に現代のイージス艦とF22が10機くらい存在していたら
アメリカを撃退できたのでしょうか?
当時の戦闘機でF何とか戦闘機て撃墜できるもの?

203 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 11:17:16 ID:???
せめて空母がないと無理、戦闘機だけではどうしようもない
イージス艦が多数あればもしかしたらだけど一隻じゃね

F22は基本的に当時の戦闘機じゃ撃墜不可能

204 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 11:37:23 ID:TKHhGZww
自衛隊が訓練に米軍の英語のマニュアルを使ってると聞いたんですが
こういったことって世界各国で当り前なんでしょうか?
例えば韓国軍は英語のマニュアルで訓練してるんですか?

205 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 12:28:28 ID:???
>>204
テンプレの>>3
そういう、他で聞いたのですが,本当ですか?等という質問はどこで聞いたのか、
ソースをだしてください。
米国製兵器の訓練だと英文だろうけど。

206 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 13:00:50 ID:nz5Lf1Uf
以前見たモノクロ写真で、丸刈りの男が裸にされ何百人もの軍艦の乗員に包囲されて雑巾がけをさせられていたのですが
・捕虜になった日本軍パイロットが虐待されてる
・規則を破ったアメリカ兵の見せしめ
の両方の説を聞いたんですが、状況的にはどちらの方が正解に近いんでしょうか

207 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 13:04:48 ID:???
>>181
コルト45のダブルカラムは、理想とされてて、FBIのHRTなんかも採用して見た事がある。
だけど、実際の所は信頼性不足でジャムが頻発。スタンダードなシングル式に戻した。
9mmと違って、45の大きな弾をダブルカラムにしつつ、信頼性を確保するのは難しい。
両立してもグロックみたく、やたら太いグリップになったりする。

後、特殊作戦用途の開発要求として、アンダーレイルやサイレンサーアタッチメントの他に
海水への対策とか、他の部隊より弾薬消費量も多いんで、そこらへんの耐久性を上げたりする事が多い。

208 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 13:26:55 ID:???
>>206
この写真の記憶違いだろう。
ttp://www.ww2incolor.com/d/3238-5/japanese-prisoner.jpg

209 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 13:52:09 ID:yq2RbGEK
特殊潜航艇の九軍神ですけど、彼らを「軍神」として称える意味はあったのでしょうか?
酷な言い方ですが彼らはまともに戦果を挙げておらず、航空隊の戦死者のほうが軍神として適切だと思います。
だいいち「二人乗りの潜航艇が5隻出撃して、軍神となったのが9人。じゃ残りの一人は?」
なんていらぬ疑問を広めてやぶへびな結果にしかならなかった気がするのですが。
あるいは甲標的の開発者が偉い人で、彼へのおもむねりだとかいった理由があるのでしょうか。

210 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 14:24:41 ID:???
>>209
>>彼らはまともに戦果を挙げておらず、

開戦当初の勝ち戦の時に「無謀な作戦に兵を送り出して犬死させちゃいました」なんてことを言って何の得がある?


211 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 15:46:45 ID:???
>>209
アリゾナに魚雷を命中させたらしいというのが最新の説
決してろくな戦果を挙げていなかったわけじゃない

二番煎じを狙ってシドニー湾に突入させたのは
どうかとは思うが

212 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 16:01:11 ID:???
>>170
社畜宣言乙

213 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 16:14:59 ID:???
甲標的は、運用方法さえ間違えなければ十分に使いどころのある兵器だったぞ。

214 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 16:18:00 ID:???
>>202
F‐2が10機とそれを運用できる施設・資材があれば容易に撃退可能

215 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 16:59:42 ID:???
>>209
国を代表する名将の類を別にすれば
軍神というのは大きな戦果を挙げた人物ではなく
凄絶な戦死を遂げた人物が讃えられて称されるもの。
現に広瀬武夫は失敗した作戦によって軍神になっている。
その点で空母攻撃隊に比べ
特殊潜航艇の死亡率90%というのは特筆的。
また戦死したから軍神なわけで
10人中9人軍神なら1人は生還したと思われるだけのこと。

それに日本軍の特殊潜航艇というのは
主力艦に対する攻撃を成功させた例も真珠湾だけではないし
戦争の全期間を通して少なくない戦果をあげていた。

216 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:00:17 ID:???
最強の地対空兵器は何ですか?

217 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:08:55 ID:???
竹やり

218 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:11:57 ID:oEP0oNKX
火縄銃に銃床がついていなかったのは
当時はまだ銃床が開発されていなかったのでしょうか?
それとも火縄銃の特性上、あえてつけなかったのでしょうか?
命中率が低いため単独で撃つ事もないから、そこまで反動にこだわる必要も無いし
先込め式なので装填のしやすさを優先するためにつけなかったという理由も考えられますがどうでしょうか?

219 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:29:50 ID:???
>>218
日本の火縄銃に銃床が付いてないのは単に日本に伝来した火縄銃がそうだったから
ヨーロッパのは付いてる

220 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:34:02 ID:???
>>218
鉄砲伝来が海上ルートからだってこと忘れちゃいけない
船の上ではなるべくサイズを小さくする必要があったんで
漂着したポルトガル船にも
銃床をなくしたタイプが持ち込まれていた

日本が中国大陸と陸続きだったら
銃床つきのやつが入ってたはずだよ

221 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 17:37:04 ID:Dh1bup54
>218
>火縄銃に銃床がついていなかったのは
>当時はまだ銃床が開発されていなかったのでしょうか?
>それとも火縄銃の特性上、あえてつけなかったのでしょうか?
>命中率が低いため単独で撃つ事もないから、そこまで反動にこだわる必要も無い>し
>先込め式なので装填のしやすさを優先するためにつけなかったという理由も考え>られますがどうでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「鳥撃銃というのは、ポルトガル人が持ってきたもの、
アラビアより東の地域の植民地を中心に広く普及していたもの」です。

説明。
「鳥撃銃というのは、ポルトガル人が持ってきたもの、
アラビアより東の地域の植民地を中心に広く普及していたものと
説明させていただいたわけなので、
日本国内でそう呼ばれていたわけじゃないです。
鳥撃銃とされていたものが、日本では火縄銃という軍用銃として
たいへんもてはやされたという論旨だったわけですから
少し考えれば、道理がわかると思います」。

「基本的に”ヨーロッパ”での軍用銃は”肩撃式”という、
ま、今の平凡な小銃と同じような銃床のものです。反動を肩で受けます。
これに対して火縄銃は頬撃式といって、頬に銃を当てて照準するものです。
ものによっては、大口径のものは股のつけにに当てて発砲するような
ものもありますが、あれはむしろ日本独特の形態。
ま、肩撃式か脚のついたマッチロック式が、フリントロック普及前の
軍用銃ということです。
ちなみに肩撃式はもう15世紀の終わりには登場していたので、
小銃の普及とほぼ前後するようなかたちです」

下記、種子島銃のその後を参照ください。
ttp://okwave.jp/qa/q3038324.html

222 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:37:46 ID:???
今で言うならいきなりカービンが伝わったようなもん?


223 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 17:46:45 ID:Dh1bup54
>195
>戦艦に体当たりする戦闘機の神風特攻って戦艦に到達する前に
>打ち落とされて海に沈むとかあったと思うんですが、
>戦艦の真上から突撃していたら、たとえ打ち落とされても
>体当たりはできたんじゃないでしょうか?
>艦船に対する戦闘機の特攻のうち成功したのは稀なほうなんでしょうか?
>そういう何パーセントが成功したとかいうデータはあるんでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「でき」ません!

説明。
翼の揚力があるからです。

普通の戦闘機は主翼があり、それに揚力が加わって飛行できます。
「戦艦の真上から突撃し」ようとしても、揚力のため、外れてしまうのです。

もし、うまく体当たりできたとしても、そのスピードは戦闘機の飛行のスピードです。
爆弾を落下させて加速度が付いたものではありません。
装甲を施した戦艦にはほとんど効果がありませんでした。

224 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:48:30 ID:???
ポップアップするタイプの対艦ミサイルも揚力で飛ぶんだけど。

225 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 17:50:34 ID:???
>>223
回転すればいいんじゃないの?とおもったけどアニメの見すぎ?


226 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 17:53:53 ID:Dh1bup54
>154
>現代の軍用航空機も、中古になれば他国に輸出するってのは可能なんですか?
>例えば日本のファントムUを、どっかの途上国に売り飛ばすとか・・・

霞ヶ浦の住人の回答。
可能です。

説明。
中古機の市場があります。
世界中には、金持ち日本みたいに新造の軍用航空機しか使わないという国ばかりではないのです。
中古機でも十分に使えます。
ただ、自由に売買できるとは限りません。
原生産国の承認が必要な場合もあります。

227 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 18:00:17 ID:???
>>195
当時の機体とパイロットの腕では、急降下中に修正しながら艦体に向かって突っ込んでいく
のはほぼ不可能に近いと思うよ。高い撃墜の可能性があっても、ある程度の水平飛行をしつつ
修正を加えていく航法の方が、まだ効果は見込めると思われ。

まぁ、どっちにしろ無駄な死なんだけどね。

228 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 18:01:11 ID:Dh1bup54
>145
>明治以降の日本軍は
>陸軍と海軍に分かれていますが、
>分裂した軍は日本だけが特殊ですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
違います。

説明。
軍を一元管理している方が特殊でした。
それを、世界標準に沿って、「陸軍と海軍に分」けたのです。

「兵部省 (明治時代) [編集]
明治時代に設置された省庁の一つ。国の防衛と治安維持を管轄する機関。現代の防衛省にあたる。
王政復古によって、征夷大将軍が廃止されたことにより、その他の朝廷の省には、権威が複活することとなった。
明治2年7月8日(1869年8月15日)の官制大改革により軍務官に代わって軍事防衛を司る機関として改編された。
兵部卿には小松宮彰仁親王が就いたが、実務は次官である大輔が執り行った。
明治5年2月27日(1872年4月4日)に政府の軍事防衛に対する方針の転換により廃止された。
兵部省廃止後、薩摩閥および長州閥からの要望により、陸軍省と海軍省が新設された。」

下記、ウィキペディアの兵部省の兵部省 (明治時代)を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E9%83%A8%E7%9C%81

229 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 18:10:43 ID:Dh1bup54
>120
>「統帥権」という概念は、政治化が政争に使い始めてから、「お、こりゃいいぞ」>とばかりに軍人も利用しだしたんですか?
>それとも、軍人はずっと前から「統帥権は俺たちのものだ!」と主張していたん>ですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
1930年のロンドン軍縮条約のときからです。

説明。
「表面化 [編集]
だが海軍軍令部総長加藤寛治大将などロンドン海軍軍縮条約の、強行反対派(艦隊派)は、
統帥権を拡大解釈し、兵力量の決定も統帥権に関係するとして、浜口雄幸内閣が海軍軍令部の意に反して軍縮条約を締結したのは、
統帥権の独立を犯したものだとして攻撃した。
1930年(昭和5年)4月下旬に始まった帝国議会衆議院本会議で、野党の政友会総裁の犬養毅と鳩山一郎は、ロンドン海軍軍縮条約は、軍令部が要求していた補助艦の対米比7割には満たない」
[4]「軍令部の反対意見を無視した条約調印は統帥権の干犯である」と政府を攻撃した。
元内閣法制局長官で法学者だった枢密院議長倉富勇三郎も統帥権干犯に同調する動きを見せた。
6月軍令部総長加藤寛治大将は昭和天皇に帷幄上奏し辞職した。この騒動は、民間の右翼団体をも巻き込んだ。
条約の批准権は昭和天皇にあった。浜口雄幸総理はそのような反対論を押し切り帝国議会で可決を得、
その後昭和天皇に裁可を求め上奏した。
昭和天皇は枢密院へ諮詢、倉富の意に反し10月1日同院本会議で可決、翌日昭和天皇は裁可した。
こうしてロンドン海軍軍縮条約は批准を実現した」

下記、ウィキペディアの統帥権の2 統帥権干犯問題の表面化を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%B8%A5%E6%A8%A9

230 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 18:12:44 ID:???
突入前に翼を切り離して機尾に装着したロケットに点火すれば確実に突入できる。
これなら真上からのカミカゼアタックの命中率が飛躍的に向上する

231 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 18:19:33 ID:Dh1bup54
>119
>自衛隊ではSu-27の輸入を検討していたようですが。
>なぜ購入できなかったんですか?
>デジタル機器とか色々組み込んで自国仕様とかすれば良かったのに。

霞ヶ浦の住人の回答。
日本の航空自衛隊が、アメリカ製以外の主力戦闘機を採用することは、霞ヶ浦の住人には想像できません。

説明。
これまでも、日本は次期主力戦闘機の候補として、西ヨーロッパ製の機体を検討してきました。
しかし、それは単なるポーズでした。
日本が防衛でアメリカに負んぶされている状態で、アメリカの利益を無視して、アメリカ以外の国の機体を主力戦闘機に採用するなど、できません。
しかも、元の冷戦相手、現在も脅威は続いています。
そのロシア製なんて、あり得ないと、想像します。

232 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 18:20:04 ID:???
>>221
間違いです。
鳥撃銃だけが日本の火縄銃の元ではありません。

国立歴史民俗博物館の展示概要にあるように
http://www.rekihaku.ac.jp/events/p061003.html
種子島に流れ着いた船にポルトガル人は乗っていましたが、それは中国のジャンク船で、
指揮をとっていたのは倭寇(わこう)の大頭目・王直(おうちょく)(五峰(ごほう))でした。
伝えられた鉄炮も、発火機(はっかき)の構造や銃床の形などからみて、ヨーロッパ製ではなく東南アジア製と考えるのが妥当です。
また、16世紀中ごろのものとして「南蛮筒(なんばんづつ)」とよばれる外国から伝来した鉄炮や、
それを真似て日本で作られた「異風筒(いふうづつ)」とよばれる鉄炮が数多く残されていますが、
それらの形が千差万別であることから、いろいろな場所に様々な形状の鉄炮がほぼ同時期に伝来したものであり、
「種子島」は、実はその中の一例に過ぎないと考えられます。



233 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 18:21:16 ID:???
>>230
根本的に真上に侵入するのが急降下もしくは緩降下で直接ぶつかるより
対空放火にさらされる時間が長くなり難しいけどな。

234 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 18:29:15 ID:Dh1bup54
>29
>戦中には相撲取りも徴兵されましたよね?
>体を軍服に合わせろという日本軍のこと、相撲取りも軍服に合うまでフルボッコ>にされながら減量させられたんですか?

>37
>29
>戦前、戦中の力士はソップ型の力士がほとんどなので、支障は無かった。
>先代の貴乃花くらいの力士でさえ大きいといわれてた時代だぞ。
>さすがに合う服が無い巨漢力士だと、不適格で、すぐ除隊。
>部隊に配置されても相撲取りというのは、中隊本部付きとかで大人気だったそうだ。

霞ヶ浦の住人の回答。
相撲取りは、実際には入隊しなかった例が多いです。

説明。
召集令状が来て、軍に出頭するのですが、体に合う軍服や軍靴が無いとの理由で、即日帰郷した例が多いです。

勿論、本当に入隊した相撲取りも多かったです。

235 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 18:45:43 ID:Dh1bup54
>15
>前スレ983
>前スレ883とは別人だが質問。
>旧日本海軍で、叩き上げで特務士官になるってかなり大変だったの?
>学校出の士官とは待遇が違ったらしいし、簡単に上げてもそんなに困ら
>なかったんじゃないかと思ってんだが。

霞ヶ浦の住人の回答。
「かなり大変」でした。

説明。
陸軍は、毎年入る新兵のほとんどは、除隊して民間人になります。
軍隊に残って、職業軍人になろうという人は少なかったです。
海軍は、年に2回の入隊がありました。
1回は志願兵です。
もう1回は徴兵です。
志願兵のほとんどは、長期に軍に服務して、職業軍人になろうとする人たちでした。
徴兵も入隊して、各種の学校に入ると、義務年限が志願兵と同じになり、職業軍人を目指すことになります。
毎年入るそれらの人々を伍して、下士官になり、更に「特務士官になるってかなり大変」でした。

「学校出の士官とは待遇が違った」というのは、同じ階級でも、特務士官の方が給料が高かったです。
「学校出の士官」は、若い独身者です。
特務士官は、年取った家族持ちです。
必要とする生活費が番うから当然です。

下記、海軍階級表一覧を参照ください。
ttp://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun35.html

236 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 19:10:10 ID:Dh1bup54
>98
>福崎は前の人が死亡したり意識を失ったら後ろの人が元気いっぱいでも
>なすすべもなく墜落してしまうんですか?
>後席補助操縦装置とか、そういうのはないの?練習機は除く。
>現代機は脱出機構が万全だからよさそうだけど大戦期の単発機とか
>飛行中に席を変わるなんて難しそうだし、
>補助操縦装置がないと後ろの人が元気いっぱいのまま落ちていったの?

霞ヶ浦の住人の回答。
そうです。

説明。
第二次世界大戦中の日本軍機ではよくあったことです。

237 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:12:50 ID:DDU64Pyt
米軍はほかの同盟国の地域住民にも日本と同じように嫌われているんでしょうか

238 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:28:39 ID:???
>>237
そんな嫌ってるひとが居ないなんて悪魔の証明は回答不可だが。
どこにでも何の施設でも嫌っているひとがいないなんて回答できるわけないだろ。


239 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:36:45 ID:???
>>211
当時アリゾナには補修のために工作船が横付けされていたため、魚雷を命中させることは無理だった
そのことは攻撃時の航空写真から大本営にもわかっていたことで「アリゾナは無理ぞな」と言われた
しかし国民への戦果報告では、嘘を承知で特殊潜航艇の戦果として発表したのだ、そんなのアリゾナ?

240 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:39:10 ID:DDU64Pyt
>>238
住民感情について聞いているんでいささか会話が噛み合っていないように感じられるのですが

241 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/25(月) 19:41:55 ID:Dh1bup54
>149
>SFCの鋼鉄の騎士2だったかな。
>「第二次大戦後半、戦況が不利になった
>ドイツ軍は一撃必殺の自走砲ばかり作っていた」
>とあったけど、マジ?

霞ヶ浦の住人の回答。
「ばかり作っていた」は誇張です。
しかし、自走砲(駆逐戦車)の生産を増やし、戦車の生産を少なくしたのは事実です。

説明。
1 自走砲(駆逐戦車)は元々防衛に向いた兵器でした。
2 敗戦の直前で混乱しており、自走砲(駆逐戦車)の方が造り易かった。

1944年12月のバルジの戦いの攻勢の頃は、普通のティーガー戦車や、パンテル戦車が登場します。
1945年5月の直前のベルリンの戦いでは、自走砲(駆逐戦車)の活躍が目立ちます。

元々、自走砲(駆逐戦車)は防衛兵器です。
戦車は砲塔があり、自由に前後左右へ射撃できます。
攻撃にも防御にも使えます。
砲塔の無い自走砲(駆逐戦車)は、射界が限られます。
負けが込んでくると、自走砲(駆逐戦車)の方が役立ちます。

自走砲(駆逐戦車)は、砲塔が無いだけ、生産が楽です。
緊急に1台でも対戦車の車両が欲しい場合は、自走砲(駆逐戦車)にシフトすると、想像します。

「「防御戦闘を主たる目的とした駆逐戦車にとっては大きな問題とならず、
ドイツ駆逐戦車の中では最優秀であり、西部戦線においてヤークトパンター18両に対し戦車61両、対戦車砲9門の損害を与える戦果を挙げている」

下記、ウィキペディアのヤークトパンターの概要を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

242 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:45:07 ID:???
>>240
一番付き合いが深く、言葉の問題の少ないイギリスでも
米軍や米軍基地の存在に文句言う人はいる。

何が聞きたいのか質問の意味が不明


243 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:45:33 ID:???
>>240
日本でも厳密な比率は出してないと思うが。
このてのものは,感情でうごくし、よそからきた扇動者に左右される。
さらには、そこのマスコミがどうとでも声の大きさを操作するから、
住民感情なんてあいまいなものこのすれじゃ回答できないよ。
専門の調査機関にでもたのまないと。

244 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 19:58:11 ID:???
南ア、エジプト、ケニアを除いて、現在のアフリカ諸国の中でも
高い軍事力を持つと言われてる国って何処になるんでしょうか?

245 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 20:00:58 ID:???
>>244
その定義ならリビアだろ。

246 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 20:16:04 ID:???
>>119
まじ?自衛隊スホーイ使うんwww

247 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 20:30:56 ID:???
>>119
その話は、自衛隊がロシア軍との友好交流を進める一環として航空自衛隊のパイロットを
ロシア空軍に派遣してSu-27への試乗も行った、という話をスホーイ社が
「実はヤポーンの空軍からも引き合いが来ましてね。うちの航空機は高く評価されているんです」
というセールストークの一環として広めた結果変に有名になってしまったもの。

実際に航空自衛隊がSu−27を導入しても、整備の体系が全然違う機体を導入しなければいけないので
整備教育の切り替えとかで無用な経費が掛かる。
電子機器を変更したりしたらそれだけでもの凄いカネがかかるから、それならその予算でF-2でも
追加発注した方がよっぽど得だ、ということになっただけだろう。

ちなみに「自衛隊がSu−27を導入したら」という写真があるが、これは有名なコラ画像。

248 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 20:35:03 ID:HVrKNer9
ライフルやハンドガン用のスコープはありますがショットガン用のスコープもあるんでしょうか?
あるとしたら何倍率くらいでしょうか?

249 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 20:50:16 ID:???
>>237
一般論としていえば駐留米軍への反感というのは日本特有の問題ではない。
韓国などは日本より反米軍運動が激しい部分がある。

日本のように、やはり犯罪が摩擦の最大の原因で
1990年代に女性が米兵にレイプされ、
全身殴打されたうえに性器や肛門に傘などを突き刺されて惨殺された事件がおこり
米韓協定があるため犯人も十分に処罰されなかったため
それをきっかけにして反米軍運動が本格化していった。

250 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:03:31 ID:???
>>248
「ショットガン スコープ」などで検索してみましょう。

251 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:13:56 ID:???
>>237
俺はキャンプ座間と厚木基地の間くらいに住んでるけど、
嫌われてるって感じではないなあ。

あ、キャンプ座間の米軍施設内のゴルフ場からボールが飛んできて危険だ、
とかいう話はあったけど、あんまり盛り上がってないなあ。

252 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:30:45 ID:???
>>251みたいな工作員が必死になって世論工作しようとしてるが
まあ基地を是とする自治体なんて皆無だしな

253 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:34:20 ID:???
>>232
「日本に伝来した銃は東南アジア製のものである」というのは有力な説の一つではありますが
定説と呼べるほどに根拠があるものじゃありません
その説を裏付けるべき要素とされるもののほとんどが傍証に過ぎず証拠たりえないものばかりだからです

例えば民博の特別展示でその証拠の一つとして展示されていた日本製と東南アジア製の2種類の火縄銃が
日本製の作りが粗雑で甘く、東南アジア製のものが精緻であることから
「この2丁の銃をみれば分かるとおり、、日本製は東南アジアのものをコピーしたものだ」と称していましたが
実は展示銃は両方とも後代(江戸中期)になってから作られたものであり「起源」を謳うには新しすぎます

「東南アジア伝来説」を裏付けるための決定的な証拠としては、
例えば東南アジアに日本の国友や堺に相当する「銃砲生産地」の記録や遺跡が見つかることですが、
未だそういったものは発見されていません

鉄砲(炮)伝来については長らく定説とされて教科書にまで載っていた「鉄炮記」が
実は種子島家のプロパガンダ書物であり根拠については怪しいものだってことが広まって以降、
諸説入り乱れていてどんな説についても「言ったモン勝ち」なところがある分野だったりします

確実に言えるのはおっしゃっている通り
「いろいろな場所に様々な形状の鉄炮がほぼ同時期に伝来した」という程度の事でしょう

254 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:43:00 ID:???
>>252
いや、住んで見りゃ判るよ。
ちなみに、座間市は基地容認してるよ?

(つか、日産が撤退したため、財政的にも基地がなくなると困る)

255 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 21:45:17 ID:???
>>251
> >>251みたいな工作員が必死になって世論工作しようとしてるが
> まあ基地を是とする自治体なんて皆無だしな
工作員自己紹介乙

256 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 22:46:01 ID:fpf4uPA5
もしオサマ・ビンラディンが捕縛されたら、その後の予定って決まってるんでしょうか?
国際司法機関で裁かれるんですか?それともアメリカに移送されて裁判を受けるんですか?

257 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 22:46:42 ID:AbFSBBoI
海上自衛隊が、創設以来未だに固定翼機航空母艦を保有できない一番の理由を教えてください。

今現在、日本國海上自衛隊は世界でも5本の指に入る大海軍なのに何故でしょうか?

258 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 22:59:17 ID:2t5DMsDc
第12SS装甲師団って、いわゆる「子ども兵」の部隊なのですか?

259 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:08:26 ID:???
遅レスですが>154
空自から引退したF104Jが、アメリカ経由で台湾空軍に貸与されて使われたケース有り。


260 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:08:38 ID:???
>>253
うぜーよ
議論は派生でやれよ

261 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:15:19 ID:???
>>258
1943年に1926年生まれのヒトラーユーゲント団員から募った志願者から編成されてる。
つまり編成時には大体17歳で、その1年後にノルマンディで初陣を勤めてる。
下士官将校は第1SS装甲師団LAHから選抜されているのでもちろん成年。
さらにノルマンディ戦での大損害を経て44年の冬に再編成された時には空軍や海軍の余剰兵員が転籍して編入されてる。

262 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:17:03 ID:???
独ソ戦初期によく重装甲・重武装のKVが十字路に居座った為に、部隊が2週間も立ち往生したとか、88mm対戦車砲で
始末しようとしたら逆にやられてしまったとか言われていますよね?
しかし独ソ戦の初期は制空権はドイツのものだったんですから、スツーカや爆撃機を呼んで攻撃してもらえなかったんですか?
特にスツーカの急降下精密爆撃なら、イチコロだったんじゃないんでしょうか?

263 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:20:13 ID:AbFSBBoI
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。


264 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:29:59 ID:???
>>259
それ、厳密に言うとアメリカの援助協定で受け取ったものの返却分じゃなかったか。

265 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:30:04 ID:AbFSBBoI
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。


266 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:37:18 ID:???
帝国の定義って何ですか?
どういう国が帝国と名乗れるんですか?

267 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:39:10 ID:???
軍人って、標準的な体力と標準的な根性があれば勤まるってマジですか?
日本軍では、軍人になったのは(根こそぎ動員の時は別として)甲種、乙種とかいう運動神経のいい人たちですよね?

268 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:39:13 ID:???
ドイツには地中海への要衝であるジブラルタル要塞への侵攻作戦は無かったの?

269 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:39:51 ID:2DLdNl4B
タモさんは、愛国者なんですか?
それとも、愛国で商売をしようとしているだけなんですか?

270 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:50:23 ID:???
それ、両立するじゃん

271 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:55:25 ID:jWyjJwdD
ノルマンディー上陸作戦において、どうも調べたら
アメリカ海兵隊が参加してないようでした
なぜ、上陸戦のプロである海兵隊は投入されなかったんでしょうか?
太平洋で使うからやめておこうとか思ったんですかね?

272 名前:名無し三等兵 :2010/01/25(月) 23:57:47 ID:???
>>271
そのとおり、海洋での島の奪い合いがほとんどの太平洋戦線に投入されたから。

273 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:09:59 ID:MfZRaapq
本当なら外交板で聞くべきでしょうが
軍事も関わっているのでここで質問します

外交の起源がわかりません
もし外交という概念が無かったらそれこそ「こんにちは、死ね!」みたいに遭遇後即戦争ばっかりになると思うのですが
歴史ではいつの間にか異なる国家同士(あるいは異なる部族同士)の関係として外交が出来ています

もしかして外交の起源というのは
「軍事力では敵いそうにも無い(あるいは勝てるかどうかわからない)」

とりあえず仲良くしとこう(外交の完成)
なのでしょうか?

274 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:15:48 ID:???
なんで外交より先に戦争があると思ったの?

275 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:19:37 ID:???
>>273
きげんは物々交換だろ。

276 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:24:54 ID:???
>>266
その国の名目的な政治体制による
多国家の集合体なら連邦
共和制を敷いてれば共和国
ナントカ王がトップなら王国
ナントカ公なら公国
ナントカ帝なら帝国


277 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:27:14 ID:???
というか外交の一部、交渉の最終手段が戦争なんだけどなぁ・・

278 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 00:33:41 ID:???
>>277
軍事板で質問する手段だから、そんなこと気にしてないよ。
食いつきが言いからね>軍事板

279 名前:271 :2010/01/26(火) 00:45:21 ID:rq8tGjD1
ありがとうございます

280 名前:195 :2010/01/26(火) 01:16:41 ID:???
>>196
>>197
m(__)m


281 名前:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2010/01/26(火) 01:38:21 ID:???
>>181
Mk23は米軍のSOCOMピストルの要求仕様を受けて
USPを元にしてコルトとの競作で開発されたものですが
主に、耐久性を重視して設計された為、銃本体が大きく重くなっています
これは拳銃を単独の主武装として遂行される任務等を想定したもので
軍用拳銃としては異端の存在でもあります、
その為、一般用に.45ACP仕様のUSP45を改めて開発したのです
USP45が丁度Mk23を小型化した様な外観を持つのはこのような理由からで
通常の軍・警察用拳銃や一般向けには、耐久性はそこそこで小型軽量である方が
市場のニーズに適合するのです。
>>218
銃床自体はクロスボウの時代に発明されたものです
ですから寧ろ極初期からマスケットには銃床が備えられたものが有りました
日本で銃床の無いデザインが主流になったのは、
日本の火縄銃を使う戦術には、銃床が必要無かった事情もあります。

282 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 01:46:40 ID:???
>>281
Mk23って馬鹿みたいにでかいからなぁ…拳銃としては持ちたくないわ
メインアームならもうちょっと嵩張ってもいいから普通にアサルトカービンかサブマシンガンが欲しいし


283 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 02:19:13 ID:???
>>262
二週間ってのはどんな資料に書いてあったんだ?いわゆる「街道上の怪物」ならドイツ軍が足止めを食ったのは丸一日でしかないんだが。
ちなみにこれ、昔はKV-1だと思われていたが、近年ではKV-2であったことが判明、写真もある。

284 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 02:30:20 ID:xI8bN53v
「海自の金曜カレーは海軍以来の伝統」
は本当なんでしょうか?
海自で以前は土曜に提供されていたらしいですし。
いつ頃からの文化なのか知っている人いますか?

285 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 03:05:11 ID:???
>>284
コピペ乙
お前がどんだけ妨害しようと
このスレは1000でも10000でも永遠に続くんだ
お前はそうやって一生無駄な時間を送ってろw

286 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 03:19:31 ID:xI8bN53v
もしミッドウェー作戦やFS作戦ではなく、五号作戦やインド洋方面に力を入れて
独伊と連携してイギリスを屈服させる西亜打通作戦の方を優先して実施していれば
枢軸国に勝機はあったでしょうか?

287 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 03:25:46 ID:???
兵器に美的センスとかデザインって必要ありますか?
例えばの話その形に意味があればそれこそ「蓮コラ」みたいな
イボや窪みが全面にびっしり付いてるとか、
さらにはH・G・ギーガーのデザインしたクリーチャーのような
生理的な嫌悪感を催すものであってもなんら問題はないですよね?
むしろ子供だましの玩具のようなデザインより、
それこそ見るのも憚る、触るのもおぞましい位の方が
敵に心理的なダメージも与えられて一石二鳥だと思うのですが?

288 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 03:27:16 ID:???
あぼ〜ん表示が続いてるから、またコピペ貼ってるな馬鹿が。

289 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 06:44:18 ID:???
>>284
オリエンタルカレー発売からです

290 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 08:15:27 ID:???
>>283
光栄の「ヨーロッパ戦線攻略ガイド」に書いてありました。

291 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 09:09:11 ID:xbuBRwYB
ライフルとピストルだとピストルの方が弾が大きいのはどうしてですか?
調べたらライフルの弾の方が軽いみたいだし
もしかしてライフルの弾の方が弱いんでしょうか?

292 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 09:31:50 ID:???
>>291
薬莢(カートリッジ)の長さはライフル弾のほうが圧倒的に
長いですよ。それだけ装薬量も多く、弾速は早い(超音速)のため、
破壊力は大きいです。拳銃は口径はなるほどライフルよりも
大きいもの(.45ACPとか.50AEとか)もありますが、薬莢が短いために
装薬量が少なく、それだけ破壊力は小さくなります。ただ、近距離
では口径が大きければ、それだけ阻止能力(ストッピング・パワー)が
大きいと、一般に信じられています。

293 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 13:29:47 ID:RCeUnXs/
Su-30とSu-27の見分け方を教えてください

294 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 13:58:14 ID:???
あと、T34の工場ごとの見分け方も教えてください

295 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:00:00 ID:???
それとメルカバのバリエーションの見分け方も教えてください

296 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:09:57 ID:???
ネット右翼と酷使様の見分け方もきぼん

297 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:30:03 ID:???
蟹様と居酒屋のちがい

298 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:38:01 ID:???
ネトウヨ呼ばわりされるのが軍事板
酷使様が集まるのが戦争板

299 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:40:01 ID:???
教えてもらっても礼もいわない馬鹿と、礼以前に文句つけてくる馬鹿の違い

300 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:44:36 ID:???
>>287
>生理的な嫌悪感を催すものであってもなんら問題はないですよね?
 兵器と言っても、商品でもあるのをお忘れなく。性能が同じならキモイ物を買う客はあまりいない。
 また、自軍兵士や自国民も見るのに、そんなんでは士気に関わるでしょ。

 まあ、見た目だけで敵が降参してくれれば、それも性能の内でしょうが、まずあり得ないので、
そんなことを考えのはバカです。
 

301 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 14:46:01 ID:???
>>290
ゲームの攻略本かい!それは単なる間違い。
どんな状況だったかは、大日本絵画・オスプレイ世界の戦車イラストレイテッドシリーズ「KV-1&KV-2重戦車1939-1945」に詳しい。
軽戦車だけの第6戦車師団が手も足も出ず、前進していた第1戦車師団が戻って支援しなくてはならず、このためレニングラード
への到着が遅れ、ソ連軍第2戦車師団の全滅が一日先延ばしになった程度のもの。航空支援を要請しなかった理由は不明。

302 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 15:02:18 ID:???
>>293
http://sukhoi.masdf.com/var.html
>>294
http://homepage3.nifty.com/tsaoki/maniacs/t34/taxonomy/index.htm

303 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 15:21:17 ID:uQs1keRC
質問です。
敵地or敵艦船の攻撃に向かう航空機を制空戦闘機が護衛する場合について(F-15がイラクバグダッド上空でCAPを行ったオシラク作戦など)。
前者は低空侵入・攻撃を行うことで敵の対空ミサイルの脅威から回避できますが、
随伴する後者は比較的高高度で作戦を行うのでこれに対して虚弱ではないですか?
敵地上空で作戦を行う制空戦闘機がどうやって地対空ミサイルに対処するのか疑問に思っています。
詳しい方がいらっしゃいましたら御教授願います。

例えば、対艦攻撃に向かうF-2をF-15Jが護衛するという内容の書き込みをよく見かけます。
F-2はシースキーミングを行うことで敵艦船のレーダー探知を潜り抜けますが、制空目的のF-15はこれが行えません。
敵戦闘機が敵艦船の防空圏内にいる場合、F-15がどうやってこれを掃討する前提なのでしょうか?

304 名前:293 :2010/01/26(火) 15:22:24 ID:RCeUnXs/
>>302
外観だけでは見分け方は難しいそうですね。


305 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 15:35:14 ID:cX7WZVtq
仮に自衛隊の給料と社会保障を米軍タイプにしたら、人件費が浮いて同じ予算で従来よりも人件費以外への予算配分を増やす事はできますか?
遺族年金や医療保険は高価かもしれないけど、日本はアメリカのように定期的に戦争が起きたりする訳ではないし、アメリカほど金がかかるとは思えないのですが。

306 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 15:41:02 ID:???
>>304
27→単座(ただし複座型もあり)
30→複座
コックピットの形状で区別できる

307 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 15:46:17 ID:???
>>305
今以上に人が集まらなくなるのでやぶへび

308 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 16:00:00 ID:???
>>305
いっそ北朝鮮みたく全部自弁にすればOK

309 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 17:32:10 ID:7Ixzx6Q7
機関銃で遊ぶアホな米兵
http://www.youtube.com/watch?v=CMsuBmtxj1c&feature=related

この機関銃の弾は一発幾らくらいですか?
アメリカ軍ではこういう風に勝手に撃っても問題ないのでしょうか?

310 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 17:45:34 ID:xbuBRwYB
ブーメランが武器として使われていたことがあるときいたんですが
現代でも軍用ブーメランは存在しますか?

311 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 17:52:45 ID:/S/+Jeej
>271
>ノルマンディー上陸作戦において、どうも調べたら
>アメリカ海兵隊が参加してないようでした
>なぜ、上陸戦のプロである海兵隊は投入されなかったんでしょうか?
>太平洋で使うからやめておこうとか思ったんですかね?

霞ヶ浦の住人の回答。
その通りです。

説明。
しかし、陸軍への上陸作戦の指導は海兵隊が協力しました。

第一次世界大戦では、アメリカ海兵隊はヨーロッパ戦線へ派遣されました。
実戦に出なかったら、存在意義がなくなるとの危機感からと想像します。
そのため、わざわざ編成を陸軍風に変更しました。
第二次世界大戦では、太平洋に戦場がたくさんあります。
ヨーロッパ戦線へ派遣する意味はありませんでした。

それと、海兵隊と陸軍が同じ戦場に出ると、組織間のいさかいが起きます。
海兵隊の将官が、陸軍の将官を解任した、スミス対スミス事件があります。
陸軍だけにして、スムースに行くようにしたのではと、想像します。
「スミス対スミス事件
上官の海兵中将が部下の陸軍少将を更迭したことによって起きた事件。
第二次世界大戦中における、陸軍が海兵隊を如何に見下していたかを物語る事件である。
アメリカ軍によるサイパン上陸戦の最中、上陸軍の最高指揮官だったホーランド・M・スミス海兵中将は陸軍第27歩兵師団長のラルフ・スミス陸軍少将を戦意不足であるとして更迭した。
ホーランド・M・スミス海兵中将は指揮権を有している上官であり、なんの問題も無いことであるのだが、これを知った太平洋方面陸軍司令官リチャードソン中将は激怒し、
現場まで駆けつけてホーランド・M・スミス海兵中将を「君や君らの指揮官達は、陸軍将官のように大部隊を指揮する訓練を受けていないし、その能力もない。にも関わらず、
俺の部下を動かすとは何ごとだ。君ら海兵隊は波打ち際を走るだけの群れではないか。陸上での戦いを知っているのか」と面罵した。
この事件はタイム・ラルフ社のロバート・シェロッド記者により、ライフ、タイム両誌に大きく取り上げられたことで一躍大問題となった」
下記、スミス対スミス事件を参照ください。
ttp://www.wdic.org/w/MILI/%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%BE%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6

312 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 17:59:11 ID:Dl9sPp/A
ターボコンパウンドエンジンで使用された排気ガスを
さらにターボ過給器に使うことはできますか?
(排気ガスの速度や圧力が目減りしてダメ?)

313 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 18:10:16 ID:/S/+Jeej
>268
>ドイツには地中海への要衝であるジブラルタル要塞への侵攻作戦は無かったの?

霞ヶ浦の住人の回答。
「ドイツによるジブラルタル攻撃作戦計画は存在しました」。
スペインの協力を得られず、実行されませんでした。

説明。
ジブラルタルへの攻撃は、ドイツの海軍力だけでは不可能です。
陸地、つまりスペインから攻撃する必要があります。
当時のスペインは中立でした。
ドイツは枢軸側に立っての参戦を要請していました。
スペイン戦争で、ドイツに援助してもらった恩義があったのに、ソ連戦線へ義勇軍を送ってお茶を濁していました。
枢軸国と連合国、どちらが勝つか日和見していました。

「1940年に、ドイツによるジブラルタル攻撃作戦計画は存在しましたが、対ソ戦のスケジュールから、1941年2月までにスペインの全面協力を得る必要があるとされ、
1941年1月23日に、フランコとヒトラーとのアンダイユ会談が行なわれました。
ところが内戦直後のスペインにとっては、中立を破ってイギリスの侵攻を招くことは自殺行為で、フランコはジブラルタル攻撃への支援を約束しませんでした。」

下記、第二次世界大戦でナチスがスペインを占領しなかった理由を参照ください。
ttp://okwave.jp/qa/q4366779.html

314 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 18:15:51 ID:/S/+Jeej
>266
>帝国の定義って何ですか?
>どういう国が帝国と名乗れるんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
帝国(ていこく)とは、
皇帝と呼ばれる(または皇帝に相当する)君主が支配する国家のこと。
多民族・多人種・多宗教を内包しつつも大きな領域を統治する国家。この場合、君主が皇帝とは限らず、王だったり、政体が共和制であったりすることもある」。

下記、ウィキペディアの帝国を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD#.E6.A4.8D.E6.B0.91.E5.9C.B0.E5.B8.9D.E5.9B.BD

315 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 18:34:49 ID:???
こいつらをなんとかしてください
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamef/1264275904/

316 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 18:41:09 ID:???
>>315
運営に言え。


317 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 18:53:58 ID:/S/+Jeej
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 608
>948
>第二次世界大戦で日本が満州等を保ったまま戦争を回避する方法はあったのだろうか
>中国から全面撤退は辻ーんやむっちーとかを更迭すればいいけど・・・・

霞ヶ浦の住人の回答。
ありました。
「中国から全面撤退」を要求したハルノートは、日本の開戦には関係していません。

説明。
日本の中国からの前面撤退ょ要求したハルノートは、1941年11月26日に提示されました。
日本の真珠湾攻撃のための空母機動部隊は、同じ1941年11月26日に出港しています。
日本海軍はそれ以前に、計画を立て、訓練していました。

アメリカとイギリスの本心は、ドイツに関心があったのです。
「中国から全面撤退」など、たいした問題ではありませんでした。
日本がイギリスの味方になれば、石油も売ってくれました。
日本はイギリスの味方をして、海上交通線の確保に協力していれば良かったのです。
輸送船や護衛艦艇を、できれば乗組員付でイギリスへ提供して、金をもうけていれば良かったのです。

「一方、アメリカおよび日本の歴史家は、ハル・ノートにかかわりなく、基本的に日本が11月15日の御前会議で決定された国家方針により戦争を開始したのであり、
ハル・ノートは外交交渉上の一案にすぎず、大きな意味はないとしている。
アメリカの教科書や歴史書ではハル・ノートは言及されず単に日本が警告なく攻撃をしかけたと記述される。
日本の教科書でもハル・ノートに触れていないものもある。
アメリカ側から見ればハル・ノートの中国からの撤兵など厳しい対日要求も、アメリカのアジアでの基本政策の確認にすぎず、ここから交渉すべきものであり問題にはならない。
ここにはそれまでの交渉経緯や、日本が11月末で外交交渉を打ち切ろうとしている時期に交渉困難な案が軍事行動を促す可能性への考慮はない。そこではあくまで日本が先に軍事行動を行ったことが問題にされる。
秦郁彦などは11月26日に既に機動部隊が出航していることを重視し、ハル・ノートにかかわりなく既に日本は対米開戦の意志を持っていると見なしている」

下記、ウィキペディアのハル・ノートの今日の評価 の様々な評価を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

318 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:21:02 ID:???
>>317
バカスミンって、Wikiしかソースがないんですか?

319 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:29:13 ID:???
>>317
そのかすみんの珍説は過去スレにて何度も論破済み。
ドイツとの防共協定締結以降、イギリスとは中国でぶつかってたので
イギリス相手の商売は不可能です。

320 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:30:54 ID:???
>>318
適当なキーワードでぐぐるとたいていWikipediaが一番上にひっかかるから
それだしてるだけ。

321 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 19:30:55 ID:/S/+Jeej
>133
>なんで、カルテはドイツ語で書くんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
昔の日本の医学界はドイツ学派が主流でした。
そのため、ドイツ語で書く人がほとんどでした。
患者に分からないようにするとの意味もあります

しかし、「カルテをドイツ語で書いているドクターは現在ではいないと思います。
少なくとも、勤務医ではいないはずです」

下記、なぜ医者はカルテにドイツ語で書くんですか???を参照ください。
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210685942

322 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:31:59 ID:???
ちえぶくろになりました

323 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:46:47 ID:???
>>317
山本が、南雲を送り出したときにしっかり、日米交渉妥結の際は例え航空隊を送り出していても呼び戻して帰ってこいと命令しています。
つまり霞ケ浦の住人の演説は当時の事情を知らない
妄言の珍説です。

324 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:49:42 ID:???
>>322
茨城県の人間だからな、このスレが何の板にあるスレわからないんだろ。
テンプレの日本語の文章が読めないばかだからしかたない。

325 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 19:51:45 ID:/S/+Jeej
>319
>そのかすみんの珍説は過去スレにて何度も論破済み。
>ドイツとの防共協定締結以降、イギリスとは中国でぶつかってたので
>イギリス相手の商売は不可能です。

霞ヶ浦の住人の回答。
1941年時点で、イギリスのチャーチル首相は、日本との開戦を回避することを願っていました。
日本が開戦の道を突き進んだのです。
説明。
戦時の外交の基本は、敵を少なく、味方を多くすることです。その方が、勝利の可能性が増えるからです。
イギリスは日本を敵にしたくはなかったのです。本来イギリスの敵であり、チャーチルが特に嫌っていた、共産ソ連とも同盟を組みました。
チャーチルのイギリスの味方になるようにとの書簡を、日本の松岡外相は愚かにも拒絶しまた。
そのため、日本は、アメリカ、イギリスと開戦しました。そして、敗北したのです。
「チャーチルの日本への忠告
「昭和十六年夏から秋において、ドイツは果してイギリスを征服できるのか?
この問題が解決するまで待つのが日本にとって有利ではありませんか」
その少し前にドイツ軍はイギリス上陸作戦に失敗して敗退している。
今後の対策をどうするかの上層部からの問いに、独空軍総司令官ゲーリングは、「英空軍のスピットファイアーが欲しい。」と答えている。
チャーチルの松岡(日本)への誘いにはその軍事的優位性が背景にあるが、日本人は(松岡さえも)まだ英国本土におけるドイツ敗退の事実を知らなかった。
ドイツが事実を秘匿していたのである。更にチャーチルの警告は続く。「独伊軍事同盟への日本の加入はアメリカの参戦を容易にしたのではないですか、あるいはかえって困難にしたのでしょうか。
「アメリカがイギリスに味方し、日本が独伊枢軸に参加するとして、英米の優秀な海軍はヨーロッパの枢軸国を処分するとともに、日本をも処分することを可能にしたのではないですか」
「イタリアは、ドイツにとって力となるでしょうか、重荷となるでしょうか」「1941年(昭和16年)には、アメリカの鋼鉄の生産高は7500万トンになり、イギリスでは1250万トンになり、合計しておよそ9000万トンになるというのは事実ではありませんか。」
下記、チャーチルの誘いを参照ください。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/realhear2000/59041094.html

326 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 19:52:46 ID:???
>>325
他人のブログをソースにしていいのですか?

327 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/26(火) 19:54:44 ID:/S/+Jeej
>323
>317
>山本が、南雲を送り出したときにしっかり、日米交渉妥結の際は例え航空隊を送り出していても呼び戻して帰ってこいと命令しています。
>つまり霞ケ浦の住人の演説は当時の事情を知らない
>妄言の珍説です。

霞ヶ浦の住人の回答。
>317を再度掲載します。
>日本の中国からの前面撤退ょ要求したハルノートは、1941年11月26日に提示されました。
>日本の真珠湾攻撃のための空母機動部隊は、同じ1941年11月26日に出港しています。
>日本海軍はそれ以前に、計画を立て、訓練していました。

328 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:04:06 ID:???
これはカスミンが正しい

329 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:11:42 ID:???
>>327
ハルノートを手交したのはいつの時点ですか?

330 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:13:02 ID:???
>>328
本人乙

331 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:15:13 ID:???
>>327
コーデル・ハル国務長官が来栖と野村を呼んで、ハルノートを
手交したのはいつですか。カスミンさん、回答をお願いします。

332 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:16:36 ID:???
>>327
つまり、ハルノートは関係なく、日米交渉がどのような条件でも妥結すれば、
その時点で、開戦が回避されたわけだが。


333 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:16:50 ID:???
>>12
テンプレ抜けてるぞ


軍事板FAQ
http://www9.atwiki.jp/army_faq/

334 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:19:24 ID:???
>>327
開戦前、事前に計画を立て訓練するのは当たり前ですが。
かすみん、行き当たりばったりで日本軍があれだけの作戦やったと思ってるの?

335 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:21:59 ID:???
ほどよく荒れていますね(^^)/

336 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:24:07 ID:???
真珠湾攻撃の直前で引き返せば日米衝突が回避できる、ってどんだけ夢を見てるんだか、ちょっとどんだけー!
それは南方での陸軍の攻撃も止められなかったら、不可能なんだが

これはカスミンが正しい

337 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:25:02 ID:???
>>336
日米交渉が妥結すれば、開戦は回避できるよ。

338 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:27:16 ID:???
質問です。

帆船の海戦の時代には砲弾を真っ赤に焼いて大砲から発射し、
敵船に火災を起こさせる戦法があります。

しかし砲弾を真っ赤に焼いてしまったら、砲弾を大砲に装填した瞬間に
筒内の発射用の火薬と反応して砲弾が発射してしまい、照準する暇が
なく、敵船に命中させるのは困難だと思います。

実際にはどうだったんでしょうか?

339 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:31:50 ID:???
>>336
奇襲なんだから、ぎりぎりまで交渉続けるってのが前提だよな。
少なくとも外交筋は交渉を継続するわな。で、交渉が纏るならそれでよし。
駄目なら開戦。

はっきりしてるじゃないか。

南方の陸軍だって、中国大陸みたいに勝手知った場所じゃないんだし、
この時点できちんと命令出せば止まるよ。

340 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:31:54 ID:???
>>338
質問なら、IDをどうぞ。

341 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:34:52 ID:???
>>338
照準も何も当時の大砲は固定です
石を投げれば当たる距離まで引き付けて、あとは撃つだけです

342 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:41:18 ID:???
>>339
すでに作戦行動に入っているのに土壇場で中止が可能って、どんな仮想戦記なんだよw
南方に数百数千の輸送船を送りながら、空振りで同じ道を引き返してくるとでも?
日米交渉が継続可能かどうかは、当日のハル様と倭ザル野村のアポ予定時間を見ればわかることだが

これはカスミンが正しい

343 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:43:03 ID:???
>>342
関特演ではソ連まで侵攻せずに引き返しましたが何か?

344 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:44:01 ID:AddT68uI
大規模な武装勢力がいるとして
その武装勢力がアメリカの偵察衛星の目を潜り抜けて、中東のどこかに潜伏する(もちろん1か所に集まって隠れる訳ではなく)、というのは可能なんでしょうか?

もう1つ質問があるのですが
特殊部隊が「出来る限り痕跡を残さないこと」を前提として行動している時
戦闘になり、すぐに敵勢力の増援が来ることが分かっていて、その場に留まれない状況になった場合
空になった弾倉や薬莢はどうやって処理を行うのでしょうか? 弾倉はともかく、数が多い薬莢の処理となると想像がつかないのですが……

345 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:44:35 ID:???
>>343
そりゃ、侵攻すればフルボッコだっただろうな、関東軍。
機甲師団のレベルがちがいすぎ。そして、北海道までは
少なくとも占領されていただろう。

346 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:46:48 ID:???
>>344
タリバンやアルカイダは中東に潜伏していて、その発見に米軍は実際に苦労してますが。

347 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:48:32 ID:???
>>344
前段、分散して、潜伏すればいい。それに偵察衛星の通ってない時間帯に移動すればいい。
後段、戦闘を行った時点で、隠密行動が終わったと解釈すべき。

348 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:55:37 ID:AddT68uI
>>346-347
やはり戦闘を行った時点で痕跡処理の優先順位は下がるということですかね……
よく考えるとタリバンやアルカイダも武装勢力でしたね
回答、有難うございました

349 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 20:55:42 ID:i/YQW4vX
>>341 固定ではないです。元の質問はホーンブロワーやボライソーを読めば解決するのだけど

下の動画を御覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=OqmKQoEqZWU

350 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:24:19 ID:???
>>344
最初から敵側の銃を持っていく という方法もある。

351 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:40:11 ID:72XhUbII
PSG-1というライフルの名前は1号精密狙撃銃を意味するとウィキペディアでよんだんですが
この銃はどのくらい精密なんでしょうか?

この銃より精密は銃は存在しないんでしょうか?

352 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:41:08 ID:OTdQmK6Z
はじめまして。
軍板の方にとっては簡単な質問かもしれませんが、気になったことがあるので、質問させてください

フランス軍の戦車の懸架装置と、日本軍の戦車の懸架装置って似てるように見えるのですが
フランス軍は「シザーズ式サスペンション」
日本軍は「シーソー式サスペンション」
と言うらしいのです。

どこがどのように違うのか、教えていただけないでしょうか
ちなみに、似ているな、と思ったのはこの二つです
http://www.atf40.fr/ATF40/materiel/renault%20amc34.jpg フランス戦車
http://image.jbook.jp/img/03323/M03323427-01.jpg     日本戦車

前後のペアを横に伸ばしたロッド(スプリングでしょうか)で繋いでるあたりは似ている、と感じました

353 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:46:06 ID:???
>>351
もちろんです

354 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:46:32 ID:???
>>338>>349
発射薬と砲弾の間に木片でも詰めときゃいいんじゃね?

355 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:47:19 ID:???
>>62
少し誤りがある回答をされているのでは。
まず、軽戦車について。
第2次大戦中、既にスケール面でのデメリットが判明。
(接地長やグランドクリアランスが確保しにくいことや、エンジンが小さ過ぎて高性能化が難しい。)
大戦中期から中戦車以上のサイズの戦車は車内容積を削る方向で性能向上を狙えたが、軽戦車は乗員や無線機、機関銃など、小型化出来ない部分があって限界を迎えた。)
また、装甲車や歩兵戦闘車、自走砲や歩兵の携行火器の発達で代用可能になったことも大きい。

MBTについては、ミサイル万能論の盛衰の煽りや、仮想敵国の戦車の過大評価などで、各国が決定版を目指して開発しており、中戦車から発展はしていない。
中戦車と重戦車の統合を目指していたり、クラス分け自体を廃した状態で要求仕様を策定している。

356 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:48:21 ID:???
>>317
基本的な間違いは
まず「ハル・ノート」とは1941年11月26日に急に出されたアメリカの要求ではないわけです。
それは日米交渉の最初から、アメリカが要求している「ハル四原則」を
具体的にして提示しなおしただけのものです。
つまり日本側としては必死の交渉を続けていたつもりが
1941年11月26日にいたるまでアメリカの態度がまるで変わらなかったことが
交渉を絶望視させることに繋がったわけです。

次に、日本側は海軍が石油の備蓄残量から
戦争が始められるギリギリの量は12月あたりまでしか持たないと分析したため
それに基いて交渉の期限を11月いっぱいまでとしており(11月1日大本営政府連絡会議)、
そこに11月26日になってハルノートなので交渉決裂、開戦という流れです。


あと、単冠湾からハワイに向けて出撃した機動部隊は
途中で日米交渉が成立して真珠湾攻撃命令がこなかった場合
作戦を中止して引き上げる段取りになっていました。

それに軍部が万が一戦争になった時にそなえて
あらかじめ作戦を考えて備えておくのは当然ではありませんか。
米海軍は「太平洋艦隊作戦作戦計画第46号」というのを策定して
日米開戦が起こった場合、太平洋艦隊の全戦力をもって
中部太平洋の日本拠点に上陸作戦をしかけることを決めていましたよ。

これをもってアメリカは日本との戦争を決意していたと強弁できるわけですか?

357 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:49:56 ID:???
>>352
ほぼ同じような物みたいだね。
イカのサイトの機動力の項目に簡単だけど説明があるので、よんでみて。
ttp://combat1.sakura.ne.jp/95SHIK-K.htm

358 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:52:27 ID:???
「太平洋艦隊作戦計画第46号」は
戦艦8隻、空母3隻によって行なわれる予定だったため
真珠湾攻撃の損害をうけて実行不能になったわけですが。

359 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:55:03 ID:???
>>309
分かる方いませんか?

360 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:54:50 ID:???
じゃあ仮に真珠湾がなければアメリカ軍は
日本拠点に攻めてきてたんですか?

361 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:58:35 ID:???
>>360
質問なら、IDをどうぞ。


362 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 21:59:57 ID:???
>>345
「空振りで同じ道を引き返し」た実例にはなるね

363 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:00:24 ID:???
>>360
そうです。
作戦計画によれば

「偵察部隊は開戦翌日には真珠湾を出撃し偵察は開戦から6〜9日目。
戦艦主力による攻略部隊の出撃は開戦5日目。上陸作戦は13日目に決行する。」

と具体的に時期まで決まっていました。

364 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:02:19 ID:???
>>345
ソ連極東方面軍には戦車戦力は1000両程度しかない。
そのおよそ半数の規模の機甲部隊がノモンハンで3個歩兵師団に壊滅的な損害を受けてたわけで。

365 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:03:47 ID:???
>>359
わかる人がいて気が向いたら回答してくれるだろうよ。
わかる人がいないなら回答のしようが無い。

つまり、催促せずにおとなしく待ってろ。

366 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:07:39 ID:???
>>309
昔陸上自衛隊にいた先輩の話ですが
日米合同演習のあと、米軍が焼却炉に余った弾薬を放棄していき
自衛隊側が大騒ぎで回収したという事があったそうです。

367 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:10:02 ID:???
>>351
命中精度だけだったらボルトアクション式の狙撃銃の方が上。

PSG-1は連射可能なオートマチックライフルなので、その分機構が複雑で
出せる命中精度には限度がある(それでもオートマチックライフルとしては
異例の命中精度があるが)。

でもボルトアクション式と違って連射が効く分「外してもすぐ次を撃てる」
「次々と目標を仕留められる」というメリットがある。

368 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:16:28 ID:???
>>309
その動画で撃ってる弾は賞味期限切れの弾だったと思うので問題ないだろう

369 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:18:31 ID:???
>>345
ソ連の揚陸能力では北海道を占領するだけの陸軍展開は無理だろ。
1945年のソ連侵攻の時期でも輸送船が全くたりていなかった。

370 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:19:38 ID:???
大戦中、自国で全て武器、兵器、弾薬などを全て自国でまかなったのは日本、アメリカ、ドイツだけと聞いたのですが正しいのでしょうか?

371 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:21:41 ID:???
>>370
日本は、ドイツからいただいた潜水艦があったはず

372 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:22:15 ID:???
>>370
その三国共に国産以外の兵器や弾薬も使ってる。
なので誤り。

373 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:22:54 ID:???
>>370
Me-163の設計図も、Me-262の設計図もドイツ様からいただきましたよ。

374 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:24:04 ID:???
そんなことをいえばアメリカの戦車砲なんかもフランスの砲だな

375 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:24:57 ID:???
ドイツもチェコの戦車作ってるしな

376 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:25:12 ID:???
>>309

M2の弾は12.7x99mm(.50BMG)
お買い求めはこちらからどうぞ

ttp://alamoammo.com/cart/50-caliber-ammunition/50-bmg-federal-american-eagle-660-fmj-10-ct

377 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:25:46 ID:???
>>370
ドイツはチェコの戦車を使っているし、日本はベルグマンMPを
輸入しているし、アメリカはどうだっけ?w

378 名前:居酒屋正社員 :2010/01/26(火) 22:26:08 ID:???
医者ってなんで、他人に頭を下げずに仕事ができるんだ?
横柄な欠陥人間を作り出しているだけじゃん。

せめて、俺は医者に頭を下げさせるように言動する。
「オラ、客が来ているのになんでおはようございますくらい言えん?」とかな。
これは医者のためでもあるんだ。横柄な医者が多ければ国家の恥だからな。

379 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:26:09 ID:???
いやそんなレベルじゃなくてP-51の初期型のエンジンはイギリス産やん。

380 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:26:43 ID:???
つマリーンエンジン

381 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:28:37 ID:???
>>370がいいたいのはレンドリース受けずに兵器を自国で生産したりライセンス生産したという話なんだろ

382 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:31:10 ID:???
>>370
金剛がイギリス製じゃない

383 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:33:35 ID:???
>>370
まぁ、全てまかなったってのが、自国製で弾薬から戦艦まで一通りジャンルが揃えられた・・・・
って意味ではそうかも知れんが、誰も検証をした事は無いと思われるので明確な答えは出ないかも。

ソビエトあたりも、その基準ならイイ線いきそうだし。

384 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:39:11 ID:???
>>377
P−51のエンジンは、マリーンエンジンをパッカードでのライセンス生産だぞ。

385 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:40:32 ID:???
>>383
ソ連兵って、ドイツ軍から、服も靴も食ってるスパムもアメリカ製といわれてましたが。

386 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:41:44 ID:???
>>381
陸軍が中国から分捕った工場で、ZB26作ってましたが。

387 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:43:07 ID:???
>>366
>>368
>>376
ありがとうございます。
思ったより安いのですね。

388 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:44:45 ID:???
>>386
日本を例にあげるまえに、ドイツが占領地の工場をどれだけ活用したのか知らんのかと。

389 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:44:50 ID:HtLcbd/S
牟田口中将は、インパールの失敗の後、陸軍大学校の校長になっていますが、これは左遷と考えていいんでしょうか?

390 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:49:03 ID:???
>>389
予科士官学校の間違いだろ。
予科士官学校は軍事教育以前の基礎教育をする場だから、そこの管理職というのは閑職といっていい。
事実上の左遷といっていいだろうな。

391 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:51:01 ID:4sntCeXM
ドロップタンクはすごい数が投棄されたと思うのですが、今でもヨーロッパの密林や
南の島の密林で大戦時に投棄されたものが発見されたりするのでしょうか?

あと、投棄されたタンクを地上部隊が回収して再利用したり、敵のタンクから燃料を
得たりしたんでしょうか?

392 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:51:03 ID:???
牟田口はインパール後に予備役にさせられているから
左遷以前にいったんクビにされている

393 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:52:22 ID:???
>>389
なったのは、陸軍予科士官学校長。すでに6年前、少将の時に経験した職であり、
軍司令官を経験した中将が勤める職じゃないのでおもいっきり左遷です。


394 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:52:43 ID:???
軍人って、第一次産業、第二次産業、第三次産業のうちどれに該当すんの?

395 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:53:05 ID:???
>>387
軍は一括大量購入するので、10個入り1箱の民生品より安くなってると思うぞ

396 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:56:37 ID:???
>>391
ttp://wiki.answers.com/Q/What_happened_to_World_War_2_drop_tanks

397 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:56:50 ID:???
>>394
質問ならIDだせ。

398 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:59:06 ID:???
まぁ、サービス業なんじゃね?

399 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 22:59:25 ID:???
>>397
ID厨は軍板には要らない
死ね

400 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:00:32 ID:???
>>399
テンプレを無視するバカも要らないから。

401 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:03:28 ID:???
誰が決めたかも知れないルールに従う義務などない

402 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:05:21 ID:???
ID出すルールってのは、どこの惑星で何年何月何日何分何秒誰が決めたの?答えて?すぐに

403 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:05:44 ID:???
つか、クラークの分類概念を持ってきて「軍人って、第一次産業、第二次産業、第三次産業のうちどれに該当すんの?」

ってるような馬鹿に何言っても無駄だろw
文章を読んで理解する能力が元からあるとは思えないのだが。

404 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:07:52 ID:???
>>403
お前の文章も意味不明なんだが
日本語知ってんの?シナ人かお前は?また南京のようにブチ殺すぞ?

405 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:09:48 ID:???
ID太郎のせいで荒れるんだよなあ・・・最初にテンプレに入れた奴は死ねよ

406 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:10:20 ID:???
軍人って、第一次産業、第二次産業、第三次産業のうちどれに該当すんの?

まず、これがイミフだろwwwww
キリンって何人って聞いてる様なもんだ。

407 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:12:16 ID:???
>>403
公務員だから、第3次じゃね。

408 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:14:33 ID:???
>>407
産業分類で考えると、軍需産業って第2次の概念も含んでそうだが。

409 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:14:34 ID:???
>>406
軍人じゃなくて軍隊だろーwwwって言いたいんだろ。
ただの揚げ足取りじゃん、そんなに俺様は頭良いんだ!って主張したいのか?
些細な間違いを指摘することで自尊心満たしてるだけじゃない。

クラークの分類の是非はおいといて。
分類するなら第三次産業だろ。

410 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:18:30 ID:???
質問です。

鉄砲が無い時代でも弓の名手に迷彩服を着せて狙撃兵としてたのでしょうか?

411 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:22:31 ID:???
>>410
質問ならIDをどうぞ。
それと迷彩服の歴史くらいしらべろ。

412 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:23:48 ID:???
>>411
またID厨か・・・・うぜえ

413 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:24:28 ID:???
田母神氏は言っています。
>戦争を絶対にしたくないと考える国は、戦争になってもかまわないと考える国に外交交渉で勝つことは出来ない。
ttp://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10435832519.html

日本人も、そろそろアメリカのくびきから逃れて、誇り高い歴史観と行動規範を身につけるべきではないでしょうか?

414 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:24:52 ID:xI8bN53v
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。


415 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:28:58 ID:???
>>413
それは田母神の言葉ではなく
「流血を厭う者は、それを厭わぬ者に必ず征服される」
というクラウゼヴィッツの言葉を援用したものだろ

416 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:29:46 ID:???
>>411
死ねよ

417 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:36:03 ID:9gcEN0+G
日本人は途中で裏切ったフィンランド人や朝鮮人を軽蔑していますが、フィンランドや朝鮮人は
平然としていますよね?こいつら恥知らず達に社会的制裁を与えたいのですが、どうすればいいですか?


418 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:37:16 ID:???
>>293
Su-27UBとSu-30(無印)の見分け方ならコクピット直前にあるIRSTが正面にあればSu-27UB、
むかって左側に寄っていればSu-30だとわかる。
Su-30シリーズは機首の向かって右側の部分に空中給油受油装置を収納しているので
IRSTが左側にオフセットしているというわけ。


419 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:38:15 ID:9gcEN0+G
GDP比1%という日本の軍事費は
世界から見ても極端に低すぎませんか?
北朝鮮のようにGDPの半分以上を軍事にまわせ、とまでは言いませんが
せめて一般的な平和国家と同じ、GDP比3%程度はあっても問題ないと思うのですが?


420 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:40:00 ID:???
>>419
で、何?

421 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:40:13 ID:9gcEN0+G
もしも、天皇陛下が「外国人参政権」に賛成の意をお示しになられた場合、私はどのように行動すべきか・・・・悩んでおります。
そのときは陛下にご退位いただいて、秋篠宮様に即位いただき、摂政に安倍元首相を据えるしかないと思います。
皆様のご意見はいかがでしょうか?


422 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:41:51 ID:???
>>265
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/ef/Japanese_Battleship_Nagato_1946.jpg

423 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:44:22 ID:???
>>422
これって何の写真?

424 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:47:57 ID:???
>>423
米軍接収後の長門だそうだ。

425 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:48:45 ID:???
>>423
何の写真って・・・・接収時の長門の一連の写真だろ。

426 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:49:07 ID:???
>>424
これって原爆の実験のあと?

427 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:50:18 ID:???
>>425
接収時って長門は終戦時は無傷で残ってたよね?


428 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:50:31 ID:90R45+x1
スペイン人とポルトガル人は、
イギリス人、ドイツ人、フランス人などの一等白人から、
南蛮人と呼ばれ、いつも二等白人扱いされてバカにされています。

スペイン人とポルトガル人はこの先もずっと二等白人で、
西欧の一等白人から南蛮人と呼ばれ蔑まれ続けるのでしょうか?

429 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:51:46 ID:???
>>428
誘導
地理・人類学
http://academy6.2ch.net/geo/

430 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:51:49 ID:???
>>427
米空母機の爆撃を7月に受けてるはず。

431 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:53:18 ID:???
>>426
前。この後、ビキニへ送られて実験に。

>>427
既にこの段階でご覧の通りボロボロ。空襲を受けて、横須賀停泊中にも、艦長・副艦長も
戦死してたりしてます。マストが短いのは偽装のために切断されてる。

432 名前:名無し三等兵 :2010/01/26(火) 23:54:26 ID:90R45+x1
>>429
あっちは回答がもらえん
だから識者が多いここで質問してる

勝手に誘導などするな

433 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 00:00:53 ID:???
>>431
ありがとうです。
この写真見る限り菊花紋章は取り外されてるみたいですよね?
少なくとも自分にはそう見えます

434 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 00:42:19 ID:???
>>432
こちらでは回答出来ません
何故なら此処は軍事を語る板であってその根幹にある人種や民族の話をする板ではないからです

435 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 00:47:09 ID:J/YA4fMK
何故防衛庁は、E-767をたったの4機しか調達しなかったんですか?
たった4機では、常時1機を展開させるのがやっとで、
広い日本の防空識別権をカバーするのは不可能です。

それに4機ではとても外国と戦争をするには足りません。

韓国、北朝鮮、中国、ロシアなどと戦争をし、日本が有利に戦い抜こうと思えば、
最低でも12機は必要だし、防戦しかしなくても、最低8機は調達して2機を常時飛ばす必要があると思います。

あと、今後、E-767もしくはE-Xなど、早期警戒管制指揮機を調達する計画はありますか?

436 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 00:48:49 ID:???
>>342
開戦が決定されたのは昭和16年12月1日の御前会議。
攻撃実行の命令は
翌2日に真珠湾攻撃部隊に「ニイタカヤマノボレ1208」(12月8日に作戦開始)の暗号が送られている。
南方攻略の陸軍部隊に同様の暗号「ヒノデハヤマガタ」が送られたのも2日ごろの話。
つまり先月26日に攻撃部隊が出撃していても、それまでなら作戦中止は問題なく可能だったということ。

カスミンが正しいのではなく、お前の頭がカスミン級というだけのはなし。

437 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 00:59:29 ID:???
>>342
>南方に数百数千の輸送船を送りながら、空振りで同じ道を引き返してくるとでも?

ノルマンディー上陸作戦は作戦前日に延期が決定され、出航した輸送船団はゾロゾロと引き返しているが?

438 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:04:25 ID:???
なぜ自衛隊は技術取得目的での輸入調達をアメリカ以外からはやらないんですか?


439 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:05:56 ID:???
>>437
日本軍の組織的発想だと
引き返すようなことになれば
出撃をさせた人の責任が問われるので
「空気」を読んで引き返させないのが普通。

440 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:06:07 ID:???
>>438
質問ならIDをどうぞ。

441 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:09:20 ID:???
>>439
関特演って知ってる?

それはそれとして
>出撃をさせた人の責任が問われるので
>「空気」を読んで引き返させないのが普通。
それが普通であるというソースは?

442 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:12:07 ID:???
>>438
120mmL44やパンツァーファウスト3などはドイツからライセンス権を買って生産している。
他にもアメリカ以外から輸入調達しているものは沢山ある。

アメリカが多いというのは同盟国であって輸入が容易という事情の他に
アメリカの対日貿易赤字を補填する意味で
お得意様へのサービスという側面があることも指摘されている。

443 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:15:23 ID:???
>>442
FH−70もヨーロッパだな。

444 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:16:28 ID:???
>>439
だから真珠湾攻撃は開戦決定がなければ引き上げるように指示されてたんだよ。

445 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:18:50 ID:???
大きな物では、海自のヘリMCH-101とかもヨーロッパですね

446 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:26:27 ID:???
部品レベルになると、護衛艦の主砲には、オットーメララの76mm、127mmとか、90式戦車の主砲が
ラインメタルのラ国だしな。

447 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:28:58 ID:???
>>442
迫撃砲は100%ヨーロッパ製だな。
ミニミはベルギー製だし陸自はそこはかとなくヨーロッパが好き。


448 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:31:16 ID:???
>>441
カントクエンはただの演習

>それが普通であるというソースは?

史実見りゃ一目瞭然だろ
日中戦争にしてから
「今まで死んでいった英霊に申し訳ない」
というオカルトチックな理由で撤兵しなかったんだぞ

449 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:34:19 ID:???
>>447
今や制式拳銃もそうだしね
>欧州製

450 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:34:50 ID:???
>>448
開戦を指示されなかったから演習になっただけ
開戦命令出てもOKな兵力を集めてた

>「今まで死んでいった英霊に申し訳ない」
>というオカルトチックな理由で撤兵しなかったんだぞ
へ〜
それって開戦か見送りかって状況のソースなんだwすげえw

451 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:39:01 ID:???
自衛隊の訓練について質問です
HPなどを見ると海や空でも陸戦訓練などをしていますが
あれは必要なのでしょうか?基地警備訓練と似たようなものなのでしょうか

452 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:41:02 ID:???
>>451
ID
それと自衛隊に限定される質問は、自衛隊板のほうが詳しいぞ。

453 名前:435 :2010/01/27(水) 01:42:02 ID:J/YA4fMK
日本の防衛や自衛隊関連の質問に回答してくれる回答者さんはいつ頃来られますか?

454 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:50:16 ID:e5tYGt6f
米軍が日本に駐留していますが、その目的は、
支那大陸、台湾島、朝鮮半島などで動乱が起きたときに、
その地域に在留しているアメリカ人を迅速に救助するためと、
日本で反米武装勢力が決起したときにそれらを速やかに鎮圧するためと、
西太平洋地域でアメリカの覇権的地位を確保するためですよね。

何故そのような組織に、お金を払ってまで広範囲な土地を供与しているのでしょうか?
日本のために駐留しているわけじゃないのに、
こういうのはお金や土地の無駄遣いだし、国民のためにもならないし、
外国との戦争で散っていった先人に申し訳ないのではないでしょうか?

455 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:54:41 ID:???
>>435
回答の催促は禁止事項だ。

456 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:57:12 ID:fnn1g35a
>>453
国が許す予算で機数が決まりますから。

457 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:57:52 ID:???
>>453
航空自衛隊にはE2Cホークアイが13機もあります
E-767と一緒に運用されますので特に不足はありません

458 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 01:59:22 ID:e5tYGt6f
アメリカが再協議に応じるとかいってる奴って
本当に馬鹿だよ。
絶対に応じない。アメリカの国益にとって再協議に応じるメリットは皆無。
こんな前例を許したらアメリカの威信にかかわる。
超大国アメリカに逆らえばどういう意味をもたらすか、
どうなるかはっきり示すことがアメリカの国益になる。
アメリカは自国の国益のことを徹底的に追求する。
友愛だの、話せばわかるという優しさは、日本人受けしやすいし
票にも結びつきやすい。
でも、日本の国益には害悪そのものでしかない。
今回、現実を知ることによって日本人も目を覚ますだろう。
その点で良かったのかもしれない。

459 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:02:24 ID:fnn1g35a
F15を採用した時のようにアメリカのつらを札束で叩けば替えるのでしょうけど。今の日本にはお金があまりありません。

460 名前:435 :2010/01/27(水) 02:05:16 ID:J/YA4fMK
>>455
催促じゃありません。

>>456
予算的に、E-767スーパーセントリー4機で精一杯ということでしょうか?

>>457
E-2Cは、あれは元々空母打撃群という狭い範囲で使うものだから、
日本のように広い場所では力不足ではないでしょうか?
乗員も少ないし、規模も小さいですし。

461 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:08:33 ID:???
ビンラディンは何故見つからないんですか?
アフガンとパキスタン国境近辺というのは、ほぼ特定されてますよね。
パキスタン政府が匿ってるのでは?
パキスタンが了承すれば、アフガン国境付近で米軍は過激派との
戦闘が出来るはず。

462 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:09:47 ID:???
只でさえ中東で色々問題抱えてるのに「アジアで唯一の友邦国」を真面目に相手にしている余裕はありません。
これは逆に言うなら「こちらの言い値」を通すチャンスでもあります。

少なくとも、「向こうの言い値」を唯々諾々として通すような政権はまともな政権とは看做されませんし
国際的な評価も低くなります。


余談ながら、日本の首相で最も有名なのは小泉純一郎です
「各国首脳の眼前でブッシュに土下座する」というパフォーマンスは
知名度の上昇に有功だったようです。無論、ネガティブな意味で。

463 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:10:30 ID:???
>>460
回答者はいつ来るか?なんて催促以外の何者でもない。


464 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:10:53 ID:???
>>460
まぁ金がないんだよ。

E-2Cはシステムだけ別の機体に入れ替えて普通に早期警戒機にしてるのがあるくらいで、
システム的には十分。
狭苦しいから居住性に劣る、というデメリットはあるが。

早期警戒をE-2が担当し、E-2のバックアップにE-767、全体はJADGEで統括する現行のシステムは
満足できるレベル。

465 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:11:23 ID:???
はっきりいっておく
こんなところで人をみくだしたように
アホしかおらんなとかいってるやつ
なんでおまえにそんなことがわかるんだ?
掲示板の書き込みだけでその人が本当にアホかどうかなんてわかるわけないだろ
賢い人でもアホっぽい書き込みなんていくらでもできるんだからな
その程度の想像力もないお前もたいして賢い人間じゃないだろう

466 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:12:04 ID:e5tYGt6f
もしミッドウェー作戦やFS作戦ではなく、五号作戦やインド洋方面に力を入れて
独伊と連携してイギリスを屈服させる西亜打通作戦の方を優先して実施していれば
枢軸国に勝機はあったでしょうか?

467 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:12:34 ID:???
>>454
>西太平洋地域でアメリカの覇権的地位を確保するためですよね
 主にこれが、日本利益に直結しているから。
 極東優位を在日米軍で確保していれば、日本が日本の安全保障のために自力でやる必要がない→
その分、軍事費以外につぎ込める→(゚д゚)ウマ-
 冷戦終結でいささか状況は変わっているが、今なお結果的に日本のためになっているし、
その代価としてなら、沖縄の土地や「思いやり予算」など、はした金同然(二桁は違うわな)。

>外国との戦争で散っていった先人に申し訳ないのではないでしょうか?
 心にもないのに、そういうこと言うな。バカ

468 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:14:07 ID:sEMkgf+B
日本を大日本帝国を復活させ戦前の軍国主義に戻すべきだ。
一旦大日本帝国憲法に戻す 天皇制・皇室制度を強化 左翼思想左翼団体の禁止 富国強兵主義の復活
首都東京を帝都と呼び 日本の一流国立大学を帝国大学と呼ぶ 国会を帝国議会と呼び
外出時はなるべく着物や羽織袴での外出を重視し軍服を着て歩いている軍人に対しては敬礼 女性は会釈をする。
露西亜と もう一度開戦し北方領土を返してもらう。
徴兵制度を復活 愛国心教育を強化
食料と工業材料を極力日本国内での自給自足体制を確立する。
餓死者等 日本国民に多少の犠牲が出ても世界一の軍事大国になるまで軍拡を徹底する
竹島奪回に向け理工学系以外の大学生を学徒出陣させる。
学徒出陣 韓国程度は学生の練習相手
自宅では毎朝国旗掲揚番組を直立低頭にて拝聴しその後天皇陛下万歳三唱を行う
このくらいのことをしないと、特亜の打倒は不可能である
先帝陛下もお喜びになられるであろう

469 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:14:49 ID:???
いつものバカのかまってタイムですので触らないようにしてください。

470 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:16:52 ID:???
>>460
全然狭い範囲用じゃないぞ
空母に乗せて使ってるのは、単にアメリカが贅沢すぎるだけだ

471 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:17:03 ID:???
>>467
コピペバカに反応するなクズ

コピペバカを喜ばせるだけだし、コピペバカのコピペにマジレスするのは元質問者に失礼

472 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:18:49 ID:???
>>889
回答できない奴が偉そうにレスすんな
板違いとか抜かす前に、素直に私はバカなので回答できませんと言えばそれでいいだろ
その質問が板違いかどうかは回答者が決めることであり
お前の主観で勝手に決めていいことではない

473 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:19:30 ID:???
>>472
>>889に期待w

474 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:20:59 ID:???
ま、889が出てくるのはしばらく先だが。

475 名前:435 :2010/01/27(水) 02:21:11 ID:J/YA4fMK
>>463
あなたがそう思うならそう思っていただいて結構です
ただ、個人の主観や思い込みを周囲に強制したり押し付けるのはやめてください

>>464
ガワはE-2Cだが、中身は全くの別物なんですか?

JADGE(半自動防空システム)は、日本を守るのに十分満足の行くレベルに達していると言えますね。
JADGEは、中国、北朝鮮、韓国、ロシアの防空システムよりも優れていますし。

通常戦力でJADGEを突破できるのは、今のところアメリカぐらいかな?

476 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:24:21 ID:???
>>475
アメリカが今使っているE-2はほぼそのレベル
>ガワはE-2Cだが、中身は全くの別物
つかプロペラブレードとか外見も相当違ってるけどな・・・。

E-2の中身を流用したAEWには、アメリカでP-3にレーダーと電子機器を載っけた
ものがある。
C-130に同じように電子機器とレーダー載っけたものも構想されたがカスタマーが
出てこなかったのでペーパープランで終わった。

477 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:35:46 ID:???
なにか勘違いがあるようだが、E-767はE-2のアップグレード版ってわけじゃないぞ
管制機能が付いたAWEなので、そんなボコボコと多数飛ばすもんじゃない

478 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:44:22 ID:???
>>477
誰もそんなバカなことは言ってないし考えてないだろ。

479 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:45:39 ID:???
>>351
決定的な勘違いをしえるのか、それともネタで言ってるのか?
「精密な狙撃銃」じゃなくて「精密射撃用の銃」なんだが。

480 名前:435 :2010/01/27(水) 02:48:00 ID:J/YA4fMK
>>476
>アメリカが今使っているE-2はほぼそのレベル

それってE-2Dじゃ・・・

>E-2の中身を流用したAEWには、アメリカでP-3にレーダーと電子機器を載っけた
ものがある。

P-3AEWは、E-2Cと比べてどうでしたか?

481 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 02:51:45 ID:???
>>450
アホか、関特演はギョメイギョジが出てないだろーが

真珠湾といっしょにすんな

482 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 03:27:48 ID:???
>>481
素朴な疑問だが
出航前から開戦が決定してたなら命令受けて出航するだろ。
なんでわざわざ傍受される可能性がある電文で作戦実行命令出したんだ?
出航前から開戦決定してたなら、実行命令なんか要らないじゃない。
その方が秘匿性が高まって奇襲成功率が高まるぞ

483 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 03:52:34 ID:???
>>482
日米交渉がうまくいったらどうすんだよ

傍受されても問題ない。「ニイタカヤマノボレ」を解読してもなにもわからん

電波は空母機動部隊出航後も常に呉から出しっぱなし
通信の量が減ると「なんかあるんじゃねえか?」って邪推されるからね

空母機動部隊からは攻撃開始時まで電波を出してないから関係ない

484 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 10:20:30 ID:1itDrPrj
弾丸って落下しますよね?
例えば弾丸が秒速800メートルだとして
800メートル先のターゲットを狙ったら1秒間分、
実際には途中で空気抵抗があるからもっと

そうなると結構落下するだろうから
銃を撃つ時には水平ではなくやや上に傾けて撃つんでしょうか?

485 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 10:43:27 ID:???
>>484
そうです。
古い小銃やモーゼル自動拳銃なんかには
タンジェントサイトといってそのような撃ち方ができる照準器がついてます。

486 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 10:53:49 ID:???
>>485
いまはなぜ付いていないのですか?

487 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 11:25:25 ID:???
>>480
E−2Dはまだ開発中。米軍はホークアイ2000というバージョンのE−2Cを運用中で、日本の物も同バージョンにアップデート予定。

488 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 11:40:31 ID:???
>>486
今でも付いてる。

>>485は意味不明だな。



489 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 11:42:40 ID:???
後装式ライフルが実用化後のいろんな戦いを経て来る内に
タンジェントサイトの目視照準で800mの距離を狙って撃っても、
普通の兵では当てることは困難、ということがわかってきた。
無駄球ばら撒くよりも、射撃の上手い奴には高級な光学照準器つきの銃を割り当てて
狙撃させるほうがいいので、最初からつけないもしくは光学照準器のバックアップという位置付けになった。



490 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 12:00:52 ID:bj36iR0Q
無反動砲とかを装備してる兵士が弾を撃ち尽くしてしまった場合、どうするんですか?
無反動砲は捨てるんですか?

491 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 12:27:35 ID:???
>>480
LAWのような使い捨ての物でないかぎり、後退して補給を受けるか、
同伴してる弾薬手から補充をうけ、再装填します。

492 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 13:05:07 ID:8zPvFABo
太平洋戦争がアジア解放の戦争だったという寝言がネトウヨの間で広まっています
何故ですか?

493 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 13:20:24 ID:???
>>492
少し頭の弱いマンガ家が描いた戦争論というマンガで描かれていた世界観だからです。
日本の海外侵略を正当化するためには植民地支配からの解放という題目が必要だったの
でしょう。実際にはどこにも支配されていないタイ国にも日本軍は侵攻し、タイ国軍と
戦闘になっていますし、最初は日本を歓迎した国も最後には日本兵狩りをしています。

494 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 13:46:32 ID:???
>>450
「空気を優先した」という傍証にはなるよな?

495 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 14:24:55 ID:???
空気優先と言うか
「やっぱやめよう」と言い出せなかった体質は
確かにあるよな。
ニューギニアとかガダルカナルとか
誰も「中止」「撤退」と言い出せなかったばっかりに
あんな惨憺たる状況に..・....

496 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 15:08:27 ID:???
空気に逆らうと左遷されるんだよな>495
その空気を利用して色々やらかしたのが辻ーん

497 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 16:27:02 ID:???
>>495
日本軍もベナベナ作戦やインド洋方面作戦、五号演習など
危険視されたため実行される前に中止された作戦なんて幾らでもあるけどな。

反面危険が指摘されながらも強行され失敗した作戦は
マーケットガーデンやナルヴァ、春の目覚め作戦とか欧州戦線にもいくらでもある。
日本だけが特別にそうで、
ゆえに真珠湾攻撃に出撃した部隊が引き返せないとする根拠にするには論証がない。

498 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 16:28:39 ID:ccXM2JeV
辻ーん って2chの文章でしかよまないから
なんとなく脳内でつーじん↑って読んでたんだけど

つじーん↓が正解ですか?



499 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 16:35:24 ID:???
>>498
日本語のアクセントを表すのに、語尾の上がり下がりだけで示すのはあまり適切じゃない。

は、ともかく、俺はつじ↑ーんだと思う。

500 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 16:37:23 ID:???
というか>>439のいう空気って何だよ
日米交渉が纏まったらそれこそ空気読んで引き返すだろ
実際そういう計画だったんだし

501 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 17:00:37 ID:???
ネームタグって上着以外にもつけたりするの?

あとタグには名前を書くのか 苗字でもいいのか
そのへんはきっちり決まってるの?

502 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 18:30:23 ID:???
>>492
名目は確かに植民地解放及び欧米に対抗しうるアジア連合(大東亞共栄圏)の結成だったし結果として植民地が独立するきっかけになったのは事実
でも実態は当時ドイツがやってた植民地獲得活動と同じで資源や製品の不足を「産地そのものを獲得する」ことで賄おうとしただけだから「植民地解放のため」では無かったと断言出来る

503 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 19:51:40 ID:dO0kqD3f
質問です。
対戦車ヘリなどの攻撃ヘリは
制空権が取れていない、敵航空戦力の脅威があるような状態でも運用できるのでしょうか?

1、鈍足のヘリは敵戦闘機の良い的なので運用できない
2、脅威が無いわけではないが地形を考慮するなど運用次第で任務を遂行できる
3、低空を飛ぶヘリは航空機から攻撃困難であり、敵航空戦力の脅威は無視して構わない

このうちのどれかかと思ったのですが…

504 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:14:37 ID:???
>>503
相対速度が違いすぎるから、戦闘機ではヘリを攻撃をしにくい。
しかし制空権がないとまずもって対戦車ヘリの基地が空襲を受けますわな。敵戦闘機に撃墜されるとか、出撃以前の問題。
もちろん状況によっては脅威があっても出撃はするだろう。航空機は制限時間の束縛が強いから、機をうかがえばチャンスがあることもあるだろう。
制空戦では常時優位状況なんてのは、現実ではそうありえない。だからこそ最近では制空権とは言わず、航空優勢と表現しますな。


505 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:15:03 ID:???
>>503
制空権というよりも航空優勢が取れてないのレベルが不明なのではっきりと言えんが、
相手が、四六時中、CAPやってるようなところでは運用不可。
航空優勢が流動的とか、間隙をつけるようなら、使用可能。


506 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:23:34 ID:dO0kqD3f
ありがとうございます、大体のところは理解しました。

507 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:40:07 ID:???
>>503
普通は陸上戦力の投入自体が戦域の航空優勢がある程度確保された後なので、陸上戦力の支援が仕事である攻撃ヘリも敵航空優勢下ではそもそも必要ありません
敵戦闘機に狙われたら速度が出ない上に脆いヘリは恰好の標的ですしね
地形に身を隠すにもそれなりの空間がなければすぐに接触して墜落してしまいますし、戦闘機に対して地形を利用して立ち回ることは困難かと

508 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:44:54 ID:???
>>504
>相対速度が違いすぎるから、戦闘機ではヘリを攻撃をしにくい。

こういう勘違いが良くあるが、ヘリは戦闘機のいい的。
地形追随匍匐飛行で、何とか見つからないように飛ばなければ生き延びられない。

509 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 20:54:39 ID:cx0O5/+x
BMP1の後期型に搭載された対戦車ミサイルは車外に出て誘導しないといけないとのことですが、
BMP2車載のものは車内からでも誘導が可能になったのでしょうか?

510 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:15:15 ID:???
>>509
別にBMP1でも車内からATGMを誘導できまっせ。
右手で誘導弾の発射操作とジョイスティックの操作を。あわせて左手で砲塔を操作しながら、
飛翔するミサイルを砲塔の照準眼鏡の目盛に絶えず合わせねばならんが。かなり難易度は高いそうな。
車内に4発の予備ミサイルを備えているが、これも車内から砲手が再装填可能。
再装填の際は低圧砲を最大仰角にせねばならんから、主砲は使用不可になるとのこと。

511 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:26:59 ID:hG6RLq1V
大航海時代初期〜帆船終了位の時代の
軍船について詳しく説明しているサイトありませんでしょうか?
船体の分別方(戦列艦?とかフリーゲートとか)、大砲や装甲、食料物資等全くわかりません

512 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:28:21 ID:dXlXXqQq
アメリカ軍の装備品を見ていたら「ライフルグレネードアダプタ」というのがあって
これは手榴弾をはめ込むと小銃擲弾としてつかえる、というものなのだそうですが
手榴弾って、「安全ピンを抜く−投げる−安全レバーが外れる−時限信管が作動する」
っていうプロセスで作動する、んですよね?

このライフルグレネード、その辺はどうなってたんでしょうか?

安全ピンは発射前に抜いておく、はいいとしても、レバーが何時外れるのか、また
外れたとして目標に飛んで着弾する時間と時限信管の作動時間がちゃんと合って
いるのか、またそもそも「ライフルグレネード」が着発信管でなくていいんだろうか?
とか、疑問がつきないのですが・・・。

513 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:37:52 ID:GTtptYqU
997 専守防衛さん
>>987
狙撃は実戦では相当に有効だぞ。
最近は陸自も狙撃兵をやっと養成するようになり、狙撃兵用のギリースーツもあるが
俺の頃には狙撃兵自体が認知されておらず、狙撃優秀者と言う扱いだった。
連隊長から狙撃徽章ももらったし制服につけてたりした。
ネコの目が光っているデザインだった。
1.6km先の的の中心部に命中させる技術が要求される。ワンマイル射撃。
800m先の500円玉を打ち抜く技術、これくらいは必要だな

このレスの、
>800m先の500円玉を打ち抜く技術、これくらいは必要だな
この部分に関して質問なんですが、500円玉を半マイル先から当てる事って
狙撃用ライフルと専門的訓練を受けた狙撃手のセットで出来る?
性能的に無理ではない?

514 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:50:15 ID:???
>>513
M-16の民間向け版であるAR-15のスナイパーカスタムで200ヤード(約180m)で
1インチの目標に当てられる。

銃と射手の腕なら不可能ではないな。

515 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 21:56:58 ID:???
>>511
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%B8%86%E8%88%B9
とりあえずウィキペディアで調べることから始めたら?
日本語記事の内容に疑念があるなら英語版を読めばいいし。

つうか「帆船 軍艦」でぐぐれば上から三つ目に帆船時代の英国海軍についての研究サイトが一発で出てくるんだから、不精せずにまず自分で探せよ。


516 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:00:40 ID:???
>>513
800m先の五百円硬貨(直径26.5mm)が約1.14MOAだから性能のいい狙撃銃持ってくれば性能的には不可能ではない

517 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:05:56 ID:???
>>512
こちらの画像を見てほしい。
ttp://www.inert-ord.net/usa03a/usarg/adapts/6817.jpg
左から "M1" "M1A1" "M1A2" "M2A1"

手榴弾を保持する爪のうちで、一番長い爪に付属している楕円断面の部品に注目。
これは arming clip で、これに手りゅう弾の安全レバーを通す。
てき弾が発射されると慣性によって arming clip が脱落し、安全レバーが撃針を叩くという仕組み。

一番右のやつは円筒形の手りゅう弾用。バネで接続されたリング(後退リング)で安全レバーを固定する。
同じく発射されると慣性によってリングが後方にずれて、安全レバーが開放されるという仕組み。

M1系とM1A1はMk2系手りゅう弾用。M1A2はM26系手榴りゅう弾用。M2A1はMk3A2攻撃手りゅう弾とか発煙手りゅう弾用。

518 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 22:11:37 ID:+Dq2ODNc
>428
>スペイン人とポルトガル人は、
>イギリス人、ドイツ人、フランス人などの一等白人から、
>南蛮人と呼ばれ、いつも二等白人扱いされてバカにされています。
>スペイン人とポルトガル人はこの先もずっと二等白人で、
>西欧の一等白人から南蛮人と呼ばれ蔑まれ続けるのでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「南蛮人と呼」んでいたのは、中国とそれに従った日本です。
ヨーロッパ人自身は言いません。

説明。
「南蛮(なんばん)あるいは蛮(ばん)は、本来は四夷のひとつであり、漢民族が南方の異文化圏の人々に対して用いた蔑称である。
日本でも当初は同様の意味で用いられていたが、15世紀にヨーロッパ人との南蛮貿易が始まって以降は、主にヨーロッパや東南アジアの文物を指す語となった。」

「日本での用法 [編集]
中華思想は日本にも取り入れられ、「蛮」という語は『日本書紀』の時代には朝鮮半島南部の未開地や薩摩の西の五色島、薩摩七島、琉球を指す語として用いられた。
16世紀、ポルトガルとスペインのイベリア半島諸国が、インドから東南アジア一帯の港湾都市や島嶼域の貿易拠点の一部に植民地を得て、
交易圏を日本にまで伸ばしてきた。これらの諸国と日本との南蛮貿易が始まると、貿易によってもたらされた文物を「南蛮」と称するようになった。やがて、
本来は人に対する蔑称であった「南蛮」が、侮蔑語というよりは、異国風で物珍しい文物を指す語として使われるようになった。
同時に、人に対する呼び名としては南蛮人(なんばんじん)という言葉が生まれた。
南蛮と同類の言葉に紅毛があり、南欧系の南蛮に対し、北欧系のイギリス人やオランダ人を意味した。」

下記、ウィキペディアの南蛮を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E8%9B%AE

519 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:15:59 ID:???
>>512
ttp://www.rt66.com/~korteng/SmallArms/mk2rifle.htm

520 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:16:07 ID:ZnaABjCl
ロンドン軍縮会議で日本海軍が
客船として作ったのを
その後、空母にしたのって何だっけ?

521 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:19:35 ID:eemxTlI/
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3151400
こういう戦列歩兵のシーン見てて思ったのですが
当時は弾を避けるために伏せる事はあまり無かったのでしょうか?
また弾込めも伏せながら行うことは出来なかったのでしょうか?
立ちながらの装填と比べると遥かに難しいけど
突っ立って撃たれるよりはましだと思うのですが

522 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:25:57 ID:???
>>520
話が、ちょっと抜けてるぞ。
ワシントン、ロンドン条約で、空母の保有制限が出きたので、優秀客船をいざという時に空母に改造できるように
建造に補助金を出した船はどれかだろ?
該当するのは
大鷹(春日丸)、雲鷹(八幡丸)、冲鷹(新田丸)
海鷹(あるぜんちな丸)
飛鷹(橿原丸)、隼鷹(出雲丸)


523 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:27:16 ID:???
>>518
板違いと誘導の掛かってる質問です。あなたが空気を読めない無知なのは知ってるので
板違いの質問は回答しないで下さい。


524 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:30:42 ID:Ec7pBkid
鳩山総理の護衛艦を友愛ボートにするという発想ですが、機密の塊の軍艦に
軍人以外の人間や他国の人間を搭乗させるのは、機密の漏洩につながって
危険じゃないんですか?

http://www.asahi.com/politics/update/1115/TKY200911140401.html

525 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:32:34 ID:???
>>521
会員じゃなきゃ見られないニコ動を貼るのは不親切。

ようつべなりニコなりで実際にマスケット銃で火薬と弾を装填して撃つ動作を見れば、それを伏せた姿勢でやるのはほとんど無理だということがわかる。
装填〜射撃に手間取ってる間に敵の銃火を浴びるか銃剣突撃されて潰乱するだけ。

526 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 22:33:10 ID:+Dq2ODNc
>391
>ドロップタンクはすごい数が投棄されたと思うのですが、今でもヨーロッパの密林や
>南の島の密林で大戦時に投棄されたものが発見されたりするのでしょうか?
>あと、投棄されたタンクを地上部隊が回収して再利用したり、敵のタンクから燃料を
>得たりしたんでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
1 現在も「発見されたりする」と想像します。
2 第二次世界大戦中は再利用しました。

説明。
ドロツプタンクが発見されても珍しくもなく、報道されません。
そのような事例は多分あるでしょう。

タンクに燃料が残っていたら、利用したかもしれません。
第二次世界大戦当時の航空燃料は、ガソリンでした。
自動車にすぐに使えます。
わさわざ飛行場まで持って行き、飛行機に利用したかは、疑問です。

「増槽を海上に投棄した場合の回収は容易ではないが、イギリス、ドイツ、フィンランドなどは、
主に戦略物資であるアルミニウム合金の節約を目的として、陸上で投棄された増槽を回収していたという事例もある
(ドイツの場合、発見した民間人に対し『礼金を出すので届けよ』と回収を促す注意書きがあったほどである)。
反対に英国駐留のアメリカ第8航空軍では、敵に資源として回収されないように紙で作られ、燃料注入後一定時間経過すると使用不能になるタンクも使用された。
第二次世界大戦時の日本軍でも竹製の枠組みに紙を貼ったり、ベニヤ板を曲げ加工し防水処理した増槽も使われたが、これは回収されないようにと言うより、自国の資源不足が原因であった。 」

下記、ウィキペディアの増槽の軍用機の増槽のドロップタンクを参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%97%E6%A7%BD

527 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:41:04 ID:???
>>493
日本の動機がどうあろうと、結果的にアジアは解放されたのだから、日本人は旧軍を誇りに思うべきだし、アジア人は日本に感謝するべきではないですか?

528 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:47:21 ID:???
>>524
護衛艦とは書かれてませんが。

529 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:47:28 ID:SeOQ26EK
現代の軍艦に、過去のようにでかい艦砲をつける意味はないんですか?
ミサイルと比べ、対地砲撃の際に、かなりのコストダウンになると思いますが?

530 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:50:40 ID:SeOQ26EK
イージス・システムを陸上に応用して、イージス戦車を作れませんか?

イージス・システムの要素とされる
・フェーズドアレイレーダー
・同時目標処理能力
・リアクション・タイムの短かさ
これらはいずれも、地上戦でも役に立つと思いますが?

531 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:53:38 ID:???
>>529
でかい艦砲をつけるとその反動を吸収するために船体がでかくなり不経済になる。
それに対地攻撃に沿岸部しか攻撃できない艦砲よりもさらにその奥まで攻撃できる
ミサイルを搭載する方が便利。


532 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:54:04 ID:???
>>522
新田丸級は、べつに将来の空母への改装を想定して補助金を出したわけじゃないぞ

533 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:55:52 ID:???
>>530
単体で纏めて作ると、かつてのドーラと大きさが変わらない物にしかならない。
その要素ごと分散して作るとパトリオットなどのただの戦域防空システムと変わらない。

534 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:56:24 ID:???
日本が自衛と開放の為に戦った「大東亜戦争」について、日本は「戦勝国」により誤った歴史観を植えつけられ、「反日勢力」により捏造した歴史を洗脳されて来ました。
現代を生きる日本国民は、大東亜戦争の真実を知り、この美しき祖国「日本」の為に尊い命を捧げられた英霊の方々へ「感謝の心」を捧げるべきです。
日本が「大東亜戦争終結」で失った最大なるものは「自信」と「誇り」であり、現代を生きる日本人は自信と誇りを取り戻さなければいけません。
良識ある日本国民の皆様、大東亜戦争についてご考慮下さい。

535 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 22:59:19 ID:Ec7pBkid
>>528
失礼。
でも自衛艦なら問題ないんでしょうかね?

536 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:00:10 ID:???
大日本帝国万歳!
それにしてもスケールのデカい戦争をやってくれたものだ。この胸に秘める誇らしい気持ちはだれにも消せはしない。

537 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:01:08 ID:???
どう考えても、大東亜戦争は正義の戦争。
万歳!万歳!天皇陛下万歳!
俺も当時に生まれたかった・・・・・

538 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:01:58 ID:???
世界が日本を認めているのは、明治から昭和にかけて、それまで五百年の白人優位社会を、ただ一国がぶち破ったからです。
当時の差別社会の中、あの欧米と堂々とわたり合ったからです。
白人社会にとっては、文化国日本が、誠実で信用を共有できる人間性だと認めたからです。
イギリスの教科書には、第二時世界大戦、日本は戦いに巻き込まれ、日本が戦ったせいで、世界の植民地が解放されるきっかけをつくったと書いてあります。
戦後日本の歴史教育は違います。
戦争は勝った方が歴史を造るのは当然です。そんな茶番を利用したのも、当時、戦勝国側についた反体制側、或は体制側であっても協力した日本人です。
日本が一方的に悪い戦争をしたなどという歴史観は、戦勝国とそれに協力した彼らによって捏造されたことが、今、色々な資料で明らかになってきました。

539 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:02:12 ID:???
>>535
政府専用機のB747を買うときも自民党は同じ事いってましたよ。
軍板よりも自衛隊板で聞いた方がいいぞ。

540 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:02:39 ID:???
日本はわれわれが思っている以上に世界の国々、人々から深く親愛され尊敬されている。

世界が日本を尊敬する理由の一つに神風特攻隊がある。敗れはしたものの世界の覇権を握る米英に対して敢然と立ち上がり、
神風特攻まで行い、死戦死闘した日本民族の勇気と気概に、世界の人々は今も心の奥底で畏怖(いふ)と尊敬の念を抱き続けているのである。

この神風特攻隊を組織し指揮したのが大西瀧治郎(たきじろう)海軍中将である。大西は特攻を敢行した理由をこう述べている。

「この神風特別攻撃隊が出て、しかも万一負けたとしても日本は亡国にならない。これが出ないで負ければ真の亡国になる」

「ここで青年が起(た)たなければ日本は滅びますよ。しかし青年たちが国難に殉じていかに戦ったかという歴史を記憶する限り、日本と日本人は滅びないのですよ」

比類なく尊く立派な歴史と伝統を有する日本を滅亡させないために、大西は心を鬼にし涙をふるって神風特攻作戦を推進し、最後に責任を取り割腹自殺した。

特攻は玉砕戦とともに米軍を震撼(しんかん)させた。その結果、アメリカは講和条件を緩和、日本は辛うじて亡国から免れた。

大西の言葉を銘記したい。日本はいざとなれば神風となって祖国を守り戦い抜く民族−世界の人々をかく思わせてきたことが、
日本の存立にとり計り知れぬ力となっているのである。

541 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:02:56 ID:???
>>532
特設空母に改装が前提だったっけ。

542 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:03:23 ID:???
私は神戸出身です。
中学生の時に阪神淡路大震災を経験しました。
今、麻生内閣の支持率が下がり、次の選挙で民主党が政権を取ろうとしています。
みんな、あの震災のこともう忘れちゃったんですか?

民主党は旧社会党の議員が7割を占める政党です。
名前は民主党に変わりましたが、実態は土井たか子や村山富市がいたあの社会党と変わりません。
あの震災の時、村山内閣が何をやったか、みんなもう忘れちゃったんですか?
その反自衛隊思想から自衛隊の出動を取り返しのつかないほど遅らせ、多くの人々を死に追いやったこと。
泣きながら自衛隊の出動を国会で要請した地元議員に、薄汚い野次を飛ばした社会党議員のこと。
自衛隊より先に現地入りした辻元清美等が、私たち被災者に「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。」と書かれたビラを配っていたこと。
本当にみんな忘れちゃったんですか?
辻元清美は今、民主党議員として活動しています。
知らないなら知ってください。
忘れているなら思い出してください。
社会党にまた政権をとらすのですか?
私はそんなの絶対に嫌です。

543 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:08:22 ID:rcOp4qQ0
質問
空中給油機って他の航空機に飲ませる燃料を積んでるわけですが
あの燃料って給油機自身の燃料がなくなったときに使えたりするんでしょうか?

あと海兵隊ってハリアーU持ってますよね?
あのハリアーって揚陸艦から運用するためなんでしょうが
なにも海軍の航空機に支援してもらえばいいのでは?と思ったんですがなんか事情があるんですか?

544 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:09:18 ID:SeOQ26EK
旧軍で将校は軍刀を持っていたと思うんですが、これは実際に兵器として有用なものなんですか?
銃剣突撃ってのは聞くけど、軍刀突撃ってのは聞かないし、100人斬りはサヨクの捏造だというし。

545 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:11:24 ID:???
>>523
回答は間違ってるが、かすみんは正しいことをしてるよ。
お前見たなクズはROMってろよ。

546 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:12:06 ID:???
>>523
クズ、早く死ね

547 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:13:02 ID:SeOQ26EK
硫黄島って、どうやったら行けるんですか?

548 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:14:06 ID:J/YA4fMK
E-2やE-3には、空中哨戒能力だけでなく、水上哨戒能力もあるんですか?

549 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:14:36 ID:???
>545
回答が間違っている時点で失格だろ、姿勢がよければ誤答でもいいのか?

550 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:15:00 ID:J/YA4fMK
通常、航空レーダーを地上に照射してもエコーが映るだけですが、
E-8はどうやって地上の建物や車両を識別し探知しているんですか?

551 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:15:16 ID:???
オーストコリア人は、いつになったら大東亜戦争の残虐行為を謝罪すんの?

552 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:15:45 ID:???
>>549
その通りだ

553 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:15:56 ID:???
なんで最近へんな吸着がいるんだ?

554 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:15:57 ID:???
軍人って、第一次産業、第二次産業、第三次産業のうちどれに該当すんの?

555 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:19:46 ID:???
粘着荒しなら1年はいるだろ

556 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:21:02 ID:???
>>541
それはあるぜんちな丸級以降
新田丸級の場合は老朽船を廃して船舶業界をテコ入れするための補助金

557 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:22:00 ID:hG6RLq1V
>>515
ごめん。。。
でもありがとう

558 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:22:15 ID:???
>>549
間違ってると思えば訂正してやれよ
煽りよりはカスミンははるかに立派だ

559 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:22:47 ID:???
>>550
WikipediaのE−8の項目に簡単にだが説明がまとまってあるんだが。
それくらい読もうよ。


560 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:23:35 ID:???
>552
正誤は問わず「ぼくのりそうぞう」に合ったものを見せれば満足するのか・・・
そりゃあ見たいものが出て来るまで粘着するわな

「見たいもの」が現実事実から乖離してて、真っ当な回答では出て来ないからコピペ質問を繰り返すんだろうけど

561 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:23:56 ID:???
>>550
E-8でぐぐればウィキペディアの記事が出てくるからそれをよく読んでください。

562 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:24:16 ID:???
>>558
それは間違いだと指摘した>>545に言え。
それとここはそもそもよろず相談板ではない。

563 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:25:41 ID:???
>>562
そういう人に命令するような態度が
荒らしと変わらないんだよ

564 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:32:20 ID:J/YA4fMK
>>559>>561
お前ら二人はカスミン以下だな。
wiki丸投げな上に引用もしないなんて。

それより、未だに無線で口頭で喋ってることに驚いた。
E-8が探知した目標の情報が、戦闘機、攻撃機、ヘリ、戦車、装甲車、司令部のモニターに直接表示させるようにするべきだよ。

565 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:36:00 ID:4KccSGhP
質問させていただきます。
「空母ミッドウェー」を読んでいて(スミマセン著者は失念しました以前
に読んだもので・・・日系人の方です)疑問に思ったのですが、
艦載機のエンジンを艦長命令で全機一斉に始動するくだりがあるのですが、
非常に燃料効率が悪いように思います。
更に爆音や、甲板で作業中のクルーの安全性を考えると発艦順にスタート
させたほうがいいと考えますが、何故同時に始動させるのかご教授ください。

566 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:45:37 ID:???
docomoなんだが、1月も規制くらっていたよ。
なんで携帯で・・

567 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:47:14 ID:kH87yaWD
沖縄戦は、時間稼ぎのための捨て石と解釈していいんですか?

568 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 23:48:03 ID:+Dq2ODNc
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 608
>853
> 「ソ連では数を揃える事が第一義」です。
> 説明。
> ソ連(ロシア)では、軍事ドクトリンそのものが、「数を揃える事」になっているのです。
> 戦車だけではありません。
>また始まった。
>やさしく言えば、ソース出せ。
>厳しく言うなら、「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国があるならぜひ聞かせろ。
>つか、いい加減にしろ。
>突っ込みどころが多すぎ。

霞ヶ浦の住人の回答。
ザ・ソ連軍 (〔正〕) (-) スヴォーロフ (著), 

説明。
ロシア(ソ連や帝政ロシアを含む)の軍事ドクトリンは、数で押す主義でした。
第二次世界大戦の独ソ戦での初期のドイツ軍は、下級部隊の指揮官が目標を明示されて、独自に判断して行動しました。
ソ連軍は初期には負けました。しかし、膨大な戦力を整えて、数で押すようになり、最終的にはソ連軍が勝利しました。
霞ヶ浦の住人人は、ソ連式とドイツ式、どちらが優れているのかは判断できません。
しかし、両者の軍事ドクトリンには、明確な違いがあります。
「このドクトリンでは、攻撃正面を広くとり、数波に分け間断なく攻撃することで、防衛軍を全域にわたって拘束する。
阻止される箇所がいくつあっても、戦力の優位によってどこかで弱点を突破できる。その後は追撃局面となり、なおも抗戦を続ける防衛軍がいれば、包囲して殲滅する。
このような攻撃にさらされたとき、防衛側の司令部は、予備軍を突破に備えて待機させなければならず、前線は援軍なしで戦わなければならなかった。
さらに、前線の部隊は、自分の担当正面からの圧力が弱いときにも安心できず、他の部隊の崩壊を恐れなければならなかった。枢軸国軍は、ソ連軍の数的優位を何倍にも増幅して感じた。
このドクトリンは、大量の砲弾と多数の戦車(および理論上はさらに多数の航空機)を組み合わせ、火力と機動力と物量で敵を圧倒することを中心にしており、
人の数だけで押し切ろうとするものではない。攻撃正面を絞り込まないため、不利な戦場をいくつか抱え込むことになったが、ソ連軍の考えでは、それも全体での決定的勝利のために必要な犠牲であった。」

569 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 23:49:13 ID:+Dq2ODNc
上記は下記、ウィキペディアの人海戦術の人海戦術の実際のソ連軍の縦深攻撃からの引用です。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B5%B7%E6%88%A6%E8%A1%93

570 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:51:27 ID:???
>>545
お前昨日から「カスミンは正しい」と言い続けてる馬鹿だろ

571 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:53:19 ID:???
>>568
引用部にきちんとかいてるけど。「人の数だけで押し切ろうとするものではない」
自分で自分の説の否定ご苦労さん。

572 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 23:55:33 ID:+Dq2ODNc
>543
>質問
>空中給油機って他の航空機に飲ませる燃料を積んでるわけですが
>あの燃料って給油機自身の燃料がなくなったときに使えたりするんでしょうか?
>あと海兵隊ってハリアーU持ってますよね?
>あのハリアーって揚陸艦から運用するためなんでしょうが
>なにも海軍の航空機に支援してもらえばいいのでは?と思ったんですがなんか事情があるんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
燃料は共用しています。

説明。
燃料を自機用と、供給用に分けていたら、不便でしょうがありません。

573 名前:名無し三等兵 :2010/01/27(水) 23:57:54 ID:???
>571
ウィキでは「人の数だけで押し切ろうとするものではない」だけど、スヴォーロフの「ザ・ソ連軍」には数で押す主義とあるんだろうよ
なら論拠にウィキ引っ張ってこずにスヴォーロフ本から引用しろって話だけどな

574 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/27(水) 23:58:11 ID:+Dq2ODNc
571 :名無し三等兵:2010/01/27(水) 23:53:19 ID:???
>>568
引用部にきちんとかいてるけど。「人の数だけで押し切ろうとするものではない」
自分で自分の説の否定ご苦労さん。

霞ヶ浦の住人の回答。
そのとおりです。

説明。
戦車は人ではありません。

このドクトリンは、大量の砲弾と多数の戦車(および理論上はさらに多数の航空機)を組み合わせ、火力と機動力と物量で敵を圧倒することを中心にしており、
人の数だけで押し切ろうとするものではない。


575 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:02:38 ID:???
>>574
だから、ヨーロッパの地形に適合した設計がされた戦車を巧者3倍の原則を満たすだけ
そろえたわけで、ヨーロッパの地形では、西側同世代の戦車に比べて、単独でも劣ってるものではないと
すでに説明してる。霞ヶ浦の住人が、かずうんぬんと話をごまかしてるだけ。いいかげんにしろ。

576 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:07:38 ID:???
>>568
カスミン、前スレ853は『厳しく言うなら、「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国があるならぜひ聞かせろ』だよ?
その回答はどこにあるの? 853はソ連以外のドクトリンを聞いているようにしか読めないけど?

577 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:31:54 ID:???
>>567
まあ簡単に言えばそうだな
勝利を望めない持久戦で、一日でも長く米軍を拘束できればそれだけ米軍の本土侵攻が遅くなるという考え方
当時の情勢ではそういう作戦を採らざるを得なかったわけで、よく捨石作戦を非難する人がいるが本当に非難されるべきなのは戦争をしたことそのものだな

578 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:32:13 ID:???
>>564
で、君は丸投げされる前に自分でぐぐって調べる努力はしたわけ?
ここはお前に代わって検索してあげるサイトじゃないんだよ。

579 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:41:09 ID:kyZEdiJ5
その国が空母戦力を保有する場合、
通常、空母全隻に搭載する数の二倍の数の艦載機を保有しないといけない。

例えば、戦闘機や攻撃機などを80機運用できる正規空母を四隻保有しているA國の場合、
全部で640機の艦上機を持たないといけない。

何故、実際に空母で運用する機数の二倍の数の艦上機が必要なんですか?
空母に乗る分と同数、あるいはそれよりも少ないと駄目なんですか?

580 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:46:00 ID:???
>>579
別に空母の搭載能力以下しかなくても問題ありませんけど。
二直制なんて、贅沢は戦争中の米軍ぐらいしか実現できてませんから。

581 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:47:52 ID:TwkWLdu6
sage
なるほど

582 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 00:54:55 ID:fiTWjQ2M
戦車の大群が大陸を移動するとき、燃料はどうやって運んだのでしょうか?
タンクローリーみたいな専用車を使ったのか
あるいは鉄道で運ぶことが多かったのか
おねがいします

583 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:00:57 ID:kyZEdiJ5
>>580
現代の、米海軍、英海軍、仏海軍は二直制で運用してるんじゃないんですか?

584 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:08:42 ID:???
>>583
どこから、そんなヨタ仕入れたの?
アメリカ海軍なんか、海軍だけでは足らなくて、海兵隊の航空隊も乗せてるうえに、
それでも足らないから、ドック入りしてオーバーホール中の空母の航空隊までやりくりして乗せてるんだけど。

585 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:08:57 ID:???
>>583
いいえ、現在の米海軍ではむしろ空母航空団の数は空母の隻数より少ない。

586 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:09:00 ID:???
>>583
違います。

587 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:12:45 ID:uJO7siW6
船団において対艦ミサイルがとんできたとき
対ミサイル防御とか攻撃指示ってそれぞれが勝手にやるの?
それとも中核のイージス艦とか空母が指示してから攻撃するの?

588 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:12:46 ID:???
弟二次大戦で建国史上最大最悪の被害を受けた我が日本

・死亡者数、軍民合わせて300万以上
・海外領土を全て失った
・海外資産も全て失った
・人類史上初の被爆国という悲劇に見舞われた
・戦後、国軍は解体され、国民が国防を軽視するように洗脳された
・戦後、国歌や国旗を公然と軽蔑する教師が教壇に立つようになった
・戦後、マスコミは外国の意を汲んだ報道を喜んで行うようになった
・戦後、三国人が国内に寄生し跳梁跋扈
・戦後、外国による公然たる内政干渉が恒常化

日本をこんな惨めな敗戦と戦後へ導いたナチスこそ日本史上最大の厄病神である

589 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:12:54 ID:???
>>582
いつの時代のどこの軍隊のことが聞きたいんだ?

590 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:13:47 ID:k4ervS1d
米軍が日本に駐留していますが、その目的は、
支那大陸、台湾島、朝鮮半島などで動乱が起きたときに、
その地域に在留しているアメリカ人を迅速に救助するためと、
日本で反米武装勢力が決起したときにそれらを速やかに鎮圧するためと、
西太平洋地域でアメリカの覇権的地位を確保するためですよね。

何故そのような組織に、お金を払ってまで広範囲な土地を供与しているのでしょうか?
日本のために駐留しているわけじゃないのに、
こういうのはお金や土地の無駄遣いだし、国民のためにもならないし、
外国との戦争で散っていった先人に申し訳ないのではないでしょうか?

591 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:14:21 ID:???
>>543
前段、使えます。
後段、海兵隊は、前大戦の戦訓から自前の航空支援がどうしても必要と考えています。
AV-8Bのような機体は、揚陸艦に載せるだけでなく前線のエアストリップからの運用を考えて導入しています。

592 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:16:09 ID:k4ervS1d
艦載機を、空母の上甲板に並べる事。発艦及び着艦。
海が荒れすぎれば出来なくなると思うのですが、波浪階級で言うとどの程度まで
艦載機を上甲板に並べたり、発艦・着艦が出来るものでしょうか?

艦載機の性能や空母の大きさに左右されると思いますが、第2次大戦期の日本空母
(赤城、飛竜、大鳳、信濃等)だったらどうでしょうか?

やはり、現用空母だと軍事秘密に該当するので非公開でしょうか?

593 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:16:49 ID:???
>>582
WW2のソビエトだと、鉄道で、集積地点まで運んでそこから、ローリーや、トラック。
アメリカの場合、ヨーロッパ戦線だとパイプラインができるまでは港からトラックで前線まで。
パイプラインが集積拠点まで出来た後はそこから、ローリーや、トラック。


594 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:17:05 ID:???
>>589
独ソ戦のような大陸で戦車がいっぱいいて、長大な遠征をするような戦い

595 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:18:13 ID:???
>>593
やっぱアメリカすげーよなぁ
集積拠点までパイプライン引くとかマジキチ

596 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:18:19 ID:???
毎晩毎晩この時間にコピペを貼ってるのはノルマでもあるのか、それとも強迫観念にとりつかれてるのか?

597 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:18:34 ID:???
>>582
WW2のドイツだと、馬車にジェリ缶積んで、燃料輸送。

598 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:18:49 ID:k4ervS1d
大日本帝国が破れ日本国となったわけだけど、
これは大日本帝国が滅亡したという事?

599 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:19:19 ID:???
>>596
誰かが相手してくれるからじゃないの?
「相手してる誰か」も彼の自演かもしれんが

600 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:20:08 ID:???
スヴォーロフ元帥は奇人変人の類で有名ですが、
朝から酒をぶっ倒れるまで飲んだりしているのに、どうやって指揮をとり
常勝不敗とまで言われるのでしょうか?

601 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:21:24 ID:???
例え敵が強くとも戦うべきだというなら、なぜポツダム宣言なんか
のんだんですか?

最悪度からいったら、
ハルノートの条件<<<<<<<<<<<<<<<<ポツダム宣言
だろどう考えても。

602 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:23:04 ID:BQsVjzAW
映画のパールハーバーで日本機を撃墜した黒人兵士さんのモデルの人って
その後に戦死したってマジですか?

603 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:23:58 ID:k4ervS1d
ガダルカナル島で最初に飛行場を作っていて米軍の上陸で山林に逃げ込んだ
日本軍の設営隊と若干の守備隊ってその後どうなったんですか?

604 名前:582 :2010/01/28(木) 01:24:16 ID:???
>>593>>597
ありがとうございます

鉄道、船、パイプライン、タンクローリー
を組み合わせてということですね


満を持してソ連と戦ったならば
満鉄VSシベリア鉄道ということなのかな

605 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:24:18 ID:???
>>595
その代わりトラック輸送ではドラム缶の他に小分けで運ぶときは石油缶を使ってたけど途中で壊れて漏れまくり。
輸送途上の損失が多すぎるので、プレス成形でショックに強いドイツのジェリカンをコピーして使うようになった。
豆な。

606 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:24:50 ID:kyZEdiJ5
>>584
違うの?

>>585
現在の米海軍は、海兵隊の分と合わせても、
実際の任務に付く空母と訓練に必要な分しか揃えてないんですか?

空母で運用できる数と比較して、少ない数しか配備されてないんですか?

607 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:25:17 ID:???
ガダルカナル島で最初に飛行場を作っていて米軍の上陸で山林に逃げ込んだ日本軍の設営隊と若干の守備隊ってその後どうなったんですか?(542:345)
(注:コピペ荒らしにて以下のスレにコピペされている
 542:349,567、542重複(実質543):6、543(実質544):547,990、545:251、547:277)

608 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:25:20 ID:???
>>600
一芸が特別に優れた人は大抵が変人・奇人なのです
所謂知能遅れの人々の多くがある一芸において稀有なる才能を発揮するのは脳がその分野に偏重して活動している結果として一般的な知能が不足するのだと言われています

って関係ないか

609 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:27:23 ID:???
>>582
湾岸戦争・イラク戦争の場合、基本コンボイ。

610 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:29:23 ID:???
>>606
だから、二直制というのが、すでに実現不可能。
どこも予算削減で辛いんだよ。

611 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:29:51 ID:???
>>606
実際にググって現在の空母航空団の数を数えてみろよ。
(ついでに編成も調べてみ)

612 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:30:36 ID:???
軍隊は生産性皆無だからな
金は儲からんよ

613 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:33:53 ID:TeLFY2++
例えば日本が韓国に攻め込む場合、
揚陸戦力を整えて韓国の海岸に着上陸するのと、
日韓トンネルを作ってトンネルから陸上戦力を投入するのとではどちらが効率的ですか?

614 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:33:57 ID:kyZEdiJ5
現在、米海軍は全部で11隻の空母を保有・運用していて、
戦闘機と攻撃機は空母一個につき48機配備することになっているから、
二倍の数は、48×11×2で、全部で1056機になりますね。

F/A-18は、米海軍と海兵隊で全部で何機運用されてますか?

615 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:34:05 ID:???
>>602
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC
1943年11月24日のタラワ攻略戦で乗っていた護衛空母リスカム・ベイが伊175の雷撃で沈没。
そのままMIA(作戦中に行方不明)となり後に死亡と認定。

616 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:35:51 ID:???
>>613
繋ぎ直してID変えても無駄だぞ池沼

617 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:37:22 ID:???
>>567
実際に沖縄失陥を前提にした作戦を立てていたかといえばそんな事はなかった。
米軍の撃退を目標した防衛計画が立てられたことは確かで、
沖縄守備隊には送れる限りの優良師団と砲兵部隊を送っていて
台湾への兵力転用に関しても状況分析から止むを得ない部分があった。

ただ沖縄戦の最中に
戦闘状況から「沖縄陥落は免れ得ない」という分析が大本営でなされた例があり、
それが10年ほど前の朝日新聞に取り上げられ、
沖縄を見捨てた証拠であると批判されたということがあった。

618 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:37:37 ID:kyZEdiJ5
あれ?

E-2、EA-6など、早期警戒機や電子戦機は、
二倍の数よりも多く生産され配備されているのはどうしてですか?



619 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:37:41 ID:???
>>614
wikiに運用数が書いてるからそれ見て合算しろ。

620 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:38:16 ID:???
海自は、戦争が起きたら、護衛艦隊と潜水艦隊が敵艦隊を攻撃し、
地方隊が港と沿岸を守るんですよね。

なのに何故、地方隊は廃止されたんですか?
沿岸海域の防衛は誰がやるんですか?

621 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:39:40 ID:???
日本には9条っていう素晴らしい憲法があるんです!持っててよかった9条!
って左翼はいうけど、そんなに素晴らしい憲法なのになんで日本以外に
たったの一国も外国で9条を導入する国がないんでしょうか。理由を教えてください。

622 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:39:49 ID:ePwwpn1c
アメリカ海軍の場合、潜水艦の一部、弾道弾潜や巡航誘導弾潜については二組のクルーを揃えてある。
また、最近就役したり引渡しされている沿岸戦闘艦艇(米海軍流のコルベットの呼び方、高速コルベット)も
同じく乗員について二組のクルーを揃えてある。

ゴールドクルーとブルークルーという。これで艦艇が海に出て任務についている期間を長くとることができ、
海軍人は教育(軍隊内部で様々な教育があり、技能や資格を習得する)や陸上勤務に余裕をもって
廻ることができるようになる。

しかし、空母航空団についていえば、空母の艦体が次に洋上に出られる時期にあわせて各地から
航空隊を集めて部隊として一体になるよう仕上げる訓練をしてから、載せて送り出す形をとっている。

これは一つには艦載機の数が不足しているからでもあるし、そもそも冷戦が終結し、米海軍と洋上で対決
するような艦隊を保有する仮想敵国が現れていない反映でもある。

623 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:40:09 ID:kyZEdiJ5
>>619
リンクお願い

探しても分からなかった

624 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:40:36 ID:???
日本は、大和、出雲、蝦夷、熊襲、隼人、アイヌ、沖縄などが占める多人種国家ですが、
例えばユーゴやスリランカの様に、それぞれの人種が独立紛争を起こしたり、
日本列島の覇権的地位を求めて戦争を起こさないのは、
それに乗じて、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、ロシア連邦、中華人民共和国が、
日本に攻めて来るのを恐れているからですか?

それとも、既に混血が進み、それぞれの民族としての独立を保つことが難しいから、
もはや独立や戦争どころではないんですか?

また、日本に亡命してきた百済や伽耶もおりますが、そちらはどうなりますか?

あと、高麗(韓国、北朝鮮)の追放計画は既に始まろうとしていますが、
まずは高麗を日本列島から追い出すのが先なんでしょうか?

625 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:41:19 ID:???
プロ野球の乱闘の時、バットを持って飛び出す人がいないのは何故でしょうか
それで人を叩かずとも、強力な武器は暴力の抑止になると思うのですが

626 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:41:58 ID:???
>>623
ググレカス。
WIKIPEDIAのリンクがわからないなんて、人を馬鹿にするにも程がある。

627 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:42:58 ID:???
太平洋戦争終結後、インドネシアに駐屯していた日本軍は、
インドネシア人と共に、インドネシアを再度植民地化しようとしてくるオランダ軍と戦い、
インドネシアの独立に貢献しました。

しかし何故、台湾に駐屯していた日本軍は一切戦わず、
台湾を侵略しに来た中華民国軍(蒋介石国民党)にあっさりと台湾を明け渡してしまったのでしょうか?

台湾に駐屯していた日本軍部隊はインドネシアに駐屯していた日本軍部隊よりも強力だったし、
中華民国軍はオランダ軍よりも弱かったから、
台湾人と共に日本軍が戦えば、台湾は独立できただろうし、
今に続く中華民国による支配や二・二八事件のような悲劇は防げたと思いますが。

628 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:43:02 ID:???
>>614
現在整備中のF/A-18E/Fスーパーホーネットの調達予定は海軍・海兵隊合計で548機。

ちなみにA-D型の調達数量は
アメリカ海軍:A×64、B×25、C×293、D×42の合計424機。
海兵隊:A×59、B×3、C×96、D×95の合計253機。
ただしこれらはE/F型により更新されるべきもの。

629 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 01:44:00 ID:???
海上自衛隊の護衛艦の定数が削減されるとの噂がありますが、
何故周辺諸国が軍拡している今削減するのでしょうか?
削減するとどのような弊害がありますか?
最終的に定数が何隻から何隻になるんですか?

削減に至った経緯と理由は?

630 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:04:26 ID:???
>>618
E-2はE-2で、EA-6はEA-6で更新されているから。

631 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:16:55 ID:kyZEdiJ5
>>626
いやだから、ウィキペディアのどこを見ればいいんですかと聞いてるんですよ

632 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:18:18 ID:kyZEdiJ5
>>628>>630
ありがとうございます。
少なくとも、空母と同数以上は確保されているみたいですね。

633 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:19:48 ID:???
俺の質問ばっかコピペするな死ね

こいつのせいで、俺の質問に回答がもらえなくなってきている
こんな知的障害児のコピペやろうと一緒にされるのは心外だ

634 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:21:49 ID:???
クソなのはおまえ
自覚あるだろ?
あるから調子に乗るんだろ?
恥ずかしくない?

635 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:32:52 ID:???
コピペコピペ言うけど殆どの質問がまだ回答付いてない質問なんだよね
よく考えてみれば

636 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:34:52 ID:???
>>631
ヒント:ページ検索

637 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:36:32 ID:???
>>632
確保されてねーよ、だから困ってんだろうが。

638 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 02:36:44 ID:???
>>635
コピペバカが欲しい回答がついてないだけで、一般的な回答はついてるけどな。

639 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 03:19:12 ID:FEZAlRGc
何故日本はあの戦争で負けたんですか?

640 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 04:31:02 ID:flqQsVZZ
古代の戦争を図なんかに起こして分析していくのが楽しいのは分かるんだけど、
現代の戦争って、あとから分析して楽しめるもんなの?

「○○の戦い」みたいな大決戦は起こりえますか?

641 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 04:53:50 ID:???
湾岸戦争での戦車戦とか、詳しく分析されてたじゃないか。

642 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 05:57:14 ID:???
>>639
戦略デザインの欠落、工業生産力、生産体制の不備、工業規格の欠落、
失敗がまったくフィードバックされない軍の体質、不毛そのものの精神論、
神頼みの特攻体質、国民の教育水準の低さなどが米国に対して劣って
いました。
要は日本国民全体が米国民に劣っていたと総括できます。

643 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 06:16:29 ID:???
今でも変わらない日本国民の人種的な欠陥といえるでしょうね。

644 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 06:34:44 ID:???
>>640
古代の戦争はかなりの部分を想像で補完するしかない(=大半の説が提唱者の妄想でしかない)からつまらん
近代まで来ればそれなりに詳細な記録が出てきて妄想要素が薄くなるからそれなりに楽しめるようになる


645 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:25:15 ID:???
日本の動機がどうあろうと、結果的にアジアは解放されたのだから、日本人は旧軍を誇りに思うべきだし、アジア人は日本に感謝するべきではないですか?

646 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:33:03 ID:RD6d64oL
先の大戦で、特攻を促されながらも拒否した将兵は、どんな不利益を受ける場合があったんですか?

647 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:34:56 ID:???
>>645
>日本の動機がどうあろうと
なぜ?www

>旧軍を誇りに思うべき
勝手に思っててください。べつに止めません

>アジア人は日本に感謝するべき
日本軍が弱くて終戦近くの日本兵狩りが容易だったのは東南アジアの人たちは
感謝していると思います。支配者であった白人を追い出して自分が支配者になろう
とした日本軍を首尾よく追い出せたのですから

648 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:36:26 ID:???
>>647
コピペキチガイにレスするなと。反応が出やすい質問をわざとしてるんだから

649 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:41:33 ID:???
>>647
世の中結果が全てです。
最大の戦略目的「アジアの解放」を成功させた日本は、まぎれもなく誇らしい国ではないの?

650 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:55:22 ID:???
>最大の戦略目的「アジアの解放」
これが事実だったらなんてステキなんでしょうかw

651 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 07:57:30 ID:???
本当にアジアを解放しようなんて動機だけで戦争を始めたとすればアルカイダと同じ。
その方がよほど異常で危険なことだわな。

652 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 08:12:56 ID:???
ブロック経済圏を崩壊させたという意味では
資源のない日本にとって結果的に有利な国際状況にできたとはいえる。

653 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 08:30:11 ID:CqS4poeg
日本軍は日清戦争の経験を日露戦争ではかなり生かしていたと思いますが
昭和になって失敗がフィードバックされない体質になってしまったのはどうしてですか?

654 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 08:48:44 ID:???
>>653
具体的にはどんなこと?
戦訓の反映が遅かったの事実だが、行ってるけど。


655 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 08:55:38 ID:???
>>653
ひとことで言ってしまえば
>帝国陸海軍は既存の知識を強化しすぎて、学習棄却に失敗したといえるだろう
(引用「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」)
言葉の意味は上述書を熟読してほしい。詳細略す。
653の問いに関して書籍1冊丸ごとの著述で答えてくれてる

656 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 09:45:16 ID:???
>>653
昭和の日本軍において失敗が迅速にフィードバックされ、
それにより短期間で成果をあげた例というのは幾らでもある。

まず島嶼における上陸防御においては
日本だけでなく各国とも敵が戦力集中の困難な上陸中に
水際迎撃を行なうことが基本戦術だったが
陸軍はサイパンでの敗因を徹底的に研究したことで
米軍の支援火力の強大さから水際迎撃は困難と結論し、
縦深陣地に引き込んで消耗を強いるという戦術に転換して
それに基いた『上陸防御教令』や『島嶼守備要領』を策定している。

数ヶ月後のペリリュー戦から、硫黄島、沖縄など
それ以降の上陸米軍が上陸戦史上経験が無かったほどの損害と
作戦遅延を受けるようになった理由として
とかく現場の司令官の有能さのみが注目されがちだが
実際は上述の陸軍の戦術転換の適切さに拠るものが大きかった。


またミッドウェー海戦での敗北を受けて、
新たに編成された空母機動部隊では戦訓から情報と戦務が重視され、
連合艦隊で初の情報参謀のポストが置かれたほか、
淵田など現場の指揮官の構想が取り入れられ
それまでは艦隊航空戦の遂行に支障がないだけの幕僚陣だったものが
独立して機動作戦を行なえるだけの規模まで質的・量的に強化されている。

艦隊作戦にもミッドウェーの教訓が多く反映され、同年の南太平洋海戦での勝利に繋がった。

657 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 09:48:00 ID:6RpMa1rt
すいません、質問です。下の記事で
ttp://dic.nicovideo.jp/a/c-x

>ついでに書くとC-130Jは傑作輸送機C-130に要らぬ改良加えた駄作です

とありますが、どんな事をしてダメにしちゃったんでしょうか?
wikiにも書いてありませんでしたし、「C-130J 問題」でググッても分かりませんでした。
よろしくお願いします。 

658 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 09:53:15 ID:???
コピペで質問が埋もれていく・・・
NGぐらいやれよ・・・

659 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:02:34 ID:???
>>656

>とかく現場の司令官の有能さのみが注目されがちだが
>実際は上述の陸軍の戦術転換の適切さに拠るものが大きかった。

戦訓報とか読むと、とてもそうは思えんが。

ttp://store.shopping.yahoo.co.jp/7andy/31093787.html

660 名前:509 :2010/01/28(木) 10:04:28 ID:1H9tiOdD
>>510
遅れましたがありがとうございます

661 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:08:02 ID:???
>>657
基本設計はC-130なので(当たり前だが)
改修したといっても、カタログ上の性能がそんなに向上したわけではない

しかし調達単価は大幅に高騰しているし、実際に運用してみると
プロペラの振動が云々といったトラブルが出ている
米議会や国防総省のレポートでも、費用対効果が悪いとの指摘が出ている

以下、関連記事(英文)
ttp://www.govexec.com/dailyfed/0105/012405cdpm3.htm
ttp://www.defenseindustrydaily.com/pentagon-report-c130j-cancellation-costs-were-overestimated-02386/

662 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:26:41 ID:???
反面、米軍が常に迅速な方針転換ができたかといえば
アメリカの戦史研究などをみると今でも批判されている点は多々ある。

例えば戦前の爆撃訓練での結果から
護衛戦闘機不要論というのが米軍内で唱えられ、
不要論者のみが航空隊の主要ポストについたことで
訓練結果に否定的な見解を示したシェンノートなどは軍中央から退けられ
その結果誤った整備計画と運用によって
航空隊の被害をいたずらに増す結果になったという指摘がある。

BOBにより護衛戦闘機の重要性が提起され
開戦後爆撃機の想定以上の損害があったにも関わらず
英空軍の反対をおして昼間無護衛爆撃が続けられ
シュヴァインフルト爆撃やレーゲンスブルク爆撃での大きな犠牲に至った原因は
米軍内での勢力争いに淵源があるとか。

663 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:54:04 ID:???
>>656
水際殲滅か内陸持久かで揺れて大損害を出した沖縄のことを併記すべき。

>>662
当時の米長距離護衛戦闘機の実情を書いておくべき。
実用的な長距離護衛戦闘機が存在したのに護衛につけなかったように読める

664 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:56:07 ID:???
>>659
思うも思わないも実際にそう。

サイパンの戦訓を元に昭和19年8月に
大本営からだされた『島嶼守備要領』は
主陣地を海岸線に置いて水際迎撃に主力を投入するべきとしたそれまでの戦術を変更して、
主陣地を後退させることを許可し、主力部隊を温存して弾力的防御を行なうことを目指したもの。

それを元にペリリュー戦が行なわれ想定以上の結果が出たことで
縦深陣地を利用した持久戦を追求する『上陸防御教令』が10月にだされ
硫黄島戦や沖縄戦で踏襲された。
それによって大きな戦果をあげえたことは周知の通り。

665 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 10:58:46 ID:???
>>663
沖縄では、上陸当初、水際反撃がなくエイプリルフール?っと言われたんだが。

666 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 11:07:06 ID:???
>>663
沖縄の場合は水際での迎撃を放棄して内陸に米軍を引き込んだ後の話で
飛行場を占領されることによる航空戦の不利が問題になり
各方面から米軍の飛行場使用を妨害するよう要請されたことで攻勢が行なわれたもので
水際迎撃を目的に攻勢が行なわれたわけではないことを踏まえるべき。

667 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 12:28:24 ID:???
>>666
北部、中央の飛行場確保は水際殲滅が前提であり、それ以外の戦術オプションは
存在しない。
硫黄島、沖縄の「成功した内陸持久作戦」も実は軍の作戦策定の主流ではなかった。
両者ともに現地司令部での強力な推進がなければ実現しなかった。

結局のところ日本軍は失敗によるフィードバックで柔軟に対処する能力は大戦末期に
現地司令部が半ば大本営の指示を無視して推進するしか実現する道はなかった。

668 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 14:37:11 ID:???
>>667
根本的な誤解があるようだが、
『島嶼守備要領』や『上陸防御教令』は一部の反主流派がこっそり作ったものではなく
大陸指や参謀次長名で伝達されているもので、
陸軍の方針といってもいい内容のもの。

確かに硫黄島では当初、
水際迎撃が目論見られ水際推進陣地の構築が行なわれていたが、
それはサイパン戦の教訓を得る前のことで、
サイパン戦とそれに伴う方針転換が栗林中将の着任後に行なわれたため
軍部と異なる作戦を栗林中将が立案したかのように誤解されやすいというだけ。
実際には陸軍の教令で
「後退配備による縦深防御で対抗し、任務・地形により内陸での決戦を認める」
と指示されているから、栗林中将の作戦が陸軍の主流に反したというのは根拠がない。

また陸軍では上述の方針を実効性のある作戦に繋げるためのマニュアル作成もしている。
大本営陸軍部第二部が作成した『敵軍戦法早わかり』では
米軍の艦砲射撃の弾量は何個師団相当であるとか、
米海兵師団と日本軍師団の火力比の考察であるとか
上陸準備爆撃パターンの解析や橋頭堡の確保から侵攻時間など分析情報が示されている。
ペリリューや硫黄島などで効果的な防衛が行なえたのは
一部の人間の閃きとかではなく、こうした情報が生かされたからこそといえる。

沖縄については
「約10日間の間、敵の北、中飛行場の使用を封止するため攻勢をとられんことを熱望する次第」
など、飛行場再確保の要望がきたもので、水際で敵を殲滅しろといった内容のものでもないし、
水際撃滅というのは水際に推進した陣地により水際で迎え撃つ作戦の話なんで
それとは違うものだろ。

669 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 14:56:08 ID:???
>北部、中央の飛行場確保は水際殲滅が前提であり、それ以外の戦術オプションは
>存在しない。

オプションは存在しないの意味は?
実際に行なわれた攻撃は集中攻撃ではなく、
夜間に小隊以下の斬り込みを多用したもので、
投入戦力も2個大隊+αなんて小規模では、
敵を殲滅するなんて誰も考えてないだろ。

670 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:21:41 ID:???
日本軍には失敗の教訓をフィードバックするシステムがなく、それで敗戦した。
何か間違ってるだろうか?
完全に負けが決定付けられていた硫黄島、沖縄の作戦は成功であったかもしれないが
それは決して勝利ではない。

671 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:26:10 ID:???
>>670
それはドイツだって同じ事だろ。

672 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:30:47 ID:???
>>669
逆に質問したいが、軍の作戦行動に統一性があるならなぜ海軍と大本営は飛行場を
確保できると思っていたのか。
日本軍はそれまでの失敗のフィードバックにより内陸持久戦法で抗戦することで意志
統一が図れていたのではないのか。

673 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:31:51 ID:uJO7siW6
質問
爆撃機が爆弾を落としたら変なフィンが開いてましたがあれはなんですか?
誘導用?

あと爆弾って自由落下なんですよね?
落ちる位置は大体わかるし、精密爆撃したいならJDAMとか使う気がしますが
WW2みたいに高々度から落とさないのはなんでなんでしょう?

674 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:32:51 ID:???
>>671
>>653はドイツについては何も問うていない

675 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:45:03 ID:???
>>673
低空で投下してるなら、「変なフィン」ってのは減速用の空気抵抗板かバリュートだろう。爆発に巻き込まれないように自機が退避するまで落着しないようにするもの。

676 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 15:45:10 ID:???
>>673
君の見た映像が解らないから確答は出来んが、減速用のフィンかバリュートといった減速デバイスだろうな。
低空投下で自機に被害が及ばないようにする為使う。
低空投下を行うのは、主に高空が危険な場合。
だからイラク戦争では高空からの投下が主体。

677 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 16:08:14 ID:???
>>672
まず教令でも地形や任務に応じて弾力的に反撃を行なうことが否定されているわけではないこと。
そして飛行場の奪取の成算については現地軍が判断することで
海軍や大本営は作戦上の都合から、再確保をあくまで要望したという話。

電報にも「幾多の困難あるは想察に難からざるも」とあるから
無理があることは承知の上で、それでも作戦上の要請があったということだろ。

海軍にとっては沖縄が決戦場で、
4月6日から特攻を含む大規模な陸海の航空攻撃が米艦隊・船団に対して行なわれ
戦艦大和の投入も行なわれている。
別に持久より攻勢の方が効果的だと考えられたわけではなく
それら作戦に陸上部隊も呼応して援護してほしいという要望がでてきただけの事情。

678 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 16:42:43 ID:i6bKR1nS
チャフを吸い込んで戦闘機のエンジンがまずくなる事ってあるんですか?

あと火山噴火したときに零戦飛ばしたらひどいことになったというのをどこかで見た気がするんですが
現代の戦闘機は火山灰とか舞っている空を飛んでも大丈夫なんでしょうか?
火山灰でなくても小さい雹とか危ないと思うんですが。

679 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 16:47:30 ID:???
>>678
雹とか雨ぐらいならまあ大丈夫だけど
火山灰だとただじゃすまない
火山灰の主成分はガラスと同じようなもんなので
エンジンのなかで溶けついて燃焼不良になる

まあ戦闘機のエンジンは高温だから止まることはないかもしれない
でもかつてジャンボジェットではエンジンが止まっちゃったからなあ

680 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 17:19:45 ID:???
ついでに、火山の噴煙の中は雷地獄だから、その意味でも危ない

681 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 17:42:53 ID:WgGRXYRD
銃の安全装置っていつからつきはじめたんですか?
火縄銃とか石火矢の頃からあったんでしょうか?


682 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 18:02:39 ID:???
>>678
火山灰が飛散している地域やその周辺では噴火した火山のマグマの性質にもよるけど
浮遊微粒子があり、その中を飛行すると微粒子で窓ガラスがすりガラスのように
なるらしい。

また、飛行中の飛行機の場合はわからないが浮遊微粒子は電子機器類をショート
させる。

683 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 18:03:45 ID:???
>>681
ttp://miraikoro.3.pro.tok2.com/study/mekarauroko/jyuhou_to_rekishi01.htm
火縄銃には導火薬を盛る火皿にかぶさる火蓋があり、これが開いていないと点火できない。
「火蓋を切る」ってのはそういうこと。
ttp://karins14.hp.infoseek.co.jp/historyofgun2.htm
フリントロック式銃ではこの火蓋が当り金(バッテリー)も兼ねていて、同様に安全装置の役割を果たしている。

684 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 19:26:46 ID:???
>>677
いや、援護にもなってないし

685 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 19:40:11 ID:???
>>681
銃の発生とほぼ同時に
暴発を防ぐための工夫はあった

つかそれがなければ実用的ではないので
戦場では使えない

マール社の本に書いてあったと思うが
今は手元にないので
誰かよろしく

686 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:45:59 ID:RD6d64oL
戦艦武蔵の生き残りは、ほとんど陸戦に投入されて、あぼんしたということですが、海軍軍令部には「艦を捨てておめおめ帰ってくる兵などこれで十分」という意識はあったんですか?

687 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:48:31 ID:RD6d64oL
大和の海上特攻って、マジで成功を期してやったの?
それとも、失敗は百も承知で、天皇に対する言い訳代わりにやったというのはマジ?

688 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:48:50 ID:???
>>686
艦艇乗りは養成に時間がかかるから
どんなDQN海軍でもそんなことは普通は考えない
(フランス革命のときみたいな異常な状況下は別として)

武蔵乗員の場合は、要するに回収できなかったってだけ
行きも帰りも輸送船がドカスカ沈められている状況で
本土に送り返せる余裕なんてなかったわけで

689 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:50:36 ID:???
>>687
言い訳っつーかメンツのため。
説明がめんどいのでこれでも読んでて。
http://mltr.ganriki.net/faq08e04k.html#01984

690 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:50:55 ID:???
後白河天皇は外患誘致罪に問われるべきではないでしょうか?

治承・寿永の乱(源平合戦)を取り扱うスレがあればご教授ください。板違いでしょうか?

691 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:54:48 ID:???
ビキニ環礁に回航された枢軸国艦艇ですが、せっかく原爆実験するのならもっと沢山の艦艇、
(日本艦艇でいえば葛城とか)を使用すれば良いと思うのですが、なぜなんでしょうか?

692 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 20:57:25 ID:???
>>690
近代法の特徴に不遡及というものがありますので。

693 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:02:37 ID:???
>>690
板違いです
日本史板で聞いてください

694 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:02:37 ID:???
>>691
葛城はもともと戦時急造で完成当初からポンコツな上に、当時既に復員輸送に
酷使されてボロボロだった。
長門なんかは当時既にスクラップ同然の状態なのに選定されたのは「日本海軍の象徴だから」的
側面が大きいが、何にしても廃艦寸前のボロボロの艦よりは現役同然の状態の艦が望ましい。

クロスロード作戦の第一の目的は「洋上で艦隊が核攻撃を受けたらどうなるか」の
効果を調べることなので、標的艦は極力健全なものが望ましい。

また、いくら健全だからって駆逐艦ばかり数十隻も並べてもしょうがない。
多種多様の艦に対する効果が調べたいのだから。
枢軸国の接収艦は大型の艦船があまり残っておらず、あれでも「使えそうなものは片端から集めた」
感じ。

ちなみに標的艦としての大型空母にはサラトガが選ばれ、サラトガは艦載機と航空燃料を満載した
状態で標的にされた。

695 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:05:45 ID:RD6d64oL
戦時中の国民や将兵って、概ねみんな天皇を盲信していたんですか?

696 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:14:13 ID:???
>>694
>
> ちなみに標的艦としての大型空母にはサラトガが選ばれ、サラトガは艦載機と航空燃料を満載した
> 状態で標的にされた。

リッチだな


697 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:24:48 ID:???
>>696
だよな

698 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:30:18 ID:???
>>696-697
まぁ旧式とはいえ自国の戦艦も複数実験に使ってるしなぁ。

でも、そのせいで下手に解体されたりせず今も海底に眠る「サラお嬢様」が見られるのだから
後世の人間にとってもサラトガ自身にとってもよかったのかも。

今もビキニの海底に眠るサラトガの艦内には、実験の時に詰め込んだ戦闘機がそのまま
残っている。

699 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:31:30 ID:???
昭和天コロって、なんで自殺しなかったの?
自分の名の下に数千万の将兵や自他国民が死んだのだよ?
俺だったら申し訳なくて生きていられないがなあ??

700 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:32:33 ID:???
>>698
戦艦ネヴァダなんか原爆実験の標的にしたあと射撃標的として海没処分だもんな・・・。

きっとハワイの沖で今も恨み節を呟いているに違いない。

701 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:34:18 ID:dSpmCyx+
質問です。
現代戦では斧はどのように使われますか?
もっぱら工兵の道具ですか?

702 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:34:41 ID:???
>>700
アーカンソー、ニューヨーク、ペンシルベニアも忘れないであげて。

703 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:35:17 ID:???
>>699
天皇は戦争には反対だったわけだが

704 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 21:54:29 ID:???
>>703
???

705 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:04:59 ID:???
>>703
反対したのに戦争を指導したのか?wwww
何その精神分裂www

706 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:06:24 ID:???
>>703
天皇は実際にはかなり細かいところまで戦争指導してたんだが

707 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:08:45 ID:???
天皇陛下に戦争責任などない。
そもそもあの戦争は、卑怯な白人国家に対して勇敢に戦った聖戦。
陛下は我々黄色人種の旗印なの。

正義の戦いに対して責任を問えるものなどいない。
あえて言うなら敗戦責任は東條などにある。

708 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:09:15 ID:???
>>706
指導と言うか、聞いてツッコミを入れてたってのが正しいかと。

709 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:12:57 ID:???
>>708

1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
15サイパン奪還計画の立案(1944年)
16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)

これらは天皇の意向によって行われたとされていますが?

710 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:15:20 ID:???
>>709
庶民にはファンタジーも必要なんだよ


711 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:15:26 ID:???
>>707
キチガイ?天皇に戦争責任がないわけない。
積極的に戦争指導にかかわってるのに。
責任があるけど、国民もそれには目をつぶったんだよ。

712 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:16:39 ID:???
>>709
山田朗乙

713 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:16:59 ID:???
>>709
天皇の意向だよ
表向きはな
そもそも天皇の指揮権を軍部が利用して好き勝手やってるんだから「天皇の意向じゃない」なんて口が裂けても言えんわ

714 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:19:14 ID:???
>>709
ツッコミを入れたのを
意向と解釈して
周りが勝手に動くんだよ

たとえばそこに上がってるバターンなんかが好例

あと上のほうのレスにある大和特攻とかもそう

715 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:20:18 ID:???
日本に「責任」とかないぞw

716 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:21:41 ID:???
そろそろ日本人のテキトーさに慣れろよw

717 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:25:03 ID:???
まあ、大半の国民が天皇陛下のために!ってやってたんだからな〜
極論すれば当時の国民生活もすべて天皇の意向と言えるぞw

718 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:25:51 ID:???
>>712
横だけど、
山田朗ソースなん?>709
山田朗ってそんなにアレな人だったっけ?


719 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:26:33 ID:???
>>699
申し訳なくて生きてられないから自殺して逃げるのがダメな人(このパターン多い)

720 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:29:03 ID:???
天皇の責任なんて
おのおの自分が気持ちよくなれる方向で
論理組み立ててりゃいいんだよ


721 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:29:44 ID:???
日本は敗戦国だからな
勝った連合国が天皇に戦争責任を被せないって結論出した以上は騒いでもどうしようもないぞ
なにを言おうが負け犬の遠吠えだ

722 名前:木津千里 :2010/01/28(木) 22:31:55 ID:???
>>716
そんな無責任許されると思う! きっちり責任とりなさいよ!

723 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:36:11 ID:???
>>719
じゃあお前の理論では阿南とか大西とか宇垣とかは駄目な人で、牟田口や富永は立派な人か?
まあ自殺する人が立派とは絶対に断言しないが

724 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:36:41 ID:???
>>721
中国は連合国ではないとでも?

725 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:36:53 ID:???
最近の小林よしのりは天皇マンセーで気持ち悪い

726 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:38:38 ID:???
みんなの党が支持率3位になったようですが、どうして新風は泡沫政党のままなんでしょうかねえ・・・・

727 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:39:14 ID:???
>>726
それ軍事の話題か?

728 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:39:47 ID:???
もしも、天皇陛下が「外国人参政権」に賛成の意をお示しになられた場合、私はどのように行動すべきか・・・・悩んでおります。
そのときは陛下にご退位いただいて、秋篠宮様に即位いただき、摂政に安倍元首相を据えるしかないと思います。
皆様のご意見はいかがでしょうか?

729 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:40:41 ID:???
>>722
あの時点で天皇に責任とらせたら
余計面倒くさいことになってうざかったと思うし
今そんなこといっても面倒くさいことになるから
もういいじゃん

730 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:40:48 ID:???
>>728
それ軍事の話題か?

731 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:40:59 ID:???
>>723
生きてるから立派だとかは思わんぞ

ただ自殺は逃げ以外の何物でもない
死んだら立派とか責任取ったとかありえない、それはアホの思想

732 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:45:47 ID:???
>>724
連合国だろ。
なんで中国が出てくるんだと思ったが。
極東国際軍事裁判はアメリカじゃなくて「連合国」が日本を裁いたんだからな。
天皇を持ち出さないってのはアメリカの意見だが、最終的には連合国の総意だ。

733 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:47:55 ID:???
>>731
でも、東條は当時、責任とって死ぬこともできなかったヘタレ扱いされていたぞ

734 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:48:22 ID:???
あんちゃんそろそろ派生でやったらどうだえ

735 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:50:42 ID:???
天コロなんて、日本国民の手でつるせばよかったんだ

736 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:50:46 ID:???
>>733
だって、昔も今も日本人って「死んだら責任取れた」とかいうアホばかりだもん。

737 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:52:08 ID:???
東條は少なくとも責任とって自死しなくちゃ駄目だろ
何だよアメに命助けられて、アメの将校に刀あげるなんて
おみゃーの戦陣訓でどれだけの将兵が無駄にしんでいったかと

738 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:52:55 ID:???
東條は、上野動物園のクマに食わせればよかったんだ

739 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:54:04 ID:???
>>738
いや、零戦にしばりつけて海へ向かって飛ばせよ
どっかで堕ちてサメに食われるだろ
救助されずサメに食われたパイロットの恐怖を少しでも味わえるだろ

740 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:54:44 ID:???
>>739
マニラに連行して、市民の前に放り出すのはどう?

741 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 22:55:59 ID:???
日本全国引き回して罵声と投石でも食らって
自殺もさせずに餓死でもすればいいんだよ

742 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:01:01 ID:???
東條は広島に連行して、被爆者に殴り殺されろ

743 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:02:23 ID:???
お花畑ファンタジーの多い世の中だからつい勘違いしちゃうけど
東条さんの姿は僕らに人間の真の姿を教えてくれるな
ありがたやありがたや



744 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:02:31 ID:???
富永は死刑に値しないんだろうか?
いや連合軍じゃなくて日本人的に

745 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:03:46 ID:???
VIP板でやれや

746 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:04:43 ID:???
小林よしのりは、全力で東條を擁護していて気持ち悪い
保守系でも東條を評価するやつなんてはじめてみた
俺が知らないだけ?

747 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:06:16 ID:???
雑談スレかよ

748 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:07:02 ID:???
富永の息子って飛行兵になって戦死してるんだよね。
息子はすごく立派なのに・・

749 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:08:16 ID:???
満州で地獄をみた引き揚げ者に東條の処分を任せてみよう

750 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:08:16 ID:???
1人か2人のキチガイが騒いでるだけだろ

751 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:09:13 ID:???
>>750
自演乙
おまえがまず処刑されろ

752 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:11:01 ID:???
インドネシアに連れて行って、ロームシャに殴り殺されろ

753 名前:752 :2010/01/28(木) 23:11:54 ID:???
東條じゃなく>>750お前がな

754 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:13:33 ID:???
僕は、ちょっとした機会があって神風特攻隊の人々を知りました。
ホームページとかも拝見し、結構深く調べてみました。
深く知れば知るほど悲しくなってきて、涙が止まらなくなりました。
僕は、彼らを英雄だと強く思います。
今の日本に自分のすべてを捨て、大切なものを守れる人がいるでしょうか。
自分が死ぬと分かっていても大事なものを守りたいと思う人がいるでしょうか。
見習うべきだと思います。
でも、これは僕の個人的な思いで皆さんがどう思っているかは分かりません。
そこでお聞きしたいのですが、正直、皆さんは彼らをどう思いますか?

755 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:17:02 ID:nnVII2pG
葛城とか鳳翔とか復員船のときは艦首菊花紋取ったの?
長門が連合軍に接収されるときとか、転覆した天城とか、教えて。
三八式を連合軍に引き渡すときは取って渡したの?面倒臭そう。


756 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:17:09 ID:???
>>746
東條の孫娘に包摂されたんだよ

757 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:33:37 ID:nnVII2pG
GDP比1%という日本の軍事費は
世界から見ても極端に低すぎませんか?
北朝鮮のようにGDPの半分以上を軍事にまわせ、とまでは言いませんが
せめて一般的な平和国家と同じ、GDP比3%程度はあっても問題ないと思うのですが?


758 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:42:00 ID:???
>>757
日本はGDPに対して国家予算の割合が小さいのでまず最初に大増税が必要です

759 名前:名無し三等兵 :2010/01/28(木) 23:46:28 ID:???
>>758
>>7

760 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:03:03 ID:uJO7siW6
前々から思ってたんですが
WW2初期の戦闘機って現代の小型プロペラ機みたいに翼が胴体の上の方に付いてるタイプが多かったですよね?
で、そのあとの零式戦闘機やヘルキャットのような時代の戦闘機って胴体の下面に翼が付いてますよね
でまた時代が進むとF86やA-4、F-4のように下に翼が付いてるジェット機になり
その後はF-15、Su-27のように胴体の上に付いてるタイプ
EF2000、F-16のように真ん中(少し違う気もする)のタイプになってますが
この翼の位置ってなんか意味があるの?
ただのエンジンの問題には思えないけど・・・

761 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:08:20 ID:???
>>760
WW2の初期というよりも、複葉機の時代から単葉機になった段階で、機体の下側に翼を配置するのが常識になってるので、
上翼のじだいってありませんが。
下翼機がおおいのは、着陸脚と地上高の問題で、たいてい翼に主脚を収納してたので、それが長くなるのを強度的に嫌ったのが一番大きい。

762 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:10:04 ID:QQsqSMZw
スツーカって、固定脚で性能に改善の余地が有りそうですが、なんで更新されずにマイナーチェンジだけで終戦まで戦い続けることになったんですか?

763 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:21:07 ID:???
>>760

空気抵抗は中翼が最も小さく、上翼は安定性が高い。
下翼は運動性がよい。

昔は761が言っているように脚の問題があった。
脚を短くしたいために逆ガル翼にした機体もあるし、本邦の紫電戦闘機は中翼で脚が長くなるので伸縮式にしたりもした。
しかし最近の戦闘機は胴体に脚をしまうのでもはやそれは関係ない。

764 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:21:51 ID:???
>>762
エアブレーキ代わりになって便利なので固定脚だったと思う
脚を引っ込める機構も省けて作るときも楽、しかも頑丈で素晴らしいじゃない

戦闘機じゃないので、別に脚引っ込める必要は特にないわけで

765 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:23:49 ID:???
固定脚だと速度がでないから危険な面はあるが
30回撃墜されても死ななければルーデルみたいになれる

766 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:31:12 ID:???
>>760
 空力的には、高翼・肩翼は上反角効果を持ちロール安定に寄与する。
(現在では設計が進んで、この点においては高翼・低翼あまり気にしない。)
主翼と胴体の干渉抵抗からは中翼がベスト。
 構造的には、翼から胴体を吊る(高翼)、翼構造に胴体を乗せる(低翼)、のは設計が楽。
中翼はキャリースルー(中央翼)が胴体を貫通するので、中になんか載せる場合は面倒。
(でも最近は 戦闘機なんかだとキャリースルーを持たず主翼構造と胴体フレームを結合する機体も多い。)
 それ以外にも、視界、主脚との関係、エンジンのクリアランス、主翼下への搭載物、客室騒音、などの点で長所・短所がある。
時代・技術・用途等によって重視される点が変わり、それに都合の良い形態も変わってくる。

767 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:33:52 ID:KZlyP/YX
戦艦に体当たりする戦闘機の神風特攻って戦艦に到達する前に
打ち落とされて海に沈むとかあったと思うんですが、
戦艦の真上から突撃していたら、たとえ打ち落とされても
体当たりはできたんじゃないでしょうか?

艦船に対する戦闘機の特攻のうち成功したのは稀なほうなんでしょうか?
そういう何パーセントが成功したとかいうデータはあるんでしょうか?

768 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:34:32 ID:???
>>767 コピペ

769 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:43:01 ID:Lwa1KyIr
空対空ミサイルでも、推進剤の残量が目標の破壊に貢献するという話を聞いたのですが
実際にそういうことを期待してミサイルを発射するタイミングを判断することはありますか?

770 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:44:47 ID:???
>>769
ない。

771 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:50:30 ID:Lwa1KyIr
>>770
ありがとうございます。ということは多少推進剤がのこってても撃破できるかどうかには
あんまり影響しないということでしょうか

772 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:54:50 ID:???
>>771
先制攻撃できるチャンスを逃して先に攻撃されたら元も子もないだろ。

773 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:56:24 ID:Lwa1KyIr
>>772
反撃の恐れは低いけど抗たん性の高い航空機(大きいとか、A-10みたいなの)を狙うような場合なら
あるいは多少意味があるのかな?と思ったのです。

774 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:57:14 ID:???
>>769
推進剤残量で判断するのではないが、
敵機体との位置関係(距離・アスペクト角)によりPK(撃破率)は変化する。(運動エネルギー・シーカー性能等で)
ゆえによりPKの高いゾーンで発射を行おうとする。

775 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 00:59:45 ID:Lwa1KyIr
>>774
なるほど、推進剤の爆発なんかよりも、
運動エネルギーとか当たりやすさがずっと優先されるということですね。
あろがtぴございました

776 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 02:12:00 ID:KZlyP/YX
質問お願いします。

中国、ロシアが日本に攻めてきた場合に
海上自衛隊の本質は空母を中心に構成されている米海軍第7艦隊を補完する、ことであり
対潜水艦作戦(ASW)に特化した艦隊ということができ、海上自衛隊で独立して作戦(撃退)するのは難しいんでしょうか?

777 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 02:16:26 ID:???
自衛艦隊は独立して作戦できるよう整備・訓練されてございます

778 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 02:20:41 ID:KZlyP/YX
>>777
ありがとうです

779 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 03:29:01 ID:ErpY1VcX
アメリカはエア・ランド・バトル、ロシア(ソ連)は縦深防御、というように
各国のドクトリンには各国の特徴が現れていますが
日本やイギリス、その他の国はどんなドクトリンを採用しているのでしょうか?

780 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 05:04:13 ID:???
日本 専守防衛
フランス 核武装最優先

781 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 05:08:58 ID:???
日本
対潜マニア(太平洋戦争で潜水艦に輸送船を沈められまくったというトラウマに由来する)

782 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 05:24:27 ID:???
>>781
それは第7艦隊の下請けだからです

783 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 06:31:00 ID:???
>776
>独立して作戦(撃退)するのは・・・
 専守防衛作戦を遂行する能力は高い。
問題は、反撃するだけの攻撃力が無い事。
核も空母も、足の長い攻撃型飛行機も無い。


784 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 08:35:32 ID:KD4DT+8Q
ハープーンはターボジェット推進ですがエアインテークはどこにあるのでしょうか

785 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 09:05:55 ID:???
>>784
弾体の真ん中にある主翼(というのかね?)の間、飛行してると
下面になる部分。

これ見た方が早い。
ttp://www.ausairpower.net/Harpoon-Cutaway-S.jpg

786 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 09:40:11 ID:QiHO0ORd
軍隊のサバイバル知識の情報が充実しているサイトはありませんか?
具体的には、「軍隊の知識を持ったものがひとりで谷底の川に沿って逃亡中、川岸で野営をする」
という描写のために、
・食い物と寝床はどうするのか
・夜をどのようにして過ごすのか(敵をどう警戒するのか)
など、
軍人として、その選択が妥当なのか(川でキャンプとかバカジャネーノと思われないか)
も含めて、情報を集めたいのです。

とりあえず米軍のサバイバルマニュアルhttp://www.equipped.comをさらったのですが、
多岐にわたりすぎていてこれぞ!というものがなく。
よろしくお願いします。

787 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 09:46:59 ID:t9qcspzT
>>786 どちらかといえばこちらのスレを使ってくれると良いかもしれません。
創作を考えている方向けの質問スレです。

■○創作関連質問&相談スレ 55○■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1264088047/


788 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 09:53:03 ID:KD4DT+8Q
>>785
ありがとうございます


789 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 09:59:01 ID:???
>>787
了解です。ありがとうございます。

790 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 10:29:17 ID:XcoSKqj2
心神で研究してるスマートスキンのような全周レーダーって他の国も研究してるんですか?

791 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 10:31:32 ID:???
>>790
一部大国では実用化されてる

792 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 12:05:18 ID:X2u41fOy
昔(1970年代)、CIAがアフガニスタンで軍事支援を行っていました。
ソビエトを叩いてた頃、CIAがスペイン製有線型迫撃砲を入手してスペツナズアルファチーム
の軍事基地を『消滅』させたと何かの本で読みました。

スペイン製有線型迫撃砲ってどんな名前でしたっけ?よろしかったら教えてください。


793 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 12:55:16 ID:???
>>792
これに出てくるヤツのことだろ?
http://mltr.ganriki.net/faq06b02.html#00056

特に名前はないんじゃないかな

794 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 13:30:40 ID:???
>>792
スペツナズとアルファはちがいますよ。

795 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 14:26:42 ID:???
>>786
 単純にサバイバルだと、ディスカバリーチャンネルの『MANvsWILD サバイバルゲーム』を観るといいよ。
 ttp://japan.discovery.com/manvswild/

796 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 15:45:58 ID:???
>>794
αスペツナズは国内戦部隊だしなぁ

797 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:23:07 ID:???
>>794
ツペツナズ⊃アルファ

798 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:36:05 ID:EICbGtUx
ずばり聞きますが、自衛隊とは何ですか?
軍隊ですか?

799 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:45:37 ID:???
>>798
自衛隊は昭和29年に施行された自衛隊法で定められている通り「自衛隊」
英語ではJapan Self Defense Forceと表記するのが正しいが
世界では日本の法律なんか知らん人が(日本も含め)多いもんで
ArmyとかNavyとか呼ぶ人が多い

800 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:46:06 ID:???
>>798
自衛隊です。

801 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:47:42 ID:???
>>798
自衛隊法第二条

>この法律において「自衛隊」とは、防衛大臣、防衛副大臣、防衛大臣政務官、防衛大臣補佐官
>及び防衛大臣秘書官並びに防衛省の事務次官並びに防衛省の内部部局、防衛大学校、
>防衛医科大学校、防衛会議、統合幕僚監部、情報本部、技術研究本部、装備施設本部、
>防衛監察本部、地方防衛局その他の機関(政令で定める合議制の機関並びに防衛省設置法
>(昭和二十九年法律第百六十四号)第四条第二十四号 又は第二十五号 に掲げる事務を
>つかさどる部局及び職で政令で定めるものを除く。)並びに陸上自衛隊、海上自衛隊及び
>航空自衛隊を含むものとする。

802 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 16:59:48 ID:EICbGtUx
自衛隊は自衛隊であって、軍隊ではないことはわかりました。



その自衛隊には個別的自衛権として、必要最小限度の戦力を与えられている。
個人の自然権である、「生存権」に基づいたもので、刑法でも正当防衛が認められている。

この認識は正しいですか?

803 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 17:05:17 ID:???
自衛隊の目的は自衛隊であることであり、そのような難しいことはわからないです

804 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 17:06:15 ID:???
>>802
その質問は国際法のジャンル。
刑法を持ち出すのは筋違い。

805 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:03:34 ID:???
朝青龍には軍歴はあるの?

806 名前:居酒屋正社員 :2010/01/29(金) 18:08:18 ID:???
俺は居酒屋正社員だ。
今こそ愛国保守革命の時である。
日本では「職業差別」がある。
例えば、医師は立派な人間でかたや居酒屋社員は消耗品と見られている。
昨今の派遣社員も「備品扱い」だったと聞く。
いつも考える。医者とか弁護士、博士や教授、皆すばらしい職業の人ばかりでは
誰がゴミの処理を、誰が海で危ない漁をやるのか。
みんな職業に差別はない。
毎日人それぞれの事情で仕事をしているけれど、
皆無くてはならない仕事。
職業ごとの給料の差は、職業に貴賎がないなら理屈が通らない。
人類はみな平等のはず。
陛下もそれを望んでいらっしゃるはずだ!

807 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:10:51 ID:???
>>805
ヒント:モンゴルは徴兵制

808 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:12:11 ID:???
>>807
あんな兵隊やくざはいやだ
上官が殴られそうだな

809 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:14:05 ID:???
10代から日本に留学しとるがな

810 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:18:32 ID:???
やっぱり解雇か?

811 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:19:32 ID:k08MfhxL
インテークに空気を分離して整流する板が付いてることが多いけど、
これなんて言うんだっけ?

812 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:21:34 ID:???
>>810
示談が成立したら、犯罪ですらない。処分する理由は全くないだろ。
示談に失敗して刑事事件になったら解雇だな。

つまり一般のサラリーマンや公務員と同じだよ。
マスゴミはいいネタができたとしか考えていない。面白おかしくやってるだけだから。

813 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:25:26 ID:???
>>811
整流板

814 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:26:12 ID:???
>>813
英語でお願いします><

F-35ではなくなってて、PAK FAにはついてたみたいだから気になって

815 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:27:02 ID:???
朝青龍かわいそう
高見盛が同じことをやってもなあなあですますくせに
明らかに外国人差別だな

816 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:31:35 ID:3hyXV+We
海自が空母まがいの艦を計画して一部の話題をさらっていますが
この軍縮期に大型艦の建造にチャレンジする意図は何なんでしょうか?
それと人員の確保は出来ているんでしょうか?
航海だけならスカスカでも問題ない?

817 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:38:30 ID:???
>>816
軍縮期だから多目的艦に走るんだぜ、海自の船が活躍するのは平時の場合大規模災害ばかりだが、
スマトラ島沖地震の時はおおすみ型としらね型が派遣されたでしょ。そんな感じで活躍する予定

818 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:38:59 ID:QQsqSMZw
軍隊の人員充足の方法として、「常備軍」と「徴兵軍」があるそうですが、どのように使い分けられているんですか?
また、どのように使い分けるのがいいんですか?

819 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:40:27 ID:???
>>816
周辺国はみーーーーーーんな軍拡してますけど?

820 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:40:53 ID:???
>>816

そもそも軍縮期じゃない
というか今のアジアはかなりハイペースな軍拡期

821 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:43:33 ID:QQsqSMZw
海上自衛隊の潜水艦をクジラだとしたら、中国の漢級とかはなんですか?

822 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:44:32 ID:???
>>811
split vane


823 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:46:22 ID:???
>>822
ありがとうございます><

824 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 18:59:10 ID:???
>>816
空母まがいで話題?
強襲揚陸艦まがいじゃなくて?

825 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:00:17 ID:???
>>824
メディアも素人も全通甲板はなんでも空母って呼ぶよねw

826 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:10:33 ID:ffLC/sj+
この間テレビで「エネミーライン」見ていたら主人公(RIO)が軍隊を辞めると言うのにたいして
相方のパイロットが「別のナビゲーター(RIO?)を探せっていうのか?」と言っていたんですが
パイロットとRIO(或いはWSO)のコンビは固定なんでしょうか?

トップガンとかその印象が強いんですが辞めたり死んだりしない限り固定なんでしょうか?

827 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:19:29 ID:jAISu00R
陽炎型駆逐艦雪風をご存知でしょうか?
この艦は、大日本帝國海軍史上最高の戦闘艦であり、
第二次世界大戦に於ける最優秀艦と賞された海軍の宝、
いや日本の宝であり、後世まで保管する価値のある素晴らしい船です。

しかし戦後、雪風は中華民國に引き渡され、
変な改造をされた挙句沈んでしまいました。

何故、日本の宝であるこの艦を、中華民國などと言う薄汚い六等國家に引き渡したのでしょうか?
雪風は、外國なぞに渡さないように死守するべきだったと思いますが。

また、強制的に徴収されたものだとしても、
政府の外交努力や、それでも無理なら警察予備隊、保安隊、自衛隊を使い、
力づくでも雪風を中華民國から奪還すべきだったと思いますが。

828 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:21:15 ID:???
>>827
奪還したければ勝手にしてください
以上

829 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:22:44 ID:???
陽炎型は別に優れた駆逐艦じゃないし

830 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:30:19 ID:???
>>827
へんな改造って、後部に長10サンチを2基4門積んだ改造だっけ。

831 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:31:19 ID:???
昭和天皇が戦艦大和を沖縄に突っ込ませたので、遺族の間では天皇に対する反感が非常に強いと聞きます。
しかし、帝国臣民なら、天皇に死に場所を与えられて光栄に思いますよね?

832 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:33:49 ID:QQsqSMZw
アメリカは、いおうとうをいおうじまと呼んでいますが、なんでですか?

833 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:35:24 ID:???
潜水艦を個人で購入したいんですが、10億あれば中国なら買える?

834 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:40:08 ID:???
>>830
雪風は復員船やってたから、武装解除されてたハズ
中華民国に渡すときに再武装したんだから、改造とはちょっと違うような気がする

835 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:41:41 ID:???
>>832
東京もトーキョーと呼びますし、沖縄もオキナワと呼びます

836 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:42:57 ID:???
>>832
いおうじまで合ってるからです
いおうとうといおうじまは同じ硫黄島でも違う島なので注意
米式にはIwo-jima islandなので「いおうじまとう」でありやっぱり変なのですが

837 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 19:45:43 ID:???
>>836
ファインモールドの鈴木氏によると戦前から「しま」と「とう」両方
あったそうな。
と言い出すとキリがないけどな


838 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:08:01 ID:jAISu00R
>>828
今更奪還できないじゃん
肝心の雪風が無いし

839 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:09:06 ID:???
>>827
あの死神のどこが宝なんだ?

840 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:12:27 ID:???
>>836
>いおうじまで合ってるからです
>いおうとうといおうじまは同じ硫黄島でも違う島なので注意

おいおい

ttp://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/outline/ioutou/index.html

841 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:18:28 ID:???
霞某が出る前に潰しておこうか
Wikipedia[硫黄島 (東京都)]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)

842 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:32:35 ID:???
>>818
「常備軍」というのは国家が平時から編成して維持している軍を指す呼び方で人員充足方法を指しているわけではありません。
質問自体が間違っているので何が聞きたいのかよく考えて出直してください。

843 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 20:54:55 ID:jAISu00R
レーダー断面積が大きな戦闘機でも、
第五世代戦闘機と呼べるのでしょうか?

844 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 21:09:41 ID:WCZmIux0
江戸時代の下級武士に対する軍制についての質問です。

町奉行書の同心は、戦時には足軽として従軍することになっていたと聞いたことがあるのですが
与力クラスの御家人は騎士扱いだったのでしょうか、それとも徒士扱いだったのですか?

845 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 21:10:07 ID:???
>>843
ステルス性が第5世代の戦闘機のウリなんだが。

846 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 21:12:39 ID:jAISu00R
>>845
いわゆるスーパークルーズとか、情報連帯能力とかは・・・?

847 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 21:17:34 ID:???
>>846
メーカーはわざわざ「大きい」と公表はしないから
それらしき戦闘機はみんな第五世代だよ
後世ではともかく今現代では

848 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 21:19:40 ID:YwYKTuBM
>844
>江戸時代の下級武士に対する軍制についての質問です。
>町奉行書の同心は、戦時には足軽として従軍することになっていたと聞いたことがあるのですが
>与力クラスの御家人は騎士扱いだったのでしょうか、それとも徒士扱いだったのですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「与力は、馬上が許され」ていました。

説明。
「近世 [編集]
江戸幕府における与力は、同心とともに配属され、上官の補佐にあたった。
そのなかで有名なものは、町奉行配下の町方与力で、町奉行を補佐し、江戸市中の行政・司法・警察の任にあたった。
与力には、町奉行直属の個人的な家臣である内与力と、奉行所に所属する官吏としての通常の与力の2種類があった。
いわば、警察署長に相当するものと見てよい。
与力は、馬上が許され、与力組頭クラスは、二百数十石を給付されて下級旗本の待遇を凌いだが、
不浄役人とされ将軍に謁見することや、江戸城に登城することは許されなかった。
また当時25名の与力が南町・北町奉行所に配置されていた。なお、与力は一騎、二騎と数える。」

下記、ウィキペディアの与力の近世を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E5%8A%9B

849 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 21:20:10 ID:???
>>846
それ、第4世代とか、第4.5世代といわれてる戦闘機でもッ実現できてる。

850 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 21:32:00 ID:YwYKTuBM
>762
>スツーカって、固定脚で性能に改善の余地が有りそうですが、なんで更新されずにマイナーチェンジだけで終戦まで戦い続けることになったんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「後継機に恵まれなかったこともあって大幅なバージョンアップも無く終戦まで使用され続けた」。

説明。
「以後さまざまなタイプに発展しながらも、(少なくとも外見的には)大きな改変は無く終戦までに5,709機が生産されることになる。
1940年以降は主にアフリカ戦線および東部戦線に配備され、特に東部戦線においては絶大な対地戦闘能力を発揮した。
しかし大戦後半には本機の性能では昼間の作戦行動は自殺行為となり、夜間行動型に改修されて使用された。
なお、本機に代わって地上支援任務についたのは Fw 190 の戦闘爆撃機型であった。」

下記、ウィキペディアのJu 87 (航空機)の概要を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Ju_87_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

851 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 21:55:36 ID:YwYKTuBM
>761
>760
>WW2の初期というよりも、複葉機の時代から単葉機になった段階で、機体の下側に翼を配置するのが常識になってるので、
>上翼のじだいってありませんが。
>下翼機がおおいのは、着陸脚と地上高の問題で、たいてい翼に主脚を収納してたので、それが長くなるのを強度的に嫌ったのが一番大きい。

霞ヶ浦の住人の回答。
第二次世界大戦中の戦闘機に低翼単葉が多かったのは、脚の問題と、機体の強度が高くなるからです。

説明。
機体の下面に、一枚の主翼が付いている形式を、低翼単葉と言います。
第二次世界大戦中の戦闘機は、この形式が多かったです。
脚が長くなることを嫌ったのが大きな理由です。
日本海軍の戦闘機、紫電は中翼単葉でした。
脚が長くなり、二段伸縮式にしました。
しかし、これが故障ばかりしていました。
そのため、紫電改では、低翼単葉としました。

「中翼形式を継承したため採用した二段伸縮式の主脚の不具合[1]や、
これに起因する離着陸時の事故の多発、前方視界不良や速度不足などの問題が発生した。しかし」

下に主翼がある方が、機体が構造的に強くなるそうです。
その理屈はよく分かりませんが。

下記、航空機には、高翼、中翼、低翼の翼配置がありますが、そのメリット、デメリットはどこにあるんでしょうか?。空力的にはどれが一番優れているのでしょうか。を参照ください。
ttp://www.warbirds.jp/ansq/1/A2000681.html
下記、ウィキペディアの紫電改の開発の流れの強風から紫電を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E9%9B%BB%E6%94%B9

852 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:08:02 ID:YwYKTuBM
>686
>戦艦武蔵の生き残りは、ほとんど陸戦に投入されて、あぼんしたということですが、海軍軍令部には「艦を捨てておめおめ帰ってくる兵などこれで十分」という意識はあった>んですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
違います。

説明。
撃沈された艦艇の乗組員は、沢山います。
武蔵は、日本海軍の機密の戦艦でした。
それが撃沈されたという秘密を守る意味が強かったと想像します。
ちなみに、ミッドウェー海戦の後、生き残りは口止めのため、病院や兵に逼塞していました。
家族との面会や手紙のやりとりも許されませんでした。

853 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:13:33 ID:???
>>851
すでにある回答と同じことをくどく説明してるだけのボケ。
自意識過剰の変態。

854 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:21:39 ID:YwYKTuBM
>625
>プロ野球の乱闘の時、バットを持って飛び出す人がいないのは何故でしょうか
>それで人を叩かずとも、強力な武器は暴力の抑止になると思うのですが

霞ヶ浦の住人の回答。
殺人となってしまうからです。

説明。
「プロ野球の乱闘」は、戦争ではありません。
相手を殺してしまっては、大事となっていまいます。
殺した方も大変なことになります。
相手に痛い思いをさせるか、少々の怪我ぐらいで済まそうと、暗黙の了解があります。

855 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:24:16 ID:???
>>854
板違い。いい年こいた大人なんだから、板違いの質問は回答するな。
そもそも野球の乱闘は一種のセレモニーなんだから。

856 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:25:07 ID:???
>>855
相手すんなよw

857 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:29:15 ID:YwYKTuBM
>602
>映画のパールハーバーで日本機を撃墜した黒人兵士さんのモデルの人って
>その後に戦死したってマジですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
本当です。

説明。
職務は炊事兵でした。
真珠湾で日本軍機を撃墜した後も、炊事兵として勤務していました。
炊事兵として、戦死しました。

858 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:38:39 ID:jAISu00R
CV-6が、第二次世界大戦最優秀空母として保管されず、
廃艦になり解体されてしまったのは何故ですか?

859 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:39:00 ID:YwYKTuBM
>582
>戦車の大群が大陸を移動するとき、燃料はどうやって運んだのでしょうか?
>タンクローリーみたいな専用車を使ったのか
>あるいは鉄道で運ぶことが多かったのか
>おねがいします

霞ヶ浦の住人の回答。
「戦車の大群が大陸を移動するとき」鉄道や戦車トランスポーターを使います。
自走しないので、戦車自体の燃料は不要です。

説明。
「概要
戦車トランスポーターは、戦車等の装軌式装甲戦闘車両を長距離輸送するために開発された。
重量が大きい戦車は、転輪やサスペンション、変速機などの足回り部品やエンジンの保護のため、長距離の自走での移動を避けるからである。
また、大重量の装軌車両の履帯は舗装道路を走行すると路面を損傷させてしまうからでもある。
初期の戦車運搬車として、第二次世界大戦期にドイツで製造されたSd Kfz 918t重ハーフトラック及びトレーラーのSd.Ah.116や、
アメリカ陸軍のM25ドラゴンワゴンやM19タンクトランスポーター、イギリス陸軍のスキャンメル・タンクトランスポーターがある。
ただしこの当時は移送用としてではなく、故障・損傷車輌の回収に使われることの方が多く、長距離輸送には鉄道が用いられた。
戦後、大型化した戦車の重量とサイズの為、後方地域での移送または前線近くまでの輸送には、
鉄道に代わって戦車トランスポーターをもって行うのが一般的となった。
今日では陸軍が主力戦車を装備している国の多くが保有している。」

下記、ウィキペディアの戦車トランスポーターを参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E8%BB%8A%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

860 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:43:49 ID:YwYKTuBM
>858
>CV-6が、第二次世界大戦最優秀空母として保管されず、
>廃艦になり解体されてしまったのは何故ですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「記念博物館としてエンタープライズを保存するため、いくつかの運動が実施されたが資金は集まらず、リプセット社にスクラップとして売却された。」

下記、ウィキペディアのエンタープライズ (CV-6)の戦後を参照ください。1
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA_(CV-6)

861 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:45:57 ID:???
>>859
では、戦車トランスポーターの燃料はどうやって運ぶのでしょうか?
戦車自体は燃料は要らなくても、トランスポーターには燃料が必要ですよね?

862 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:50:03 ID:???
>>858
保存する金が無いから

863 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:50:12 ID:jAISu00R
何故、雪風を六等國家の中華民國に譲ったりしたんですか?

864 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 22:53:26 ID:???
827 名前:名無し三等兵 本日の投稿:2010/01/29(金) 19:19:29 ID:jAISu00R
陽炎型駆逐艦雪風をご存知でしょうか?
この艦は、大日本帝國海軍史上最高の戦闘艦であり、
第二次世界大戦に於ける最優秀艦と賞された海軍の宝、
いや日本の宝であり、後世まで保管する価値のある素晴らしい船です。

しかし戦後、雪風は中華民國に引き渡され、
変な改造をされた挙句沈んでしまいました。

何故、日本の宝であるこの艦を、中華民國などと言う薄汚い六等國家に引き渡したのでしょうか?
雪風は、外國なぞに渡さないように死守するべきだったと思いますが。

また、強制的に徴収されたものだとしても、
政府の外交努力や、それでも無理なら警察予備隊、保安隊、自衛隊を使い、
力づくでも雪風を中華民國から奪還すべきだったと思いますが。

865 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:53:59 ID:YwYKTuBM
>576
>カスミン、前スレ853は『厳しく言うなら、「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国があるならぜひ聞かせろ』だよ?

霞ヶ浦の住人の回答。
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 608
>858 を再度掲載します。
>霞ヶ浦の住人の回答。日本です。
>説明。「速度の速い駆逐艦6隻に 約900名の人員を先遣隊・第1悌団として輸送し、支隊残りは輸送船による第2悌団として上陸させることになった。
> 海軍陸戦隊は第2悌団と同行することとなった。 先遣隊のみで攻撃するか、第2悌団の上陸を待って攻撃するかは支隊長の判断に任されたが、
> 第17軍の意向としては先遣隊だけで攻撃奪取する趣旨であった。また支隊長一木大佐も同意見であった。
> なお軍司令部としては攻撃失敗の場合、やむを得ざればガ島一端を占領し航続部隊の来着を待つべしと命じた。
> 一木大佐は、支那事変発端となった盧溝橋事件当時の大隊長(北支那駐屯第1聯隊第3大隊長)で
> 歩兵学校の教官を永年勤めた実戦指揮に長けた武人であった。 また旭川で編制された現役の将兵は、輸送にあたった海軍関係者が称賛するほど、動作溌剌、軍紀>厳正であり
> 我が陸軍の伝統的「白兵夜襲」をもってすれば、ガ島奪還など簡単なものと信じていたので、
> 各人の携行する小銃弾は250発、糧食は7日分であった。
> 先遣隊は、支隊本部、歩兵大隊、工兵中隊 重機8、軽機36、擲弾筒24、歩兵砲2の計916名と定めた。
> ガ島には、飛行場設営隊などの生存者と海軍陸戦隊の高橋中隊(113名)を合わせて
> 『ガ島守備隊』が第11設営隊長 門前鼎大佐指揮のもと編成されていた。
> 一木支隊による奪回計画を知ったガ島守備隊の士気は大いに挙がった。
> 各種情報を総合してガ島米軍兵力は約2000名、一部はツラギ方面に退避途中で戦意は低いと考えられていた。
> とすれば米兵など鎧袖一触、我々は支那大陸で1をもってよく10にあたってきたではないか、と。
> だが実際は海兵第1師団を中心とした13000名(そのうちガ島には10900名)であり、10倍の敵に銃剣突撃の戦術をもって相対することとなるのである。」

866 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 22:58:18 ID:YwYKTuBM
>863
>何故、雪風を六等國家の中華民國に譲ったりしたんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「賠償として中華民国に引き渡された」。

下記、ウィキペディアの雪風 (駆逐艦)の「丹陽」としてを参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%A2%A8_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)

867 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:00:49 ID:???
>865
で、その「回答」は>568の中にあったのかな?
「「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国」を答えずに「回答」とはこれ如何に

868 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:02:38 ID:???
>>864
残存艦艇は連合国で仲良く分配した
駆逐艦で言えば
米国 6隻
英国 7隻
ソ連 8隻
中国 9隻

あんたは中国嫌いらしいが
陽炎型という不出来な駆逐艦を中国が持ってったんだから
そこは喜ぶべきことじゃないかね?

869 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 23:04:08 ID:YwYKTuBM
>867
>865
>で、その「回答」は>568の中にあったのかな?
>「「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国」を答えずに「回答」とはこれ如何に

霞ヶ浦の住人の回答。
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 608
>858 を再度掲載します。
>霞ヶ浦の住人の回答。日本です。

870 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:04:55 ID:jAISu00R
>>868
日本に勝った米帝はともかく、他の國が帝國海軍の船舶を無理やり持ち去るのはおかしいだろ。
政府も海軍関係者も拒否しろよ。

誰にも持ち去られなかった戦闘艦はどれ?

871 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:05:08 ID:???
雪風は最初は米国向け賠償艦になるはずじゃなかったっけ?

872 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:10:15 ID:???
>>870
戦争ってのは途中勝ってても無意味なんだよ、最後に負けた以上はな。
ついでに、米との戦争ではない、他の国からも宣戦布告されてるし、戦争状態だ。

ない、一度全部連合国に引き渡した
その後、海防艦が何隻か海上保安庁用に引き渡された

873 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:10:35 ID:???
質問じゃなくて演説したい人の相手をしないでね。

874 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:11:57 ID:D3xih+VE
何故、ガリア系フランス人とラテン系フランス人は、
上手く共存共栄ができているんですか?
また、アフリカ系やアラブ系が、フランス社会に於いて、
ガリア系やラテン系と上手く行かず、 内紛状態になっているのは何故ですか?
あと、一部にはゲルマン系フランス人やブリテン系フランス人も居るそうですが、
詳細を教えてください。


875 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:12:27 ID:r17Z5j1g
>>872
百歩譲って日本は米国には確かに負けたかもしれないが
イギリス、中国には決して負けてないだろ
お前の方こそよく勉強しなおした方がいいぞ

876 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:12:59 ID:???
>869
分かってはいたが、お前やっぱり馬鹿だな
『「数は問題じゃない」なんてドクトリンを採用してる国』を『>568の中で』何故しなかった?と言ってる
既にスレ608の858で「回答」してるのなら、それを>568に付けるのが筋だろうが

お前は>568で「回答」出来てなかったんだよ

877 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:13:06 ID:???
>>868
便乗で悪いが、その内わけを教えてくれないか?
終戦時の残存艦艇の数と種類も。

戦艦が煙突が無くなった長門一隻のみってのは知ってる。

878 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:13:48 ID:???
>>874
ID変えても意味無いぞコピペバカ

というか、早く死んでくれないか?

879 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:15:15 ID:???
回答できない奴が偉そうにレスすんな
素直に私はバカなので回答できませんと言えばそれでいいだろ
それにIDを出すかどうかは回答者が決めることであり
お前の主観で勝手に決めていいことではない


880 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:15:22 ID:???
このコピペバカ、最近ではMSNにこのスレの質問文をコピペしてるみたいだな。

http://questionbox.jp.msn.com/user.php3?u=1673696

881 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:16:04 ID:???
>>880
どれ?

882 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:16:17 ID:???
>>879
貴様の様な駄目な知的障害児が、普通の人と同じ待遇を受けられると思ったら大間違いだ。
糞でも喰ってろよクズが。

883 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:16:38 ID:???
>>869
そうすると霞ヶ浦の住人の海軍が、1943年にアメリカの3割いかの艦艇しかもてなくなるから、
1941年に東条英機を脅かして開戦させたという説自体が成り立たないが。
日本は数が少なくて大丈夫というドクトリンを持ってたんだろ。

884 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:17:13 ID:???
コピペしないと不安で不安でしょうがないんだろ。

885 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:17:17 ID:???
>>882
バカで回答できないってのは否定しないんだな


886 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:17:24 ID:D3xih+VE
スリランカとかマレーシアとかに中国の軍港ができて、インド洋と南シナ海の覇権が中国に奪われるとどういうことが起こるの?

887 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:18:08 ID:???
質問です。
軍隊は「自己完結」できる組織とよく聞きます。
「自己完結性とは軍隊が食料・電気・通信・移動などの生存ひいては作戦行動の遂行に必要なインフラを自分たちで用意する能力である」
ってことは、つきつめれば自前で食料を生産できなかったり、自前で戦車を移動できずに日通に頼んだり、自前で被服を生産できず外注したり、
自前で医官を充足できず困ったりしている自衛隊は、自己完結できていない中途半端な組織ってことですか?


888 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:19:17 ID:???
>>875
逆に聞くが、中国に負けてないというなら
アメリカに負けた後中国はどうなった?日本は中国に負けてないのでそのまま支配してたか?

889 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:19:25 ID:???
>>882
ありとあらゆる質問をコピペしてやがる

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=vin7gb8a4y+%E4%BD%95%E6%95%85&lr=&aq=f&oq=
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=vin7gb8a4y+%E5%B8%9D%E5%9B%BD&lr=&aq=f&oq=

酷い

890 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 23:20:57 ID:YwYKTuBM
>872
>870
>戦争ってのは途中勝ってても無意味なんだよ、最後に負けた以上はな。
>ついでに、米との戦争ではない、他の国からも宣戦布告されてるし、戦争状態だ。
>ない、一度全部連合国に引き渡した
>その後、海防艦が何隻か海上保安庁用に引き渡された

霞ヶ浦の住人の回答。
志賀 (海防艦)巡視船「こじま」、「連合国に引き渡」されませんでした。

説明。
掃海艦をしていたので、引き渡されませんでした。

下記、ウィキペディアの志賀 (海防艦)の歴史を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%B3%80_(%E6%B5%B7%E9%98%B2%E8%89%A6)

891 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:21:58 ID:???
>>888
そんなことは一言も言ってない。
日本の中国大陸戦線は一回も中国軍相手には負けて無いんだよ。
これは本当の話。

892 名前:889 :2010/01/29(金) 23:23:03 ID:???
晒した瞬間に質問が取り消されてた
コピペバカざまあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

893 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:24:19 ID:???
だったらアボーン設定解除すりゃいいのにね。
わざわざアボーン設定してますって言わないと気が済まないヤツってなんなの?


894 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:25:17 ID:???
こいつ俺の質問をコピペしてやがる

ttp://oshiete.homes.jp/qa5633137.html

死ねよ

895 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:26:20 ID:???
コピペだったら何だと言うんだ?

回答がついていないから再質問をしただけかもしれないじゃないか?

それとも再質問は許さないから、単発質問スレを立てろというのか?

ちょっとは考えてカキコしろ池沼


896 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:26:58 ID:???
>>877

航行可能
空母 鳳翔
巡洋艦 八雲 酒匂 鹿島
駆逐艦 雪風 汐風 夕風 波風 神風 冬月 春月 夏月 花月 宵月 ほか20隻
特務艦 長鯨 箕面 聖川丸
潜水艦 伊一四 伊三六 伊二〇一 伊二〇三 伊四〇〇 伊四〇一 伊四〇二 伊五〇〇 伊五〇一 伊五〇二 伊五〇五 伊五〇六

航行不能(大破など)
戦艦 長門 榛名 伊勢 日向
空母 天城 海鷲 龍鳳 葛城 準鷹
巡洋艦 妙高 高尾 青葉 磐手 出雲 利根 大淀 北上
潜水母艦 駒橋

897 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:28:05 ID:???
>>895
明確な回答が既に何度も付いている物にしかコピペ認定はしてないよ池沼

898 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 23:28:18 ID:YwYKTuBM
>883
>869
>そうすると霞ヶ浦の住人の海軍が、1943年にアメリカの3割いかの艦艇しかもてなくなるから、
>1941年に東条英機を脅かして開戦させたという説自体が成り立たないが。
>日本は数が少なくて大丈夫というドクトリンを持ってたんだろ。

霞ヶ浦の住人の回答。
「1943年にアメリカの3割いかの艦艇しかもてなく」ても「日本は数が少なくて大丈夫というドクトリンを持ってたんだ」。

説明。
1944年には、アメリカの大艦隊が出現して、そのとき日本は負けるということが、正常な判断力のある人には分かりました。
日本海軍、そして日本人全員が正常で無かったのです。

899 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:28:32 ID:???
>>896
長門は航行は可能だっただろ

900 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:28:49 ID:???
>>895
回答がついていない以前に、そもそもお前がした質問じゃねーだろーが。
手前が作った質問文ならともかく、他人が書いた質問文をコピペすんな死ね。

いくら考えてもこんな簡単なことも分からない池沼のvin7gb8a4yは死んだ方がいい。

901 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:28:56 ID:???
>>875
つビルマ戦線

902 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:30:14 ID:???
>>899
すまん
戦闘航行不可能って読んでくれ

903 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:30:30 ID:???
ここの板にはコピペ、板違い、回答済などと指摘する一方で
当の本人は全く回答しない粘着質な方がいらっしゃるようですが
初心者スレにおいて、質問者及びそれに答える回答者以外は荒らしに該当すると思われます。
そのような人物はどうかROMっていてもらえないでしょうか?


904 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:31:23 ID:???
何このスレ。なんでこんな偉そうなんだ?
そら長くやってりゃ初心者よりは物知ってるだろーよ。
だからったって別に人として偉いわけじゃねーだろ。
むしろこんな暗い趣味にはまってる根暗人間だろリアルでは。
こんな糞スレもう来ねぇ。


905 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:31:28 ID:???
>>898
>霞ヶ浦の住人の回答。
>「1943年にアメリカの3割いかの艦艇しかもてなく」ても「日本は数が少なくて大丈夫というドクトリンを持ってたんだ」。

だったら、霞ヶ浦の住人がいつも言ってる海軍が3割以下の艦艇しかなくなるから、開戦させたというのは
大嘘だということを自分で認めるわけですね。


906 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:34:22 ID:???
いい加減にしねぇとマジでこのスレにVIPPER呼ぶぞ
あいつらがマジになったらヤバいから、お前らあんま調子のんないほうがいいぞ


907 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:34:48 ID:???
>>898
自分の回答を否定したくないからと自分の過去の回答を否定するなよ。

>どうせ、3割海軍になって、アメリカ海軍に勝てないことが、はっきりしたら、対アメリカ戦に向けた、海軍軍備は不要だと、陸軍に主張されるだろうというのです。
>ソ連海軍と中国海軍に勝てるだけの規模の海軍で充分である。その分の予算を、現に中国と戦いつつあり、ソ連を仮想敵国としている、陸軍に回せと主張するでしょう。そして、日本海軍はそれに反論する根拠を持ちません。

>日本国内での海軍の立場が、陸軍の下となるのは目に見えています。それを避けるために、勝ち目の少ない、対アメリカ戦に突入したというのです。
ttp://blog.goo.ne.jp/1a8b6c7dmeizi/e/3bb4103c94839816c91fc72b6de57004

908 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 23:43:33 ID:YwYKTuBM
>875
>872
>百歩譲って日本は米国には確かに負けたかもしれないが
>イギリス、中国には決して負けてないだろ
>お前の方こそよく勉強しなおした方がいいぞ

霞ヶ浦の住人の回答。
「イギリス、中国に」負けています。

説明。
アメリカの原子爆弾、レーダー、ソナー、暗号解読、ヘッジフォッグ、ジェットエンジン、ペニシリン等は、イギリスがアメリカに協力したものです。
ちなみに、日本も日露戦争の際に、無線電信のをイギリスに教えてもらったおかげで、勝利することができました。

中国は本気で日本と戦っていませんでした。
夷をもって夷を制する戦法でした。
日本をアメリカに潰させたのです。
その間、国民党と共産党は、勢力を温存して、戦後の中国の覇権を握る準備をしていました。

909 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:46:31 ID:???
>907
なんだこのブログ、3日ブログなんてもんじゃねェぞ
飽きっぽいからひとつだけで放り出す、その時の主張も忘れて逆の事を平気で言うんだな

910 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:47:01 ID:???
原爆投下はアメリカの中のユダヤの連中の仕業 ?

↓って、すべて事実なのでしょうか?


原爆の発案はユダヤ人シラード
原爆の開発を大統領に進言したのはユダヤ人アインシュタイン
原爆の開発をスタートさせたのはユダヤ系ルーズベルト大統領(強烈な親中反日主義者)
原爆を開発したのはユダヤ人オッペンハイマーを中心とするユダヤ人科学者グループ
原爆を警告無しに日本に投下するべきだと主張したのはユダヤ人オッペンハイマーとユダヤ人フォン・ノイマン
ユダヤ人オッペンハイマーは最初から最後まで投下目標について日本だけを論じドイツを投下目標として論じたことはなかった。
原爆投下を大統領に進言したのはユダヤ人大富豪政治家のバーナード・バルーク(後の国連原子力委員会アメリカ主席代表)
原爆投下命令を出したのはユダヤ系トルーマン大統領
原爆投下指揮官はユダヤ系ルメイ少将(ルメイは民間人への無差別爆撃の発案者で東京大空襲(死者10万人)の指揮官)
原爆を投下したエノラ・ゲイ乗組員15名のうち7名がユダヤ人で機長のティベッツもユダヤ人
戦争中原爆はユダヤ人コミュニティーの独占管理のもとにあり
原爆ホロコーストはユダヤ人によってその開発から投下に至るまで全過程が行なわれた。


911 名前:名無し三等兵 :2010/01/29(金) 23:57:14 ID:???
おい、俺はVIPの有名コテだぞ?
俺が一声かければVIPPER1000人は動くぞ
あんまり調子のんなよ

912 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/29(金) 23:57:28 ID:YwYKTuBM
>910
>原爆投下はアメリカの中のユダヤの連中の仕業 ?
>↓って、すべて事実なのでしょうか?
>原爆の発案はユダヤ人シラード
>原爆の開発を大統領に進言したのはユダヤ人アインシュタイン
>原爆の開発をスタートさせたのはユダヤ系ルーズベルト大統領(強烈な親中反日主義者)
>原爆を開発したのはユダヤ人オッペンハイマーを中心とするユダヤ人科学者グループ
>原爆を警告無しに日本に投下するべきだと主張したのはユダヤ人オッペンハイマーとユダヤ人フォン・ノイマン
>ユダヤ人オッペンハイマーは最初から最後まで投下目標について日本だけを論じドイツを投下目標として論じたことはなかった。
>原爆投下を大統領に進言したのはユダヤ人大富豪政治家のバーナード・バルーク(後の国連原子力委員会アメリカ主席代表)
>原爆投下命令を出したのはユダヤ系トルーマン大統領
>原爆投下指揮官はユダヤ系ルメイ少将(ルメイは民間人への無差別爆撃の発案者で東京大空襲(死者10万人)の指揮官)
>原爆を投下したエノラ・ゲイ乗組員15名のうち7名がユダヤ人で機長のティベッツもユダヤ人
>戦争中原爆はユダヤ人コミュニティーの独占管理のもとにあり
?原爆ホロコーストはユダヤ人によってその開発から投下に至るまで全過程が行なわれた。

霞ヶ浦の住人の回答。
「トルーマン大統領」はユダヤ系ではありません。
ルメイ少将は「原爆投下指揮官」ではありません。

説明。
イスラエルが独立する際、アメリカ政府の独立承認を求めて、ユダヤ人組織が、トルーマン大統領の幼馴染のユダヤ系アメリカ人を使って説得しました。
本人がユダヤ系でしたら、そのようなことをしなくて良かったでしょう。

ルメイ少将は、マリアナを基地といる爆撃機部隊の指揮官でした。
しかし、原爆投下部隊は、彼の指揮下にはありませんでした。
ワシントンから直接指揮されていました。

913 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:03:04 ID:???
>原爆の発案はユダヤ人シラード

プロジェクト総指揮はオッペンハイマーだろJK
シラードは原爆開発そっちのけで
水爆の理論研究に没頭してしまい
結局ロスアラモスおん出てるんだけど

914 名前:565 :2010/01/30(土) 00:03:13 ID:gA6UH52r
スミマセン。ルール違反なのは承知してますが、スレが埋まりそうなので・・・



915 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:05:59 ID:???
次スレ
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 614
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1264777508/

916 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:09:16 ID:???
>>910
軍事関係ないだろ。
1.核分裂の爆弾への応用の可能性を最初に公式に述べたのはフェルミ、イタリア人
 核分裂実験に最初に成功したのはアベルソン、アメリカ人(北欧系)
2.原爆の進言は個人ではなく団体、もっとも著名なアインシュタインに署名を依頼したに過ぎない
 シラードはこのときに代表としてアインシュタインに話を持ってった人
3.ルーズベルト、ルメイ、ティベッツがユダヤ系である根拠はない
4.トルーマンは一時期KKKに入っていたことがあるほどで基本的に反ユダヤ
5.戦略爆撃の概念を発案したのはイタリアのジュリオ・ドゥーエ将軍
6.もともと原爆は対ドイツで作ってるんだからリーダーのオッペンハイマーがそれを論じないわけがない
7.いつマンハッタン計画に参加したボーアやウラムやセグレやフェルミがユダヤ人になったんだ?
8.というか全体としてユダヤ系(先祖にユダヤ人がいる、ユダヤ人の親戚がいる)とユダヤ人(ユダヤ教徒でユダヤの文化を維持)の区別がついてない

結論:出鱈目

917 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:10:07 ID:???
>>915
乙!

918 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:11:52 ID:???
>>915
まだ早いだろテンプレ読めねーのか?

919 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/30(土) 00:12:14 ID:2GuIy6lk
>913
>原爆の発案はユダヤ人シラード

>プロジェクト総指揮はオッペンハイマーだろJK
>シラードは原爆開発そっちのけで
>水爆の理論研究に没頭してしまい
>結局ロスアラモスおん出てるんだけど

霞ヶ浦の住人の回答。
「プロジェクト総指揮は」グローヴス将軍です。

説明。
「プロジェクトの実施にあたっては「陸軍マンハッタン工兵管区」と名称が付けられた組織が行うこととなった。
責任者はレズリー・リチャード・グローヴス准将が1942年9月に着任した。」

「科学部門のリーダーはロバート・オッペンハイマーがあたった。」

下記、ウィキペディアのマンハッタン計画の着手を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB

920 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:14:34 ID:???
>>914
当時のエンジンは今以上に入念な暖気運転が必要なんだよ

921 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:16:21 ID:???
>>915
フライングだろ。権利のない奴が立てるな。

922 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/30(土) 00:19:10 ID:2GuIy6lk
>916
>910
>軍事関係ないだろ。
>1.核分裂の爆弾への応用の可能性を最初に公式に述べたのはフェルミ、イタリア人
> 核分裂実験に最初に成功したのはアベルソン、アメリカ人(北欧系)
>2.原爆の進言は個人ではなく団体、もっとも著名なアインシュタインに署名を依頼したに過ぎない
> シラードはこのときに代表としてアインシュタインに話を持ってった人
>3.ルーズベルト、ルメイ、ティベッツがユダヤ系である根拠はない
>4.トルーマンは一時期KKKに入っていたことがあるほどで基本的に反ユダヤ
>5.戦略爆撃の概念を発案したのはイタリアのジュリオ・ドゥーエ将軍
>6.もともと原爆は対ドイツで作ってるんだからリーダーのオッペンハイマーがそれを論じないわけがない
>7.いつマンハッタン計画に参加したボーアやウラムやセグレやフェルミがユダヤ人になったんだ?
>8.というか全体としてユダヤ系(先祖にユダヤ人がいる、ユダヤ人の親戚がいる)とユダヤ人(ユダヤ教徒でユダヤの文化を維持)の区別がついてない
>結論:出鱈目

霞ヶ浦の住人の回答。
フェルミの「妻のラウラ・カポーネはユダヤ人であった」。

説明。
「マンハッタン計画 [編集]
妻のラウラ・カポーネはユダヤ人であった。
そのため、ムッソリーニのファシスト政権下では迫害を受ける。
1938年のノーベル賞授賞式出席のためイタリアを出国。ストックホルムで賞を受け取ったが、そのままアメリカに亡命した。
1939年、コロンビア大学の物理学教授となった。」

下記、ウィキペディアのエンリコ・フェルミの生涯 のマンハッタン計画を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9F

923 名前:792です。 :2010/01/30(土) 00:28:24 ID:7c//PKyC

>>794さん
『スペツナズとアルファはちがいますよ。』
いえ、スペツナズにはエリートチームのアルファ部隊とその下のベータ部隊がいるのです。

詳しくは言えませんが、アルファチームは原子力の破壊工作訓練なども行っています
昔はスペツェナズって呼んでいたような気がするんですけどね。

120mmのスペイン製迫撃砲の情報を知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

924 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 00:29:34 ID:???
俺は居酒屋正社員だ。
今こそ愛国保守革命の時である。
日本では「職業差別」がある。
例えば、医師は立派な人間でかたや居酒屋社員は消耗品と見られている。
昨今の派遣社員も「備品扱い」だったと聞く。
いつも考える。医者とか弁護士、博士や教授、皆すばらしい職業の人ばかりでは
誰がゴミの処理を、誰が海で危ない漁をやるのか。
みんな職業に差別はない。
毎日人それぞれの事情で仕事をしているけれど、
皆無くてはならない仕事。
職業ごとの給料の差は、職業に貴賎がないなら理屈が通らない。
人類はみな平等のはず。
陛下もそれを望んでいらっしゃるはずだ!

925 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:30:39 ID:???
終戦後、進駐アメリカ軍による犯罪が相次いだのに、日本人はどうして反乱やテロをおこさなかったんですか?
あまりにも情けなくはないですか?
イラク人やアフガン人ですら、侵略者には血の復讐を仕掛けているのに?

926 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:31:45 ID:???
一度も外国の干渉を受けたことのない皇国日本が、なんでアメリカごときのイヌになってしまったんですか?
大戦当時の日本人は、日本人としての矜持や愛国心や大和魂を持ち合わせていなかったんですか?
特攻なんて若者たちにやらせた以上、一億玉砕しかないんじゃないですか?あの世で特攻隊員に何て言い訳すればいいんですか?

927 名前:914 :2010/01/30(土) 00:31:49 ID:gA6UH52r
>>920
ありがとうございました。

928 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:35:16 ID:???
お前ら謝れ
VIPPER呼んでくるぞ

929 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:39:05 ID:???
>>923
そもそも有線の迫撃砲なんて存在しない。


930 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:39:25 ID:???
>>927
補足すると
米軍機で平均20分ぐらいの暖機が義務付けられていた
日本軍機では最低15分(中島飛行機の航空発動入門では30分)の暖機だそうだ

パールハーバー技術戦争としての日米海戦 兵頭二十八

931 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:39:35 ID:???
>>928
だから何時でも呼んでこいよ。いや、待てよ・・・
本当はもう散々来てるんじゃないか?低脳すぎて気が付かなかったか。

932 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:42:00 ID:???
イランのトムキャットって、たいした数がないのにそんなに脅威なんでしょうか?

933 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:42:50 ID:???
支那・朝鮮を生物に例えて外来種とするならば、在来種である日本民族が侵食してくる外来種に打ち勝つには、外来種より必ず強固でなければなりません。
在来種が外来種より弱い時は自然界を見れば明らかと思います。さて今の日本民族の現状を省みると如何でしょうか。
人間も生物です。生物界のルールに従うものであると思います。そこには奇麗事は全くありません。冷徹な生物生存のルールがあるだけです。
チベットは仏教の国でした。精神的に素晴しい国であったと思います。何でもありのエグイ支那に対してどうなったでしょうか。
生物のルールに従えば、侵食してくる強い民族が弱い民族を駆逐し同化させて行くという現実が待ち構えているという事と思います。

934 名前:927 :2010/01/30(土) 00:47:13 ID:gA6UH52r
>>930
有難うございます。
ただ、文中に15分くらいで最初のグループ(甲板上にある)が発艦終了と
あったと思うのですが、発艦1番機は殆どアイドル時間がないように
考えますが・・・

935 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:48:22 ID:???
>924
>職業ごとの給料の差は、職業に貴賎がないなら理屈が通らない。
>人類はみな平等のはず。
居酒屋コピペのアホぶりにはいい加減うんざりだが
「職業毎の給料差は理屈が通らないから、居酒屋正社員の給料を居酒屋アルバイト君と同額に引き下げる。これで平等だ」
と言われたら、当然肯定するんだよな?
自分の主張で自分の首が絞まることに気付かない、それが居酒屋クオリティ

936 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:51:55 ID:???
>>935
赤提灯はスルーで。
いろんなスレで毛嫌いされてる可哀想なヒトだから無視に限る。

937 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:53:16 ID:???
>>934
暖機運転は発進前整備の部類なので、暖機と整備が済んだならエンジン停止してOK
その後発艦命令で発動機かけて全機発艦までの所要時間が15分ってことだろ

938 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:54:06 ID:???
>>934
だったら、その全文を出してくれ。

939 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:57:39 ID:???
>>932
AIM-54があった頃は脅威だろうけど
もう無いようなので脅威とか無いだろ

940 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 00:58:24 ID:???
>>934
>>930の話は太平洋戦争での話。
ミッドウェーは戦後に就役した空母。
搭載機のエンジンの能力も向上し、安定性が増している=太平洋戦争時ほどの入念な暖機には至らない、
と考えるべきじゃないか。

941 名前:937 :2010/01/30(土) 01:02:36 ID:gA6UH52r
>>937
そういうことですか!スミマセン頭悪いものですから。
有難うございました。

>>938
申し訳ないです。
昨年図書館で借りた本なので、手元にありません。


942 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:04:23 ID:???
>>931
最近は無意味な煽りや質問から離れた雑談も多いから
マジでVIPあたりにリンクでも貼られたのかと思ってたけどな

943 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:05:36 ID:???
>>932
搭載するレーダーの能力が元々高い。
制空戦闘機としては現代では用なし(つか、元々トムキャットは防空目的の戦闘機)で、
ホーク地対空ミサイルを空対空に改造して搭載し、アウトレンジに徹した防空戦闘はできるし、
前線航空統制にも使える。

944 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:07:02 ID:???
>>935
バカ違うだろ
居酒屋正社員の給料を医者並に上げるんだよ
何で俺がシナ人のバイトと同じ給料で働かなくちゃならんのだ

俺は22才だが、同じ年の医者は年収1500万円くらいか?俺も当然そんくらい貰うべきだ。
陛下も当然それを望んでいらっしゃるはずだ!

945 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:14:59 ID:???
>>944
なんで専門技術もなくいくらでも替えの利くただの道具に年1500万もやらにゃならんのだ


946 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:15:23 ID:???
>>944
おまえの母国はそうかも知らないけど、日本には、24歳未満の医者は存在しないんだ。

947 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:18:35 ID:???
>944
居酒屋正社員は>924でこう言いました

>人類はみな平等のはず。

早速の自己矛盾をありがとう。君は一度「平等」の意味を調べ直したほうがいいと思われる
自己と同レベルや足元は見ずに、上ばかりやっかんで見上げてるのは良く分かるね
足元が見えてないから簡単に揚げ足を取られるのにも気付いていない

948 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:20:53 ID:???
チューハイ一杯が1万円くらいの居酒屋なら年収1500万いけるお

949 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:21:47 ID:???
>>944
22歳だと!
こりゃまた捻くれて捻じ曲がった22歳だな。おい!

950 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:24:38 ID:???
>>944
こんなところに書き込めてる時点でお前の仕事は楽すぎる。
医師みたいに72時間連続勤務後12時間の休憩を挟んでまた勤務とか経験してみろよ。

951 名前:霞ヶ浦の住人 ◆iQXTBGahk. :2010/01/30(土) 01:27:12 ID:2GuIy6lk
>639
>何故日本はあの戦争で負けたんですか?

>642
>639
>戦略デザインの欠落、工業生産力、生産体制の不備、工業規格の欠落、
>失敗がまったくフィードバックされない軍の体質、不毛そのものの精神論、
>神頼みの特攻体質、国民の教育水準の低さなどが米国に対して劣って
>いました。
>要は日本国民全体が米国民に劣っていたと総括できます。

霞ヶ浦の住人の回答。
戦略が存在しなかったからです。

説明。
日中戦争の際の中国。ベトナム戦争の際の、北ベトナム。朝鮮戦争の際の中国。
日露戦争の際の日本。
「工業生産力、生産体制の不備、工業規格の欠落」など、問題外でした。

勝った方には、戦略がありました。
良い兵器が無ければ、見方の戦死者は増えます。
しかし、それを覚悟しさえすれば、勝つことはできるのてす。

日本は、政府と軍部、陸軍と海軍、大本営と前線部隊で、戦略について、論争しませんでした。
戦略が無かったからです。
海軍軍令部総長と連合艦隊司令長官が直に会って、戦略論を戦わせるということがありませんでした。
アメリカのキング海軍作戦部長と、ニミッツ太平洋艦隊司令長官は、頻繁に会って、意見を交わしていました。
アメリカは、フィリピンを取るか、台湾を取るかで、陸海軍が激論を交わしました。
陸軍のマッカーサー元帥が、ルーズベルト大統領と直談判して、フィリピンにしました。
戦略を論争して、決定することを、アメリカはしていました。
日本はしていません。

952 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:27:35 ID:???
>>950
好きで医者になったんだろ
仕事がきつくても文句たれるな、気持ち悪いんだよ!
「俺らの仕事はこんなにきついんでしゅー」ってアピールか?バーカ

953 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:27:45 ID:???
>>944
お前みたいに医師の1/100も仕事してない奴は年収15万で十分だ

954 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:28:24 ID:???
年収1500も行ってる二十代の勤務医なんかそんなにいねえだろ!
知人の医師は市立病院勤務の30代前半で年収800万ぐらいだぞ。

955 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:30:42 ID:???
俺は医者は嫌いだ
金持ちしか医者になれないため、医者の子供は医者になる。
俺みたいな庶民は、いくら愛国心があっても医者になれない。
早く滅びろこんな国

956 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:31:25 ID:???
>>952
お前日本語読めないの?
>>950の文章からそんな意図は見えないな。
あと赤提灯だろお前。

957 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:31:56 ID:???
>>951
次スレヨロ。

958 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:32:31 ID:???
>>954
はあ800?
死ね!
俺なんて300行かんのだよ?

959 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:32:32 ID:???
>>952
じゃあ好きで低所得の居酒屋正社員になった奴が年収に文句垂れるのも無しだな

960 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:32:38 ID:???
ひとつ不思議なのだが
大学病院の心臓外科?の助教授だか准教授だかを自称する奴が居るけど、居酒屋はそいつは批判しねえんだ
医者全般を卑下してて、耳鼻科医なんかには噛み付くのに
なんでだろうなあ?
ついでに言えば、准教授と居酒屋が同時に現れる事もないんだよな
まったく、なんでだろうなあ?

961 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:33:40 ID:???
>>858
戦後のアメリカ軍は軍縮期(というか、戦争中に兵器作りすぎ規模拡大しすぎ)なので
予算が大幅に削られ維持管理する予算が出そうになかったから。

戦艦は「絶対いつかまた必要になる! その時にまた新しく作る金と手間がもったいないだろう!」と
いう人達が大勢いたので「予備役」という形で残せたが、空母は戦争中に新しいのを余るほど作って
しまったので、旧式の空母をわざわざ残すのは理由として通らない。

更に、記念艦にするにしても引受先の自治体が名乗り出てくれなかった(エンタープライズは地名が
ついてないので思い入れる自治体もない)ので、金もない残す理由もない引受先もないでどうにも
ならなかった。

962 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:34:48 ID:???
>>958
行くわけねーじゃん
技術職でもない、誰でもできる仕事だもん

963 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:34:56 ID:???
>>960
ああ助教授いたなあ。
半年は出てきていないよね。でも居酒屋とはキャラが違いすぎる

964 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:36:39 ID:???
>>955
ああ、お前さんは勘違いしてる。
君は庶民じゃなくて貧民なんだよ。

努力して這い登りなさい。ここで意味不明なこと喚いていても人生は
変わらんよ。

965 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:39:05 ID:???
>>955
俺の知り合いは父親が借金作った上に家に一切金を落とさない屑野郎で母親も低所得で長屋住まいっていうお前の現状よりもはるかに悲惨な有様だったが、勉強して麻布から東大行って医者になったよ
問題は親の所得じゃなくて努力、努力を怠ったお前に上位の者を批判する資格はない

966 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:39:56 ID:???
医者は給料高杉。
アメリカや中国では、医者は名誉職で、ノブレス・オブリッチでやってくれるから医療費安いと聞く。
日本の世界一高い医療費は、明らかに医者の人件費のためだろ。死ねゼニゲバ医者

967 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:40:58 ID:???
>>966
アメリカと中国は日本より遙かに医療費高いぞw
おかげで貧乏人がコロコロ死ぬ

968 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:41:56 ID:???
>>965
うそつくな
どうやって高い学費払うんだ
すぐばれるうそをつくとは、脳みそありんこか?

969 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:43:25 ID:???
>>966
日本の医師:平均1400万
アメリカの医師:平均1600万(内科医、外科とか麻酔科はもっと高い)

どこが安いんだ?

970 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:44:06 ID:???
>>968
勉強を頑張った人は奨学金っていってお金がもらえる制度があるんだよ、知ってた?
中卒だから知らないかな?

971 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:46:35 ID:???
ここで居酒屋氏に「自分の持っている特技・資格」を披露していただきましょう
その内容で、居酒屋氏がこれまでの人生で払ってきた努力の程度が分かります

小学生の時の習字の賞とか出してきたら嗤うわな、それが今一体何の役に立ってるんだか分からないもの

972 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:46:55 ID:???
>>968
子供の学費を払えるのが庶民だって。
周りがみんなそういう家庭じゃないんだよ。
高所得の人間はどこかしらで努力を積み重ねているんだよ。
22才が本当なら今からでも国立大医学部目指して努力すればいい。

973 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:47:12 ID:???
>>966
努力を怠り墜ちるべくして墜ちたお前に医者を侮辱する資格はない
年収300万弱の家の奴だって一部の努力家は私立の中学高校から東大だの京大だのに行って勝ち組になってるんだ
お前の低所得は身から出た錆以外の何者でもない

974 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:47:43 ID:???
英検4級
危険物取扱者乙4

975 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:49:35 ID:???
虫歯1本7万円、出産150万、盲腸250万
医療費高すぎて個人破産の半数が医療破産してるアメリカが安いだと・・・
居酒屋バカすぎるww

976 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:50:14 ID:???
>>974
英検4級とか中学生で取ったわ
英検で資格としてまともな武器になるのは準2からだし

977 名前:居酒屋正社員 :2010/01/30(土) 01:50:46 ID:???
>>970
そういう制度は知ってるが、医学部の年何千万もの学費をマジで全額出してくれるわけねーだろ
やっぱり金持ちしか医者になれない。

978 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:52:43 ID:???
>>974
英検4級?中学で3級とるよな。まだあったんだ4級
危険物も乙4?消防主催の講習受けて簡単に取れたよ。



979 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:52:51 ID:???
>>974
四級wwwwww
So, you cannot speak English, can you?
It's no point! What did you try to learn English for?
You wasted your precious time, deadhead!

980 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:55:11 ID:???
>>977
あほか、奨学金ってあとで返すシステムのもあるんだよ(医学部の場合これが多い)
要するに無利子で全額貸してくれるんだよ

医師の場合
医師の少ない僻地に勤務したりした場合は返済免除になったりするの

981 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:55:15 ID:???
努力を怠って墜ちた人間って努力して成功した人間を否定するよね
「勉強すると性格が歪む」とかその典型
所詮は低学歴の連中が高学歴で成功した人間にどうやっても勝てないのを人格攻撃でごまかしてるだけ

982 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 01:58:40 ID:???
学歴論議は別のところでやってくれ。
ここは軍事スレだ。

983 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:02:52 ID:???
>>982
申し訳ない
努力もしない人間が努力した人間を侮辱するのがどうしても許せなかったんだ
庶民どころか貧民に入る部類の家庭から苦学して成功した人間を間近で見てきたもんだから特に

984 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:05:05 ID:???
>>982
その通り。何時書き込みしようかと迷ってた。
最近雑談で無駄にレス数が多すぎる。
次スレ一つ使ってルール改訂論議を希望する。

985 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:09:11 ID:???
>>984
派生議論スレでやれ。

986 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:09:25 ID:???
>>984
コピペとバカスミンと居酒屋に塗れたままでテンプレだけ改訂しても意味ないんでないか

987 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:09:52 ID:???
>>869
日本軍のドクトリンは「数は問題じゃない」とかどんな馬鹿だよ。

北支事変中、政府内で大揉めに揉めながらも
数で劣勢な現地軍に援軍を送ると決まったのは何でだよ。
数は問題じゃないというドクトリンだったら
1個連隊で20万の中国軍と戦っても鎧袖一触すればいいだろ。

軍縮条約で対米7割か6割かの差で揉めに揉め
これじゃアメリカに対抗できないと大反発がでたのはどういうわけだ。
数は問題じゃないなら6割だろうが1割だろうがアメリカ海軍を殲滅できるだろ。

そもそも開戦後あらゆる経済を統制して兵力増強に努めたのはどこの国だ?
数が問題じゃないなら新設師団なんて作る必要もないだろ。
しかも根こそぎ動員とか、数が問題じゃないのに
訓練もほとんどされてない素人に武器とかもたすかよ。

988 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:18:26 ID:???
滓は関特演が対ソ動員以外にどういう意味があったかとか知らんのだろ。
現象みたいなものだから気にするだけ無駄。

989 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:22:16 ID:???
ところで次スレ、あのテンプレもまともに張らずに立て逃げしたスレ使うの?

990 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:23:03 ID:???
>>983
本当に努力して成功した人は努力をしない奴や努力を馬鹿にする奴を見ても
怒らない。
「そう言わないでやってみればいいのに・・・」
と思うだけ。


本当に努力して成功した人は自分の努力を他人に馬鹿にされても怒らない。
「自分は才能がないから努力する以外の能がなかったんですよ」
と謙遜するだけ。

努力を否定する奴や努力をしてる人をバカにする奴に怒るのは
「自分のやっている努力に見合った成果が得られてない」
と思ってる奴だけ。
「努力していることそれ自体に意味があるはずだ」と思い込まないと「努力」と
いう行為が虚しくて耐えられない奴だけだ。

つまりは「自分が内心でうすうすそう思っている」ことを他人に言われたから
怒っているだけで、「努力という行為をバカにされた」から怒っているわけでは
なく、「他人の努力を馬鹿にする奴」の同類でしかない。

991 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:28:30 ID:xHlA5R7b
はっきりいっておく
こんなところで人をみくだしたように
アホしかおらんなとかいってるやつ
なんでおまえにそんなことがわかるんだ?
掲示板の書き込みだけでその人が本当にアホかどうかなんてわかるわけないだろ
賢い人でもアホっぽい書き込みなんていくらでもできるんだからな
その程度の想像力もないお前もたいして賢い人間じゃないだろう

992 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:28:41 ID:???
>>869

●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 608
>858

のコピペを見て「数は問題じゃない」なんて解釈できる馬鹿は
よっぽどの低脳だとしかいえないけどな。

それをどう読んでも
ガダルカナルに一木支隊だけが送られることになったのは、
米軍の上陸人数が2000名程度であって、
さらに上陸目的は飛行場の破壊で、現在は任務達成して退避中という判断があってのこと。

米軍の数が多いと判明したら
輸送能力の限界まで兵力が送り込まれてるだろ。
数が問題じゃないんだったら送られる兵力が増える必要ないのに
どこら辺が数の問題じゃないんだよ。

993 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:33:00 ID:???
戦争は数だよ、兄さん

ガンダムのほうが軍板より勉強になるな

994 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:36:32 ID:???
>>990
だって俺が努力したわけじゃねーし
別に無理して高所得になろうとも思わないから勝ち組では無いにしろ時間も金も趣味に注ぐ程度には十分自由な現状に満足してる
ただ友人を侮辱されるのは許せん

995 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:42:15 ID:Nlyy3XWi
しかし2chにも民主に入れたヤツいるんだな・・・。
あんだけ胡散臭いこといっぱい貼られていたのに、
全く読んでなかったんか?

996 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:42:38 ID:???
>>994 は「努力しない」のではなく「努力してもできない」上に友人を内心で見下してる
ヒドい人間だということはわかった。

997 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:48:15 ID:???
そもそも自分が低所得者(プロレタリアーノ)であることを盾にして
資産家(ブルジョワ)を否定・攻撃するのは完全に左翼思想でマルキシズムだからな。
だから医者と居酒屋店員の給料に差があるのは「搾取」の構造だという話になるわけ。

保守主義なら、
高給取りはそれだけ社会の役に立っているから
見返り大きいのも当然だという資本主義的な価値観になる。

居酒屋正社員はいってることがアベコベだからネタなのが一目瞭然。
だから「どんなに愛国心があっても報われないこんな国は滅びてしまえ」みたいな
形容矛盾がでてくるわけだろ。

998 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:48:42 ID:Nlyy3XWi
コピペと言い張るのなら、元ネタを出せますよね?
出してください。いや、コピペと断言したんですから出す義務がありますね。

999 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:49:51 ID:Nlyy3XWi
質問お願いします。

中国、ロシアが日本に攻めてきた場合に
海上自衛隊の本質は空母を中心に構成されている米海軍第7艦隊を補完する、ことであり
対潜水艦作戦(ASW)に特化した艦隊ということができ、海上自衛隊で独立して作戦(撃退)するのは難しいんでしょうか?

1000 名前:名無し三等兵 :2010/01/30(土) 02:53:07 ID:4Oly6Zjn
日独関係について質問です。

日本はベンツやBMWなどのドイツ車輸入に対し関税を掛けていませんが、
反対にドイツは日本車輸入対し10%掛けているのは何故ですか?

日本の輸出の大部分が自動車であるうえこのような不公平な貿易はまるでいつかの植民地ブロック経済のようです。

日独関係は非常に緊密と聞きましたが、ドイツは暗に日本を拒絶するような風潮があるのでしょうか?

1001 名前:1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


■戻る■
DAT2HTML 0.35ep Converted.
inserted by FC2 system